本文へジャンプ

戦後71年の夏におもうこと

2016年08月01日(月)

b0001_2000.png8月になりました。
ハートネットTVでは戦後70年の節目だった昨年、「シリーズ戦争と障害者」と題して戦争や有事の際に、障害のある人がより一層追い詰められてきた現実について考えました。そして戦後71年となった今年も、私たちは継続して取材をすることを決意しました。


第1回は、あえて現代の戦争をみつめます。

20160802_001.jpg
『ハートネットTV』
シリーズ戦後71年

シリア難民であり障害者である私たち

8月2日(火)よる8時・Eテレ
[再放送:8月9日(火)ひる1時10分]


 20160802_002.jpg


紛争が長期化するシリアでは、今も多くの障害者が生み出されています。「隣国ヨルダンに逃れた63万人の26%に何らかの障害がある」とする海外NGOの調査報告があります。
難民問題に関心のあるミュージシャンのSUGIZOさんフォトジャーナリストの安田菜津紀さん、そして障害当事者の立場で障害者となったシリア難民を支援している安原美佐子さんをスタジオに迎え、障害者であり難民である当事者たちの声に耳を傾けます。


【出演者インタビュー】安原美佐子さん「紛争によって障害者になり、劣悪な環境の中で国に帰れない人たちがいる」

2016年08月01日(月)

20160802_yasuhara.jpgb0001_2000.png
『シリア難民であり障害者である私たち』
にご出演された安原美佐子さんにメッセージをいただきました。


 

 

《安原美佐子さんプロフィール》
自立生活センター職員。当事者の立場からシリア難民障害者のリーダー育成に取り組む。



――ヨルダンでのピアカウンセリングでは、どのようなことをされているのですか。

 

障害者同士で集まって、自分の障害についてどう思っているのかとか、今はどうなの?しんどいことはない?というようなことを聞き合う活動をしています。実際、私がヨルダンに行って聞きたかったのは、障害を負ったことをどう思っているの?ということです。私はもともと障害を持って生まれてきたけど、戦争で障害を負った人たちは、いきなり人生が変わってしまうわけですよね。その状況を本当に受け止められているのかということを親身になって聞いています。そうやってお互いに支え合いながら、でも生きているっていいよねとか、しんどいけど生きていたらいいことあるよな、というように、地道に内面を変えていくというか、内面を見出していく活動をしています。

【出演者インタビュー】田村正徳さん「提言・熊本地震の教訓から」

2016年07月11日(月)

20160711_tamura.jpg7月13日放送(7月20日再放送)
シリーズ 熊本地震(7)
 赤ちゃんの“命の砦” NICUからの報告
ご出演の田村正徳さんにメッセージをいただきました。


《田村正徳さんプロフィール》
埼玉医科大学総合医療センター総合周産期母子医療センター長
日本新生児成育医学会 理事
長年、新生児医療や小児在宅医療の普及に尽力。熊本地震後すぐに熊本入りし、熊本市民病院の被災状況や九州地方の病院への影響について調査を行っている。


――今回の地震で“周産期医療の要”となる熊本市民病院が被災した影響についてどのようにお考えですか?


2008年に東京都で妊婦が「NICUの満床」を理由に入院を断られ、死亡するという痛ましい事件が起こりました(墨東病院事件)。この事件を受けて、厚生労働省はNICUベッドの必要数を「出生数1万人当たり20床」から「出生数1万人当たり25~30床」へと引き上げました。その結果、全国のNICUベッド数は2014年春には「出生数1万人当たり30床」と大幅に改善されました。

しかしその一方、NICUで働く「新生児医の数」は横ばいのため、医師の仕事量が増加し、更に医師希望者が減るという悪循環や地域格差が拡大しているという現実があります。そのような前提の下で今回の震災が起こったため、“熊本の赤ちゃん”を受け入れることになった福岡や鹿児島など県外の病院の労働環境の悪化を心配しています。スタッフたちの労働環境の悪化は、赤ちゃんの“命のリスク”を高めることにつながります。そのため、被災した熊本県内の病院だけではなく県外の病院の支援も極めて重要で、熊本市民病院の新生児医やNICU看護師たちを有効に活用していくことが必要だと思います。

