本文へジャンプ

Documentary "Dear My (Im)possible Baby" 会えるはずなかった私の子どもへ

2016年03月09日(水)

ai_hasegawa.pngDelivering a baby from same-sex parents is not a sci-fi dream anymore.
 同性間の子供をつくることの出来る未来がすぐそこにきている

―Ai Hasegawa (MIT Media Lab, Design Fiction Group)


2015年10月に放送したハートネットTVブレイクスルー「会えるはずなかった私の子どもへ」から動画クリップを抜粋。生命科学技術の発達により、近い将来、技術的には可能になると見られている同性間の生殖について意見をお寄せください。

movie 1/2

 

 

 

Lesbian Couple Simulate Their
Genetically Related Baby
Asako Makimura and Moriga got legally
married in France as a same-sex couple in 2013.
In February 2015, They received an offer from the Artists in MIT media lab to simulate their children, analyzing their genetic codes.

会えるはずなかった、ふたりの
“子ども”に出会うまで―
2013年にフランスで同性婚したタレントで文筆家の牧村朝子さんとモリガさん。MITの研究者たちから、奇妙な依頼を受ける。「ふたりの遺伝子を受け継いだ子供の姿をシミュレーションしてみませんか?」



movie 2/2



 

Hypothetical Baby Throw us
Ethical Questions
Ai Hasegawa, an artist/designer in MIT media lab performs pseudo-fertilization and visualizes the hypothetical babies from Asako and Moriga.

科学技術が進んだ先に見えるのはどんな家族だろうか
MIT所属のアーティスト長谷川愛さんが作り出した架空の“子ども。”私たちはそこからどんなメッセージを受け取ればいいのか。

 


Tell us your thoughs on same-sex fertilization that might be possible, using bio-tech. 


btn_message.png btn_en_message.png