本文へジャンプ

【熊本地震】支援や相談窓口に関する最新情報(NHKスタッフより)

2016年04月19日(火)

被災地の障害者・高齢者・要支援者に関する支援情報や相談窓口を取材し、掲載しています。福祉避難所、食料や水などの救援物資、自治体・NPOの問合せ先などを案内。さらに、当事者団体などの取材で分かった支援をされる方へのお願いや注意点、当事者の方へのアドバイスなどもお伝えします。

※こちらの情報は、NHKスタッフが取材したものを書きこんでいます。情報は取材時点のものとなります。


 

 

【熊本県発達障害当事者会Little bit分会】発達障害被災者の<共助活動>を応援してください
「熊本県発達障害当事者会Little bit分会当事者会発信・研修研究所」では、災害時の支援が行き届きにくい発達障害当事者に対しての共助活動を開始します。
(※支援機関ではありません。お互い「補完し合う関係」「共助」を念頭に活動します。)

 

■活動実績(例)
・子育て中の発達障害当事者宅を訪問。離乳食を届け、子どもと遊ぶ。
・宮崎・福岡の当事者会有志から支援物資を届けてもらい、必要としている当事者に渡す。
・避難所生活がしんどくなった当事者の為に、被災状況が少ない当事者の家に避難するための調整・お手伝い・物資の供給

 

▽【応援その1<寄付>】
●ゆうちょ口座からの振込先
口座名(ゆうちょ銀行)
当事者会発信・研修研究所 トウジシャカイハッシン ケンシュウケンキュウジョ
記号17110 番号11876171

●一般銀行口座からの場合
店名 七一八
店番718
普通預金 口座番号1187617
当事者会発信・研修研究所 トウジシャカイハッシン ケンシュウケンキュウジョ

 

▽【応援その2<場所の提供>】
・避難所生活に疲れ切っている当事者の一時のプライベートな休息の場の提供
・震災等、当事者の課題を話し合う場所(会議が可能な場所等)の提供

 

◆対象者◆
発達障害当事者(※診断の有無は問いません)や他の障害者等の中で
 1.家族とは別居をされている・うまくいっていない方
 2.支援機関に関わりがない・少ない方
 3.家族等にも中々理解されないこだわりがある方
に対して、優先的に共助活動をします。

 

◆共助活動が必要と思われる方の情報はこちらへ◆
littlebitivent★gmail.com(★マークをアットマークに変えてください)
※詳しくは、熊本県発達障害当事者会Little bitのホームページ・FBページをご覧ください。

投稿日時:2016年04月23日 23時03

 

 

【ともに拓くLGBTIQの会熊本】LGBTの方―困りごとがあれば相談を/みなさんの支援をお願いします!

メンバーの多くが、避難所でのトイレに苦労しています。男女に分かれているため、周囲の視線が気になって利用できないとのこと。なかには、自宅の庭に穴を掘って、簡易のトイレとしている人もいるそうです…
避難所において、外見のためにセクハラを受けたという報告も届いています。
周囲の方の理解をお願いします。

 

★当事者の方へ★
避難生活上の問題、ホルモン注射が受けられないなどの困りごとがあれば
「ともに拓くLGBTIQの会くまもと」までご相談ください。
メール:tomonihirakukai★gmail.com(★マークをアットマークに変えてください)
会のブログでも、地震関連の情報を順次更新・提供しています。

★全国のみなさんへ支援のお願い★
生理用品、簡易トイレ、ナベシャツなどが足りません!
お風呂に入れない人も多いため、ボディシートなども不足しています。
下記まで送っていただけると助かります。

【送り先】
 〒869-1101
 熊本県菊池郡菊陽町津久礼2101-1-101
  (株)阿蘇自然の恵み総本舗内「ともに拓くLGBTIQの会くまもと」
投稿日時:2016年04月22日 16時04

 

 

【精神疾患のある方へ】夜間・休日に困った時の相談窓口

夜間や休日「薬がない」などの困ったことがあれば、下記で電話相談に応じています。
緊急に受診が必要な場合には、医療機関を紹介してもらえます。

熊本県精神科救急情報センター
電話:096-385-9939

 

<対応時間>
 土・日・祝日 24時間対応
 平日 午後5時~翌朝9時
投稿日時:2016年04月22日 15時48

 

 

▼【熊本県内・福祉避難所の開設状況】
(4月22日14時現在)

山鹿市★
市内3か所に福祉避難所を開設しています。
利用したい場合は、山鹿市福祉課まで。
電話:0968-43-1167

 