【出演者インタビュー】荻上チキさん「小さな"困っていること"にきちんと応えていくことが重要」

2016年06月09日(木)

20160602_o.jpg6月2日放送(6月9日再放送)
WEB連動企画“チエノバ”
知ってほしい 被災時の悩み
ご出演の荻上チキさんにメッセージをいただきました。

 

《荻上チキさん プロフィール》

1981年生まれ。評論家。ニュースサイト「シノドス」編集長。メディア論をはじめ、政治経済や福祉、社会問題から文化現象まで幅広く取材し分析。著書に『ウェブ炎上』『ネットいじめ』『僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか』など。


――熊本地震から約1か月半。番組では障害のある被災者からのさまざまな声を取り上げましたが、支援の状況や課題など、チキさんはどのように感じましたか。

 

抱えている障害によって困ることもそれぞれ違うので、課題はまだまだたくさんあります。ただ、今回の熊本地震では、小さな「困っていること」というのをもっと発見しよう、もっと伝えなくちゃ、という動きが東日本大震災のときと比べてよりスピーディーに行われているような感覚があります。現地ではまだまだ対応が難しい状況は多くありますが、意識の面での変化というのも起こっているのではないでしょうか。たとえば、「女性目線での避難所運営も必要ですよね」とか、「障害で声をあげられない方もいるかもしれない」とか。そういった“気付き”が過去の教訓から得られて、「今回もそういう人がいるかもしれない」と声を上げる方が多くいらっしゃったように感じます。そういう意味では、震災を経験するたびに得てきた教訓が活かされた部分もあったのではないかと思いますね。
ただ、やはり現地では、人手などのリソースが足りないということは依然としてあります。ですから、そうした状況もしっかりと発信していき、今ある小さな「困っていること」に対してきちんと応えていくことが重要だと感じています。



詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >  
 

【出演者インタビュー】本村昭人さん「困ったときは素直に『助けて』と言ってもいいんだ」

2016年05月27日(金)

20160413_m.jpg4月13日放送
続・誰も取り残さない防災
―“あきらめ”を“希望”に―
ご出演の本村昭人さんさんにメッセージをいただきました。

 

《本村昭人さんプロフィール》

鹿児島県出身。神奈川県川崎市在住。42歳(放送当時)。
SE・プログラマー。仕事に追われ、体調管理がままならず2014年8月にギラン・バレー症候群に罹る。左足の自由があまり効かず、災害時の避難に不安を抱えている。



――番組では、障害者の立場から「防災について今、できること」を専門家も交えて具体的に考えました。ホームページやTwitterに寄せられた意見なども紹介しながら議論をすすめましたが、いかがでしたか。

 

ものすごく勉強になりました。実際に障害者の防災に携わられている方々の意見を生で聞くことができたので、今までになかった気づきが多くて、経験値が上がったなと感じました。「諦めなくて良いんだ」って。ツイッターでもいろんな方々が「助けを求めても構わないんだよ」と書かれていたので、自分の気持ちとしてもすごく救われた気がします。ただ、そういった人たちが自分の隣の部屋に住んでいるのかと言ったら、そうではないので、やっぱりそこはつながるきっかけがほしいなという気持ちもありますね。でも、村野敦子さん(別府市 防災推進専門員)がおっしゃっていたように、身近なところでは大家さんからでもいいんですよね。いきなり「助けてほしい」とは言わなくても、「今こうなっています」という報告をするだけで、それをきっかけにいろいろと考えてくれるかもしれないですし、もっと周りに頼ってもいいんだなと思いました。


詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >  
 

【出演者インタビュー】有賀 絵理さん「"こころのバリアフリー"が一番重要」

2016年05月27日(金)

