本文へジャンプ

【出演者感想】尾木直樹さん「日本の奨学金制度は国際標準とは呼べない」

2013年05月20日(月)

シリーズ 貧困拡大社会
大学は出たけれど…―急増する奨学金の滞納―
にご出演の尾木直樹さんにお話を伺いました。
 

20130521_ogi.jpg

――日々、大学で教えられていて、奨学金を利用する学生が増えているという実感はおありですか?

ええ、利用している学生は5割くらいに上っているんじゃないかという感じですからね。そして年配の方の中には、「今の学生って遊んでいるんじゃないか」とか「どうせ生活費じゃなくいい加減なことに使っているんじゃないか」と思っていらっしゃる方も多いようですが、それは誤解ですよ。
声を大にして言いますけど、今の学生は本当にみんな真面目で、授業も一生懸命出てきますし、試験もちゃんと受ける。レポートも出すし、よく勉強しています。

だから、学生に投資するなんて無駄金じゃないかとかいうような考えは、
まったく違うと思うんですよ。

 

――若者を教え、また社会に送り出す立場として、
現在の奨学金制度のどんなところに特に危機感を感じていますか。


今、日本の学生が抱えているのと同じような問題を
世界中の国で抱えているのだったら、
私もそんなに焦らないかもわからないですが、
実際には、こんなに高い返済金利がついている奨学金制度が
普通になっている国なんて、国際社会全体で見ても類を見ないわけですよ。
それどころか、国際人権規約で定められている
「高校・大学の学費無償化条項」という項目があるのですが、
この条項の批准を拒否しているのは、
国連加盟国の中で日本とマダガスカルの二カ国だけなのです。
国連からも、改めるよう勧告を受けています。

そして実はこの勧告を受けて、2012年、野田政権のときに、
撤回をすると国連に申し入れて、
その結果、「無償教育の漸進的な導入」を
進めなければいけない立場になったのですが、
それって、社会に向けてまったく発信されていないですよね。
それも問題だと思っています。

 

――政権が変わり、安倍内閣が発足して、成長戦略、
人材の流動化という話が盛んとされているわけですが。


そのためにも、人材育成は欠かせないと思います。
教育の領域において、日本だけが遅れているこの状況は
ぜひ何とかして欲しいし、国が保証していこうという姿勢を
掲げるべきでしょう。

 

――今回の番組は、どういったことを意識して見て欲しいですか。

奨学金返済の実態がこんなに深刻になっているんだということ。
それから若者の働き方が非常に過酷になっていて、
有能な人材がドロップアウトしてしまっているということ。
そういう実態をまず知ってほしいというのが第一ですね。

そして教育の実態を国際的に比較した視点で、
我が国が置き去りになっている状況というのを認識していただきたい。
日本が栄えていくために、若者が希望を持って生きていける社会にすることが、
我々大人が子どもに対して果たさなければならない責任だと思って
見て欲しいですね。

 

《尾木直樹さんプロフィール》
教育評論家。法政大学・教職課程センター教授。 愛称は「尾木ママ」。
22年にわたる教員経験を生かして、子育てと教育、メディア問題など
現場に密着した調査・研究を行なっている。臨床教育研究所「虹」所長。
 

コメント

私の家庭は貧しく、大学進学を諦めましたが、今になって、それがよかったと思っています。
特に地方だと、高卒の地方公務員、医療、介護、理美容、車の整備系統の資格持ちの非大学卒業者の方が、大卒非正規労働者より稼ぎがいいです。
国や自治体にとって必要な人材は、少ない収入からきちんと税金を納める人達であり、学歴に見合う収入を得られないからと世の中を僻む、大卒者ではないでしょう。
実際、日本国憲法でも国民の権利を受益出来るのは、国民の義務=納税の義務を果たす者とあるので、教育を受けられないことが、人権侵害になるとは言えないと思います。

