2015年10月23日 (金)仕事はお茶を濁さずに・・・


みなさんは、どんな飲み物が好きですか?

 

朝起きてすぐ、必ずコーヒーを飲むという方は多いでしょう。

 

夕食時はまずビール、その後焼酎の水割りという方もいるかもしれません。

 

 

私はというと、とにかく緑茶が好きです。

職場でも急須でいれて飲んでいます。一日3杯は飲みます。

 

どうしてそうなったか。その理由は10年ほど前にさかのぼります。

 

 

NHKに入局して、最初に勤めたのが、静岡放送局でした。

静岡は日本一の茶どころ。緑茶の生産量も、消費量も日本一です。

 

静岡市内にはその名も「茶町」という町名があり、

周辺には茶問屋が立ち並んでいます。

毎年5月の新茶の季節になると、お茶の葉を焙煎する香ばしい匂いがただよいます。

 

それまでは、ほとんど緑茶に縁の無い生活を送っていた私でしたが、

着任早々出会った一杯のお茶で、人生が変わりました。

 

甘味、苦み、渋み、そしてうま味。

そのすべてを兼ね備えた緑茶のなんとおいしいことか。

 

それ以来、緑茶のトリコになり、今でもずっと飲み続けています。

 

 

近頃、緑茶の健康効果が盛んに言われるようになりましたが、

「体にいいから飲む」では、結局続きません。おいしいから飲むんです。

先日、広島のお茶好きが集まってお茶について語り合う会があり

参加してきました。

 

ana20151023a.jpg

 

これは「あさつゆ」という品種の緑茶です。

湯のみに注いだ時の緑色がとても美しいのが特徴です。

味は独特の青臭みというか、葉っぱをそのまま味わっている感じで、

渋みが少なく飲みやすいです。

ana20151023b.jpg

一方これは、広島県世羅町で収穫されたお茶のギフトセット。

煎茶や紅茶、茶葉と一緒に梨のドライフルーツが入ったものなど

様々な種類があります。

 

かつて世羅は県内有数のお茶どころでしたが、

高齢化などの理由で廃業する農家が増え、生産量が大きく減りました。

 

しかし3年前、「世羅茶再生部会」が発足。

茶畑の広がる美しい風景を取り戻そうと、熱心にお茶づくりに取り組んでいます。

 

今回はじめて世羅茶を頂きましたが、

後味すっきりと、とても飲みやすかったです。

特に玄米茶が、香ばしくておいしかったです。

昔から広島では玄米茶が好まれると聞きましたが、みなさんのお宅でもそうですか?

 

広島に転勤してきたご縁で、今後は県内産のお茶に注目していきたいと思います。

投稿者:内藤雄介 | 投稿時間:18:42


ページの一番上へ▲

アナウンサー

キャスター

検索

カレンダー

2019年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

バックナンバー

新着記事

RSS