20160413_a.jpg4月13日放送
続・誰も取り残さない防災
―“あきらめ”を“希望”に―
ご出演の有賀 絵理さんにメッセージをいただきました。



《有賀 絵理さんプロフィール》 
茨城大学非常勤講師
『災害時要援護者支援対策』著者

 



――収録を通して感じたことはありましたか。

29分という短時間の生放送の中で、難しいテーマではありましたが、自然災害を防ぐことの出来ない現在、とても重要なテーマであるともいえます。
そのような中で、実際、「災害=死」を連想してしまう出演者の障がい者の方が、最後は、「あきらめないで頑張ってみる」と変化をみせてくださったことは、次に向かう大きな1歩に導けたと思います。
「災害」は、まだまだ課題山積ですが、今回の大きな1歩が、多くの方々の“負けない心”に繋がり、少しでも勇気を与えられたらと思います。


【出演者インタビュー】森 公美子さん「災害時だけじゃなく、日頃からみんなで助けあって、見守るような関係になれたら」

2016年05月10日(火)

20160413_mo.jpg4月13日放送
続・誰も取り残さない防災
―“あきらめ”を“希望”に―
ご出演の森 公美子さんにメッセージをいただきました。

 

《森 公美子さんプロフィール》

歌手


――番組では、障害者の立場から「防災について今、できること」を専門家も交えて具体的に考えました。ホームページやTwitterに寄せられた意見なども紹介しながら議論をすすめましたが、どのようなことを感じましたか。

 

障害を持つ方のことも含めて、「世の中にはいろんな人がいる」ということにもっと気づいてほしいなと思いました。自分がいつまで健康でいられるかは誰も保証できないですし、身内の方が障害を持つかもしれないですよね。だから、そういう意識をみんなが持つことが大切なのかなって。そして、障害を持った方が「すみません〇〇していただけますか」とか「助けてください」という言葉を遠慮せずにかけられるような世の中になればいいですね。そうやってみんなで助けあって、みんなで見守るような関係というのは、災害時だけじゃなくて日常でもあったら素敵だなと思うんですよ。小さいことでも、たとえば視覚に障害がある方がいらしたら、「どこまで行かれるんですか、一緒にいきましょうか」と話したり、「何かお手伝いが必要ですか」と聞いたり。その一言だけでいいんです。「結構です」と言われたら「わかりました」と言いつつ後ろから見ていてあげたりね。そういうことをみんなができればいいなって。難しいことじゃないんですよね。


詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >  
 

【熊本地震・番組動画】緊急報告・熊本地震(4)どう支える 被災した高齢者

2016年04月29日(金)

2016年4月28日『ハートネットTV』 「緊急報告・熊本地震(4) どう支える被災した高齢者」

熊本県などで相次ぐ一連の大きな地震。被災した障害のある人、高齢者の置かれた状況、必要な支援についてなど、現地を緊急取材して生放送で2夜連続で伝えました。

 

【熊本地震・番組動画】緊急報告・熊本地震(3)どう支える 被災した障害者

2016年04月28日(木)

2016年4月27日『ハートネットTV』 緊急報告・熊本地震(3) どう支える被災した障害者

熊本県などで相次ぐ一連の大きな地震。被災した障害のある人、高齢者の置かれた状況、必要な支援についてなど、現地を緊急取材して生放送で2夜連続で伝えました。

 

【熊本地震】緊急報告・熊本地震(2) どう支える被災地の要支援者

2016年04月20日(水)

2016年4月19日『ハートネットTV』 緊急報告・熊本地震(2) どう支える被災地の要支援者

震源に 近い益城町周辺では、建物の倒壊などにより死傷者が出ています。さらなる余震による被害も想定される中、障害のある人や高齢の人など、生活する上で支援が 必要な人たちの状況はどうなっているのでしょうか。安全の確保や避難環境の整備のため、今何が求められているのか。現地取材をもとに、生放送で最新の情報 を2日にわたってお伝えしました。