★人吉市★
市内6か所に福祉避難所を開設しています。
利用したい場合は、人吉市福祉課まで。
電話:0966-22-2111

★合志市★
須屋(すや)の「ふれあい館」を福祉避難所として開設しています。

★宇土市★
福祉避難所を設けていますが、すでに混雑しています。
新たに利用したい人は市に相談をしてください。
電話:0964-22-1111

 

★熊本市★
福祉避難所を開設していますが、利用するには市の判断や決定が必要です。現在、福祉避難所に移動した方がいい人を判断しているところです。

 

★玉名市★
必要に応じて福祉避難所を開設することにしています。
相談は、玉名市総合福祉課まで。
電話:0968-75-1121

 

★玉東町★
町内の6か所の介護施設や障害者施設を福祉避難所にしています。
このうち4か所で、避難者の受け入れが始まっています。
利用したい場合は、玉東町役場まで。
電話:0968-85-3111

★美里町★
町福祉保健センター「湯の香苑(ゆのかえん)」を福祉避難所にしています。

★山都町★
町内の有料老人ホーム1か所と特別養護老人ホーム2か所を福祉避難所として開設しています。
利用するには「地域包括支援センター」に問合せをしてください。
電話:0967-72-1677

 

★小国町★
町内の3か所に福祉避難所を開設しています。
利用したい場合は、小国町福祉課に連絡を。
電話:0967-46-2116

投稿日時:2016年04月22日 15時28

 

 

【熊本市発達障害者支援センター「みなわ」】発達障害の方に食べ物の配布を行っています!
「発達障害のため、一般の食べ物の配布の列に並ぶことが難しい…」という方を対象に、一日50食限定で食べ物の配布を行っています。

場所:ウェルパルくまもと2階 熊本市発達障害者支援センター「みなわ」
日時:4月23日(土)24日(日)午前11時~午後2時
※一日一回のみで、毎日50食です。なくなり次第、終了となります。

お一人様1セットとなります。
準備できる食べ物や飲料水は保管先の状況によるため、食べ物の内容の指定などはできません。
投稿日時:2016年04月22日 15時20

 

 

【日本盲人福祉委員会】視覚障害者の支援を行っています!
視覚障害者関係の専門的な知識を持つ支援員が、熊本県点字図書館を拠点にして、本格的な支援活動を始めました。
視覚障害者の支援に関することなら、何でもお電話下さい。

日本盲人福祉委員会支援ホットライン
電話:090-3464-1090
投稿日時:2016年04月22日 15時18分



【がん患者の方へ】熊本・大分のがん相談支援センターの対応状況

現在、熊本赤十字病院など一部の病院では、相談対応が難しい状況ですが、他のがん診療連携拠点病院のがん相談支援センターの窓口への相談は可能です。

 

電話がつながりにくい場合、九州圏内の他の地域のがん相談支援センター等も利用できます。
熊本県・大分県内のがん相談支援センター、および各病院の受け入れ対応状況については、以下のホームページでまとめています。
投稿日時:2016年04月21日 16時54

 

 

【補聴器ユーザーの方へ】無料修理や代替品の支援サービスを行っています

被災された補聴器ユーザーの方を対象に、故障した補聴器の無料修理、紛失した製品の代替品提供、補聴器電池の無料提供を行っています。

 

問合せ先:スターキージャパン株式会社(補聴器メーカー)
メール:sj_cs★starkey.com (★マークをアットマークに変えてください)
※受付は5月31日までです。
※代替品は自社製品のみになります。詳細は会社ホームページをご覧ください。

投稿日時:2016年04月21日 16時44

 



▼【医療が必要な方へ】保険証がなくても病院を受診できます!

≪さまざまな病気や障害で医療にかかることが必要な方へ~≫
「保険証を家に置いたまま避難した」「自宅が倒壊して保険証をなくした」など、被災によって保険証を持っていない場合でも、[1] 氏名、[2] 生年月日、[3] 連絡先(電話番号)、[4] 加入している医療保険者が分かる情報(被用者保険の場合は事業所名、国民健康保険の場合は住所及び組合名、後期高齢者医療制度の場合は住所)を伝えれば、診察を受けることができます。

また、公費負担医療を受けている方については、手帳や受給者票がなくても、[1] 制度の対象者であることを申し出、[2] 氏名、[3] 生年月日、[4] 住所等を確認することにより受診できます。
緊急の場合は、指定医療機関以外の医療機関でも受診できます。

熊本県内の医療機関の状況については、NHK熊本放送局ライフラインで常に情報を更新しています。参考にしてください。

投稿日時:2016年04月20日 16時28 


 