投稿:一回な名無しさん  2018年02月18日(日曜日) 22時14分

ニュージーランドの方の詳しい奨学金の国際的な相違が分かり、日本を残念に思うものの娘は既に奨学金を借りて大学進学をするために自分で手続きを取っていました。「奨める」、「学ぶ」、「お金」、今より更に学び有用な人材となるためにと奨励されて得られる資金であるならば厳しい審査があって当然なのでそれを行ない、該当する学生には返還義務を失くして欲しいと強く望みます。娘は発達障害の二次障害で適応障害を持っているので奨学金への返済ができる就職と収入を得ることにつながるのかそれを考えると母の私が暗くなってはいけないと思い娘の前では暢気そうな言動を採っていますが私は1種2級という身体障害者で徐々に症状も進んでいます。生活形態は生活保護です。世の中では順送りという言葉があります。それでも心的障害を負っている娘が一生涯奨学金の返済に縛られ、返済できない自分を責めたり自殺へと心を向けることを考えると眠りが来なくなってしまいました。確かに保護所帯は借金をしてはいけません。奨学金が借金になるという意味は分かります。そこを話しても理解ができない娘は二つの奨学金を申し込んだそうです。審査もあるので必ずしも通るとは限りませんが、娘は言語や英語や国語の勉強がしたくて大学へ行きたいと言いました。心的障害があること確定したのが最近なので尚に心配です。人と違う自分に敏感で駄目だと思ってしまう。その娘が奨学金を借りてその先にあるものが何なのか。どうなってゆくのか。色々なホームページを見て返済の厳しさも私なりに分かりました。自立支援というものに本当はつながって欲しいと思える娘がひた隠しにしていた大学進学のための奨学金の申し込みに余程行きたく、大学で学びたいと思う内容の中に娘の得意分野があることは既に分かっていて、そこに自分が気がついたことは嬉しいですが、大学は遊びで行くところではなく、学ぶも好きなことだけでは単位は取れない。ことに奨学金を申請すれば保護世帯から外れることも、分かっていて大学へ行きたいとして申し込んだ奨学金制度。母子所帯だから? 母の私が動きの制限される身障者だから? それとも人と違う部分を持っている自分を知って大学進学を私が反対すると思い込んでいたのだろうかと考えても今は致し方なく、壁にぶつかった時にどうすることができるのかを考える方が日々が明るいはずだと希望を無理やり胸に置こうとしている自分がいます。奨学金も、生活保護も、一人親家庭への救済措置も、甘えていると言われても余りに過酷で生きる望みを奪ってゆく。そういう仕組みや制度はやはりおかしいと思います。少子化を危惧するのならばその子どもたちに向けて活躍できる社会につながる生活や学びの権限を下さい。

投稿:ゆう 2014年10月23日(木曜日) 22時58分

私は8年前大学を卒業しました。入学したときに奨学金を借りようとしたところ、家庭状況や親の年収、借り入れの状況など書くことが多くて驚きました。家が事業をやっていて借り入れもあったので借りられないなと判断して、学費を祖母に出してもらいました。大学を卒業できてよかったけれど、奨学金を借りられるだけでもありがたいことだと思いました。制度の見直しが必要と感じます。学生生活を送るにもお金がいります。節約しても限界があります。生活に追われて勉強が疎かになっては本人や国のためにもよくないと思います。

投稿:むらきぬ 2014年03月01日(土曜日) 23時07分

私は、高校時代、真面目に働き、定時制高校から大学を出ましたが、全く大学を出た価値を見いだせません。でも、25年かけて奨学金を利子付きで払い続けています。正直、今すぐにでも学位返したいので、お金返金して欲しいです。大学出たからと言って自分の希望する職場にも付けなくて、ボーナスもない、生活ぎりぎりのなかで、工面しています。それなのに一部の人は払ってなくて、職場環境も悪く、若い世代を鬱にまで追い込まれる環境でちゃっと税金を納め、学費も納めて、どうして、真面目に頑張っている人だけが馬鹿をみなけるれば、ならない世の中なんですかね!不公平です。奨学金払わずに良い人と払いつづける人。大学を出た特権って、なんなんですかね?

