本文へジャンプ

ドイツの精神科医と安楽死計画 第4回 日本で開催された移動展覧会

2018年02月23日(金)

ドイツの精神科医と安楽死計画 第4回

イツの精神科医と安楽死計画
第4回 日本で開催された移動展覧会

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回

 

Webライターの木下です。

ドイツ精神医学精神療法学会で企画され、後に世界各国でも開催されている「ナチ時代の患者と障害者たち」という移動展覧会。2017年10月19日・20日に、ドイツ連邦共和国大使館と神奈川県立精神医療センターの協力により、千葉県の幕張メッセで開催された第56回自治体病院学会で企画展示されました。

20180205_04_EP001.jpg
日本の移動展覧会では、ドイツ本国の80枚の掲示ポスターを半分の40枚に減らして、日本語訳をつけて展示するようにしました。内容としては、大量殺戮を可能にした考え方などを解説するとともに、殺害に関わった精神科医や看護師たちの実名、被害にあった障害者たちの実名とプロフィールなども紹介しています。



ヒットラーの殺害命令書

ヒットラーの殺害命令書

「ナチ総統府長官ボウラー、医師ブラントに、治療の見込みがないほど病状が重いと判断される場合、その患者の病状に関して厳格に鑑定した上で、特別に指名された医師に彼らが置かれている悲惨な境遇から救出する裁量を許可する権限を与える」

このヒトラーの個人的な便せんの覚え書きは、ヒトラーによる殺害命令書として唯一現存するものである。


※以下、本文中の写真およびキャプションは、「ナチ時代の患者と障害者たち」移動展覧会より


 


殺害者の登録カード

殺害者の登録カード

1939年から内務省より施設に登録カードが送られ、多くは医師や管理者がそれに記入した。特定の診断名(統合失調症、てんかん、知的障害者など)のついているすべての患者、ドイツ人またはその血縁以外の者、裁判所で施設入所が決定された触法精神障害者が登録された。鑑定人は殺害実行の判断を+サインで示した。

これらの登録カードに基づいて、殺戮施設で誰がガス毒殺されるべきか決定され、外部鑑定人が7万人以上の殺人処分を犠牲者に直接会うことなしに判断した。


 


安楽死計画の最高責任者

安楽死計画の最高責任者

カール・ブラント(左)
1904-1948 ヒットラーの侍医。ニュールンベルグの「医師裁判」で死刑の判決を受け、1948年に執行された。

フィリップ・ボウラー(右)
1899-1945 ナチ総統府長官。1945年自殺。



 
ヒットラーの命令書には、「殺害は本人たちの苦しみを取り除く安楽死(genandentod)」とされ、「対象者は、医師による厳密な鑑定によって選ばれた、入院5年以上で、治療の見込みのない患者」とされました。しかし、実際に殺害された患者の中には、重症者ばかりではなく、中軽度の者も含まれていて、入院前は家族とふつうに楽しく過ごしていた者もいました。殺戮施設に運搬される灰色のバスに乗せられるときに、殺されることを察知し、逃走しようとした患者もいました。


20万人以上の障害者が殺害されましたが、多くの資料が廃棄され、家族も犠牲者について語ろうとしないために、写真やプロフィールが明らかにされているのは一部です。移動展覧会では、犠牲者の紹介もされています。


犠牲者のマグダーレン・マイヤー・ライプニッツ

犠牲者
マグダーレン・マイヤー・ライプニッツ
1916-1941

16歳でザーレムの全寮制高校に入学。
ひどい疲労と気分障害が始まった。
数年後、チュービンゲン大学病院で初めて統合失調症と診断された。
入院先の最後の診断では、「彼女は物憂げで無気力です。一時的に落ち着かない様子が見られましたが、すぐにおさまりました」と報告された。
しかし、1941年にハダマ―殺戮施設に移送され、1941年4月22日に殺害された。


 


犠牲者のイルマ・スパークリング

犠牲者
イルマ・スパークリング
1930-1944


3歳の時にローテンブルグにある小児病院に入院した。
「くる病があり、落ち着きのなさと興奮状態を呈する知的障害児である」と報告され、ハンブルグにあるアルスタードルフ施設に収容された。
1943年、227人の少女とともにウィーンにあるワーグナー・ヤウレック施設に移送され、さらにアム・シュピーゲルグルントの「小児病棟」に移された。
そこで何度も診察と人体実験を受け、睡眠薬の過剰投与により13歳の生涯を閉じることになった。

1980年代になり、彼女の姉妹のアンチェ・コーゼムントがイルマの生涯について調べた。アンチェは「安楽死」犠牲者家族であることを初めて公表した家族の一人だった。イルマの脳がウィーンの精神病院の脳標本室に保管されていることを突き止め、1996年にオーストリア政府との交渉の末、その標本はようやくハンブルグに埋葬された。 彼女が収容されていた施設のあるアルスタードルフには、彼女をしのんで、イルマ・スパークリングの名前が付けられた通りがある。



 

 

木下 真 

コメント

※コメントはありません