▼【熊本大学病院耳鼻咽喉科/日本コクレア】人工内耳の無償提供・貸出をしています

人工内耳を使っている方へ
支援の一環として以下の製品を用意しています。
◆製品名◆
・バータ社製空気亜鉛電池(無償)
・簡易乾燥用ジップロック+乾燥剤(無償)
・ウエットティッシュ(無償)
・Nucleus 5サウンドプロセッサ・送信コイル・送信ケーブル・マグネット*1
・Freedomサウンドプロセッサ・送信コイル・送信ケーブル・マグネット*1
・Nucleus 5サウンドプロセッサ 保護ロック付き電池カバー・電池ホルダ、Freedomサウンドプロセッサ用BTEコントローラ・空気亜鉛電池3個用電池ホルダ*1
・Nucleus 5サウンドプロセッサ スタンダード充電池、Freedomサウンドプロセッサ用BTE用 充電池*1
(注)*1の製品は貸し出しです。 (注)対応期間は5月31日までです。

 製品の在庫は、あらかじめ熊本大学病院にお問い合わせください。

 

【この件に関する問い合わせ先】
●熊本大学病院
担当者名:耳鼻咽喉科 兒玉(こだま)先生・宮本(みやもと)先生
電話:096-373-5645
受付:月曜日・水曜日・金曜日の10時~15時
(※お電話の際は「人工内耳の件」とお伝え下さい。)

●株式会社日本コクレア(人工内耳メーカー)
〒113-0033 東京都文京区本郷2-3-7 お茶の水元町ビル
電話:03-3817-0243
受付:月曜~金曜の9時~17時
Eメール:jpcustomerservice★cochlear.com (★マークをアットマークに変えてください)
投稿日時:2016年04月20日 16時10

 

 

 

▼【熊本市役所 障がい保健福祉課】障害者・高齢者支援のボランティア募集!
多数の障がいのある方や高齢者の方から福祉避難所への入所希望がありますが、避難所の人的支援が大変不足している状況です。
ボランティアを募集しているので、ご協力をお願いします。

≪申し込み方法≫
熊本市役所ホームページの「障がい保健福祉課」から、エクセルファイルの名簿をダウンロード・記入して、電子メールで問い合わせをしてください。
メール: shougaihokenfukushi★city.kumamoto.lg.jp(★マークをアットマークに変えてください)
※電話での問合せも受付ていますが、大変混み合っているため、メールがありがたいです。

【注意点】
・交通費・宿泊費・食事等すべて自己負担となります。
・宿泊先の斡旋等は行っていません。
・事前に出発地最寄(各都道府県、指定都市、市区町村)の社会福祉協議会を通して、ボランティア活動保険(天災タイプ)に加入が必要です。
投稿日時:2016年04月20日 15時51




▼【熊本市役所 障がい保健福祉課】福祉避難所への入所を希望される方へ
●熊本市内の福祉避難所の状況について
福祉避難所の協定を結んでいる施設は、障害者37施設、高齢者121施設です。
しかし、ライフラインの不通や人手不足のため、16日13時時点で受け入れ可能なのは、障害者8施設(100人)、高齢者26施設(167名)となっています。その結果、19日15時点で、福祉避難所で受け入れているのは30名となっています。
今後、ライフラインの復旧と人手不足の解消ができれば、受け入れを増やしたいと考えています。

●福祉避難所への入所を希望される方へ
1)避難所にいる方 → 巡回している保健師にお声がけ下さい
2)在宅の方 → 障がい保健福祉課に電話してください(096-328-2519)

 状況を伺い、必要に応じて福祉避難所を紹介します。
投稿日時:2016年04月20日 15時50

 

 

 

▼【熊本市 国際交流振興事業団】外国語での相談受付/緊急避難所を提供しています
英語、中国語、韓国語、ドイツ語の話者の方へ

○外国語での相談受付(無料) 
電話:096-359-2121
(国際交流振興事業団 ※24日朝9時までは24時間受付)
英語・中国語(24時間)
英語・中国語・韓国・ドイツ語(平日 朝9時~夕方5時)

○緊急避難所の開設
交流会館(熊本市中央区花畑町4番18号)を、4月24日(日)までは24時間避難所として提供しています。
日本の方、外国の方どなたでも利用できます。
食事の配給もトイレも利用できます。
給水は、中央区役所、一新小学校、慶徳小学校へ。
投稿日時:2016年04月20日 13時13

 

 


▼【熊本県商工観光労働部 国際課】外国語での相談受け付けています

英語、中国語、韓国語、スペイン語の話者の方へ
無料での電話相談を受け付けています。
電話:096-333-2315

英語、中国語(24時間)
英語、中国語、スペイン語、韓国語(平日 朝8時半~夕方5時15分)