投稿:ミルク 2014年03月01日(土曜日) 22時04分

奨学金で大学に行きました。夢を見て大学に入りましたが、本当に行かなければよかったとしか、後悔しか残りません。

大学教師は、自分の研究しか頭にないし、無駄に大きすぎる教室で授業をして
ただただ、つまらない授業を聞き、本を読めとレポートを書かせるだけの中身のない授業にどうしたらあんなに膨大な授業料がかかるのでしょうか?単位を全く学生思いな大人がいない、国が率先して金儲けしてるとしか考えられない。
日本は、いい加減ばかりで国民を馬鹿にしすぎ。
マジ金返せ!

投稿:らいらい 2014年03月01日(土曜日) 21時36分

私は現在ニュージーランドに住んでいます。娘は現地生まれ 現地校に通う17歳です。日本の大学に行かせようかこちらの大学に進むべきか そう思い日本の奨学金制度などを調べると 日本政府は驚くことに海外からの留学生に対し奨学金を出したり 留学生を誘致し各大学で学んでもらうことで大学は政府からの助成金がもらえる仕組みだと聞きました。海外からの留学生にお金を出す前に 自国の優秀にもかかわらず家庭の事情で大学に進学できない子供に援助すべきなのではないかと考えます。海外からの学生を受け入れることに力を入れているG30というシステムがあります。これ自体はいいことでしょう。しかし留学生のみが利益を得て その資金になっている税金を納めている国民の その子供たちが大学に行けず困窮しているのは何か違う気がします。日本の大学が本当に優秀な学生を集め大学のレベルを上げることが目的なら 奨学金の試験は日本人、留学生ともに同じ試験を受け同じ採点項目で採用を決めるべきです。G30というシステムを 税金を払う国民が知った時 納得できるでしょうか。日本国民の血税が海外からの留学生を集めるために何十億円と使われるのは 違う気がします。
こちらでは私立の小学校高学年から スカラーシップ制度があります。アカデミック(学力)、スポーツ、ミュージック(音楽)スカラーシップなどがあり、書類選考後、実技、筆記、インタビューの試験があります。各私立校が優秀な生徒を集め学校のレベルアップのため親の収入に関係なく受験できます。また高校入学時にも同様にスカラーシップの受験が可能で こちらも親の収入は関係ありません。優秀な生徒ならば アカデミック、ミュージックなど複数でもらえます。また学校が出すものとは別に 親の収入が基準以下の家庭の子供を対象に政府が学費を援助するスカラーシップ制度もあります。どちらも返済の義務はなく 毎年その奨学金に見合った成績を収めているかの査定を受けるだけです。もし奨学金を提供している政府や学校の基準に満たない場合は打ち切られます。海外ではスカラーシップとは優秀なものへの勲章であり 次の教育機関に進学する際、大学入試などで重要視されます。優秀なものであるという証明となります。NZの大学では 学費の一括払いが高額で難しいので スチューデントローンという制度があります。以前は金利ゼロ、返済期限なしでした。
日本は奨学金という呼び名をやめ 返済義務の生じる奨学金には別の名前を付けるべきであり 貸し付けは政府が行い、金利についても低く抑えるべきと考えます。文科省の官僚は 海外の良い制度を学び 優秀な日本人が海外に流れてしまわぬよう 是非制度の改革をしてほしいものです。

