本文へジャンプ

熊本地震 第1回 高齢者を襲う「震災関連死」

2016年05月31日(火)

 

001kumamoto_.jpgWebライターのKです。


熊本県内の避難者数は、4月17日のピーク時には約18万4千人でしたが、5月18日には1万人を切るまでに減少しました。電気、水道、ガスなどのインフラが徐々に復旧し、多くの避難者が自宅に戻り、避難所となっていた学校を授業再開のために閉鎖するなど、拠点避難所への集約も行われています。しかし、地震発生から1か月を過ぎて1500回以上繰り返される余震は未だに収まっておらず、気象庁は今後も震度6弱の大きな余震が発生する可能性があるとしています。自宅の倒壊を恐れ、戻ることができず、車中泊やテント生活を続ける家族も少なくありません。

過去の震災の例に見られるように、大きな災害の後には、建物の倒壊や火災などの「直接死」を逃れた人の命が避難生活の中で失われる「震災関連死」が起こります。阪神淡路大震災の際には、避難所で「インフルエンザの集団感染」が広がり、新潟県中越地震では「エコノミークラス症候群」を発症する人が相次ぎました。そして、東日本大震災では、「長引く避難生活によるストレスや過労」で、体調を悪化させる人が続出しました。

今回の熊本地震でも、関連死の疑いのある人が、すでに20人に上っています。車中泊の影響などから、51人がエコノミークラス症候群と診断され、そのうちの一人が亡くなるなど、今後も震災関連死の増加が懸念されています(5月20日現在)

【出演者インタビュー】本村昭人さん「困ったときは素直に『助けて』と言ってもいいんだ」

2016年05月27日(金)

20160413_m.jpg4月13日放送
続・誰も取り残さない防災
―“あきらめ”を“希望”に―
ご出演の本村昭人さんさんにメッセージをいただきました。

 

《本村昭人さんプロフィール》

鹿児島県出身。神奈川県川崎市在住。42歳(放送当時)。
SE・プログラマー。仕事に追われ、体調管理がままならず2014年8月にギラン・バレー症候群に罹る。左足の自由があまり効かず、災害時の避難に不安を抱えている。



――番組では、障害者の立場から「防災について今、できること」を専門家も交えて具体的に考えました。ホームページやTwitterに寄せられた意見なども紹介しながら議論をすすめましたが、いかがでしたか。

 

ものすごく勉強になりました。実際に障害者の防災に携わられている方々の意見を生で聞くことができたので、今までになかった気づきが多くて、経験値が上がったなと感じました。「諦めなくて良いんだ」って。ツイッターでもいろんな方々が「助けを求めても構わないんだよ」と書かれていたので、自分の気持ちとしてもすごく救われた気がします。ただ、そういった人たちが自分の隣の部屋に住んでいるのかと言ったら、そうではないので、やっぱりそこはつながるきっかけがほしいなという気持ちもありますね。でも、村野敦子さん(別府市 防災推進専門員)がおっしゃっていたように、身近なところでは大家さんからでもいいんですよね。いきなり「助けてほしい」とは言わなくても、「今こうなっています」という報告をするだけで、それをきっかけにいろいろと考えてくれるかもしれないですし、もっと周りに頼ってもいいんだなと思いました。


詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >  
 

【出演者インタビュー】有賀 絵理さん「"こころのバリアフリー"が一番重要」

2016年05月27日(金)

20160413_a.jpg4月13日放送
続・誰も取り残さない防災
―“あきらめ”を“希望”に―
ご出演の有賀 絵理さんにメッセージをいただきました。



《有賀 絵理さんプロフィール》 
茨城大学非常勤講師
『災害時要援護者支援対策』著者

 



――収録を通して感じたことはありましたか。

29分という短時間の生放送の中で、難しいテーマではありましたが、自然災害を防ぐことの出来ない現在、とても重要なテーマであるともいえます。
そのような中で、実際、「災害=死」を連想してしまう出演者の障がい者の方が、最後は、「あきらめないで頑張ってみる」と変化をみせてくださったことは、次に向かう大きな1歩に導けたと思います。
「災害」は、まだまだ課題山積ですが、今回の大きな1歩が、多くの方々の“負けない心”に繋がり、少しでも勇気を与えられたらと思います。


【出演者インタビュー】森 公美子さん「災害時だけじゃなく、日頃からみんなで助けあって、見守るような関係になれたら」

2016年05月10日(火)