※スペイン語と韓国語は常駐ではありません。お問い合わせください。
投稿日時:2016年04月20日 13時12 

 

 

▼【精神障害者の方へ】保険証がなくても受診可能/受給者票がなくても公費負担医療を受けられます!
※今回の地震にあたり、厚生労働省から以下の通知がでています。
被災したため、保険証を持たずに避難している場合でも、[1] 氏名、[2] 生年月日、[3] 連絡先(電話番号)、[4] 加入している医療保険者が分かる情報(被用者保険の場合は事業所名、国民健康保険の場合は住所及び組合名、後期高齢者医療制度の場合は住所)を伝えれば、診察を受けることができます。

また、公費負担医療(自立支援医療)についても、[1] 制度の対象者であることを申し出、[2] 氏名、[3] 生年月日、[4] 住所等を確認することにより受診できます。
緊急の場合は、指定医療機関以外の医療機関でも受診できます。
投稿日時:2016年04月20日 12時32



▼【観光庁国際観光課】被災された外国人の方へ―情報提供を行っています
英語・中国語・韓国語の話者で、被災状況や交通事情などを知りたい方へ
○日本政府観光局(JNTO)のグローバルサイトでの情報発信
 ⇒地震発生情報や、空港、鉄道、高速道路など

○東京・有楽町のツーリスト・インフォメーションでの多言語案内
 電話:03-3201-3331(24時間)
 ⇒通常、午前9時~午後5時を当面のあいだ延長。熊本地震の状況、交通状況などを問い合わせることができます。

※詳細は、観光庁ホームページをご覧ください。
投稿日時:2016年04月19日 19時32



▼【一般社団法人 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会】難聴者・中途失調者の方への支援のお願い/支援状況
≪避難所への要望≫
もし避難所にテレビがある場合は、字幕を表示してほしいです。
支援物資としては、補聴器・人工内耳の電池、筆談用具の要望が会員から出ています。

≪支援の状況≫
全難聴から対岸の長崎県島原の会員に向けて、補聴器・人工内耳の電池・筆談用具を送付中です(19日17時現在)。
着日時の指定はできませんでした。4月20日以降、熊本市内の宅配が復旧、またはフェリーが動いたら届くようにと手配しています。
熊本県難聴者中途失聴者協会では、聴覚障害者に関係のある情報をFacebookでも発信しています。
投稿日時:2016年04月19日 19時26



▼【熊本県肢体不自由児者父母の会連合会】支援者の方へ―当事者や家族はこんなことに困っています!
在宅で介護が必要な子供をもつ親の当事者団体です。
子どもたちや家族は以下のようなことに困っています。
支援者の方には、配慮をお願いできると助かります。

◆避難所での集団生活になじめず、公園に車を泊めて生活している人が多い。それも体力に限界がきて、自宅に帰った人も。緊急時に受け入れてもらえる福祉施設があったら教えてほしい。
◆学校や避難所で配られる乾パンは固くて食べられない。柔らかいパンやおにぎりが食べたい。
◆オムツが不足している。
◆医療ケアは各家庭に残っている薬でしのいでいるが、今後足りなくなり、追加が必要になるはず。
投稿日時:2016年04月19日 18時48




▼【認知症の人と家族の会 熊本県支部】支援者の方へ―認知症の人はこんなことに困っています!
被災地の認知症の方は、以下のようなことに困っています。
支援者の方には、配慮をお願いできると助かります。

◆避難所にはいられない
症状が軽い人は、無理に行っても、奇声をあげたりしてしまうので白い目で見られます。症状が重い人は、そもそも行けません。

◆デイサービスでも受け入れが難しい
多くの場合、「土日は休み」「職員不足」で受け入れてもらえません。普段と慣れない場所も嫌がるので、車中泊も難しいです。数日間、自宅でずっとご主人が抱きしめて過ごし、マンションが壊れたので、ようやくケアマネさんの支援でデイサービスに受け入れてもらえた人もいます。症状が重い人は、特に、受け入れ施設を探しています。

◆施設に受け入れてもらえても大変
場所は提供してもらえても、「介護は自分たちで」のようなケースもあります。普段と違うメーカーやサイズのオムツなのも本当は困ります。近くの薬局に行く“足”もないので、どこに行けばオムツが買えるか分かりません。