投稿:キアオラ 2014年03月01日(土曜日) 16時13分

尾木直樹さん初めましてね。 私のコメントを読んでくれたらうれしいです。
私は、素晴らしい評論家です。 最近、尾木さんが凄く大学は出たけれど…―急増する奨学金の滞納―問題、SNS(Twitter&ブログ&Facebookなど)などの問題について凄く興味を持って素晴らしいです。最近は、SNSが普及してネットなどのイジメがあります。
NHKの発達障害の掲示板に「発達障害者(当事者・親)など Twitter&FacebookなどSNSやって怖さ 」の掲載をみなさん声を読んでほしい。凄く勉強になります。尾木さんがSNSの調査ですが小中高だけでなく大学生と障がい者と発達障害者(当事者・親)と医者などにやってほしい。SNSなどをやって豹変する人が多い。

急増する奨学金の滞納―問題について多くの人が一般の大学に通いたい人もいます。お金が高い。 あきらめて通信大学に行く人が多いです。
いじめ・不登校・引きこもりなどがあります。泣き寝入りが多い。

投稿:ノッコ 2013年05月28日(火曜日) 21時00分

4月から高校生の母になり娘は進学を望んでいます。勉強が好きで努力する子供には親としては望みを叶えてあげたいです。奨学金を私なりに調べている中、今回の番組がとてもためになりました。進学まで2年の間に子供にも親にも良い選択をしていきたいと思いました。

投稿:4mama 2013年05月28日(火曜日) 13時51分

二人の息子の母です。
一人は、1年の浪人生活を経て、この春から国立大へ通っています。
国公立大と私立大とでは、入学金や学費が大違いである理系学部に進みたいという希望を持つ息子には、高校生の頃から、何としてでも国公立大に進学するように言ってきました。

息子の現役と浪人時代に、進路希望の複数の大学での入試説明会に参加しました。
理系では、大学卒業後の進路で、大学院に進む事が当たり前になりつつある・・・との説明が多かったと記憶しています。
その際、大学側から貰った資料にある実際掛かる学費を目の前にして、私達親がどうすれば賄えるか、ずいぶん考えました。
今も、先々の資金計画を見直ししています。

世間には色々な考えがあるとは思いますが、国にもっと教育に税金を遣って欲しいと願っています。
奨学金も、給付型を標準にして欲しい。
今朝の新聞で、奨学金給付取消決定された学生が500人を超えると読みました。
勉学しない学生には支給しない、と。
恐らく、奨学金だけでは生活費と学費を賄えないから、バイトせざるを得ず、学問に振り向ける時間が足りないのではないかと危惧します。

投稿:晴れると良いね 2013年05月23日(木曜日) 17時00分


初めまして。
私は母子家庭年子2人を持つ母です。
長男が高校生になり奨学金の話が出てきました。
どうしようかととても迷いました。
この子がこの先どんな道を進むかわからないのに、
まだバイトさえしたことないのに借金を負わせるような気がしました。
本当に必要になった時にお願いしますと断りました。
いざ高校に生かせると校納金があることを知り焦りました。
私が無知だったといえばそうなのですが
授業料無料と聞くとあまり学校の費用がかからないと思ってました。
もう少し落ち着いたら息子にバイトを週2程度でお願いしています。
いつも子供たちにはお金の苦労をさせてしまいます。
小学校の時もある日娘に徴収金を早めに払ってと。
いつも遅れて払っていました。
それが当たり前になってきた時に言われたので
娘に理由を聞くと
皆の前で名前を呼ばれて早く払えと言われるとのこと。
なんで早く言わなかったの?と聞くと
小声で言えなかったと。
それからはすぐ払うようにしましたがお金の工面が大変でした。
遅れて払うのは悪いとわかっています。
でも学校の先生ももう少し考えてほしかったです。
長文ですみません。

投稿:ララ 2013年05月22日(水曜日) 08時50分

 そうなんですか…。 日本の奨学金制度はそんなに国際標準からかけ離れたものなんですか…。 国連から改めるように言われても、厳しい現実があるなんて…。 奨学金の本来あるべき姿ってどんなものなんでしょうか?

投稿:名無し 2013年05月21日(火曜日) 20時21分