20160413_mo.jpg4月13日放送
続・誰も取り残さない防災
―“あきらめ”を“希望”に―
ご出演の森 公美子さんにメッセージをいただきました。

 

《森 公美子さんプロフィール》

歌手


――番組では、障害者の立場から「防災について今、できること」を専門家も交えて具体的に考えました。ホームページやTwitterに寄せられた意見なども紹介しながら議論をすすめましたが、どのようなことを感じましたか。

 

障害を持つ方のことも含めて、「世の中にはいろんな人がいる」ということにもっと気づいてほしいなと思いました。自分がいつまで健康でいられるかは誰も保証できないですし、身内の方が障害を持つかもしれないですよね。だから、そういう意識をみんなが持つことが大切なのかなって。そして、障害を持った方が「すみません〇〇していただけますか」とか「助けてください」という言葉を遠慮せずにかけられるような世の中になればいいですね。そうやってみんなで助けあって、みんなで見守るような関係というのは、災害時だけじゃなくて日常でもあったら素敵だなと思うんですよ。小さいことでも、たとえば視覚に障害がある方がいらしたら、「どこまで行かれるんですか、一緒にいきましょうか」と話したり、「何かお手伝いが必要ですか」と聞いたり。その一言だけでいいんです。「結構です」と言われたら「わかりました」と言いつつ後ろから見ていてあげたりね。そういうことをみんなができればいいなって。難しいことじゃないんですよね。


詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >  
 

【熊本地震・番組動画】緊急報告・熊本地震(4)どう支える 被災した高齢者

2016年04月29日(金)

2016年4月28日『ハートネットTV』 「緊急報告・熊本地震(4) どう支える被災した高齢者」

熊本県などで相次ぐ一連の大きな地震。被災した障害のある人、高齢者の置かれた状況、必要な支援についてなど、現地を緊急取材して生放送で2夜連続で伝えました。

 

【熊本地震・番組動画】緊急報告・熊本地震(3)どう支える 被災した障害者

2016年04月28日(木)

2016年4月27日『ハートネットTV』 緊急報告・熊本地震(3) どう支える被災した障害者

熊本県などで相次ぐ一連の大きな地震。被災した障害のある人、高齢者の置かれた状況、必要な支援についてなど、現地を緊急取材して生放送で2夜連続で伝えました。

 

【熊本地震】緊急報告・熊本地震(2) どう支える被災地の要支援者

2016年04月20日(水)

2016年4月19日『ハートネットTV』 緊急報告・熊本地震(2) どう支える被災地の要支援者

震源に 近い益城町周辺では、建物の倒壊などにより死傷者が出ています。さらなる余震による被害も想定される中、障害のある人や高齢の人など、生活する上で支援が 必要な人たちの状況はどうなっているのでしょうか。安全の確保や避難環境の整備のため、今何が求められているのか。現地取材をもとに、生放送で最新の情報 を2日にわたってお伝えしました。

 

 

【熊本地震】緊急報告・熊本地震(1) 障害者・高齢者は今

2016年04月19日(火)

2016年4月18日『ハートネットTV』 緊急報告・熊本地震(1) 障害者・高齢者は今

震源に近い益城町周辺では、建物の倒壊などにより死傷者が出ています。さらなる余震による被害も想定される中、障害のある人や高齢の人など、生活する上で支援が必要な人たちの状況はどうなっているのでしょうか。安全の確保や避難環境の整備のため、今何が求められているのか。現地取材をもとに、生放送で最新の情報 を2日にわたってお伝えしました

【熊本地震】支援や相談窓口に関する最新情報(NHKスタッフより)

2016年04月19日(火)

被災地の障害者・高齢者・要支援者に関する支援情報や相談窓口を取材し、掲載しています。福祉避難所、食料や水などの救援物資、自治体・NPOの問合せ先などを案内。さらに、当事者団体などの取材で分かった支援をされる方へのお願いや注意点、当事者の方へのアドバイスなどもお伝えします。

※こちらの情報は、NHKスタッフが取材したものを書きこんでいます。情報は取材時点のものとなります。


 

【熊本地震】被災地の障害者・高齢者に関する安否情報(NHKスタッフより)

2016年04月19日(火)

被災地の福祉施設や当事者団体を取材し、最新の安否情報を更新しています。建物の被害やライフラインの状況、助けを求める声などもお伝えします。

※こちらの情報は、NHKスタッフが取材したものを書きこんでいます。情報は取材時点のものとなります。