◆水の列に並べない
足腰が弱いので、何時間も水の列に並ぶことができません。トイレは、小は庭にしたり、大は井戸にしたりしている人もいる状況です。

◆風呂がない
テレビで放送していた風呂を3カ所回ったが、どこもいっぱいでした。
投稿日時:2016年04月19日 18時48



▼【一般社団法人日本自閉症協会】防災ハンドブックを公開しています
日本自閉症協会のホームページで、防災・支援ハンドブックを公開しているので参考にしてください。
「本人・家族用」「支援者用」「助けてカード」の3種類があります。
投稿日時:2016年04月19日 18時47分




▼【知的障害者通所施設「明和学園」(熊本市)】―支援者の方へのお願いです

知的障害の人たちは軽度でも、地震の際にパニックになりがちです。 
もし近くにそういう人がいたら、「どこどこに逃げた方がいい」と具体的に声をかけてあげてほしいです。
投稿日時:2016年04月19日 18時46




▼【熊本市発達障がい者支援センター】相談受け付けています/支援者の方へのお願い
発達障害のある方は、慣れない人の多い避難所には入れないので、自宅にいる人が多いようです。
そうすると、給水車や食糧、トイレなど、どこに行けばたどり着けるのかがわからず、困っているかと思います。
下記まで連絡してもらえれば、こうした支援へのアクセス情報を伝えられます。

◆相談受付◆
電話:096-366-1919(平日8:30~17:15)
メール:378kumamon★ezweb.ne.jp (24時間受付)★マークをアットマークに変更してください。

≪支援者の方へのお願い≫
発達障害の当事者から、ハンドマイクで「×時から食事など配ります」と言われても、すぐには理解できず、食事が食べられないという相談がありました。こうしたことを解消するため、「配給時間を紙に書いて掲示もしてほしい」と熊本市の震災対策本部にお願いをしました。避難所でも実施されると助かるので、支援に当たっている方は配慮をお願いします。
投稿日時:2016年04月19日 18時19



▼【熊本小児在宅ケア・人工呼吸療法研究会】医療的ケアが必要な子どもを抱える家族の方へ
在宅で生活している重度の障害児や、医療的ケアが必要な子どもたちのサポートをしている会です。
困ったことがあれば、まずは主治医に相談してください。小児科医のネットワークがありますので支援ができます。
投稿日時:2016年04月19日 18時01



▼【公益社団法人日本てんかん協会「波の会」】被災されたてんかん患者の方へ―服薬継続&受診を!
★服薬を中止しないようにしましょう!
てんかんは、急に服薬をやめると“てんかん重積状態”(普段の発作がどんな発作であれ、全身けいれんがおこり、なおかつ止まらなくなってしまうこと)になることがあります。この状態は、生命に危機をもたらすもので、非常に危険です。
てんかん治療のために服薬中の方は、決して「抗てんかん薬」を切らすことがないように、早めの受診をお勧めします。

★受診をされる際のお願い
被災地において、医療機関を受診される際に、次の点を優先順位としてお考えください。
1.普段のかかりつけ病院、かかりつけ医の受診を最優先に考えてください。
2.かかりつけ医の受診が困難な場合、何科でもよいので、近くの診療している医療機関に相談してみましょう。いつもの薬であることをしっかり伝えれば、専門外(外科や皮膚科など)の先生でも処方してもらえる可能性が十分にあります。
3.医療機関の受診が困難な場合で、院外薬局で処方されている方は、かかりつけの薬局に相談してみましょう。処方せんは後から届けることにする、かかりつけの病院に連絡をしてもらうなど、何らかの便宜を図ってもらい、調剤してもらえる(お薬をもらえる)かもしれません。

※かかりつけ医以外の医療機関を受診する方で、処方内容がわからない方は、実際のお薬を持参することをお勧めします。お薬があれば、処方せんがなくても処方することは可能です。
※てんかんに関連して、症状に変化のある方で、抗てんかん薬の調整を希望される方は、できるだけ専門医(てんかん専門医、小児神経専門医)を受診することをお勧めします。
投稿日時:2016年04月19日 17時01



▼【公益社団法人日本てんかん協会「波の会」】てんかんのある方へ―相談ホットライン開設しています!
「静岡てんかん・神経医療センター」では、「てんかんホットライン」を開設し、地震で被災されたてんかんのある方からの診療・支援に関する相談に応じています。ご活用ください。
電話:054-246-4618(24時間・熊本地震対応の緊急体制です)
Eメール:support★shiuokamind.org / epilepsy.hotline★gmail.com
(★マークをアットマークに変更してください)
投稿日時:2016年04月19日 16時59



【全国盲ろう者協会】被災した盲ろう者への支援のお願い
≪支援者や周囲のみなさんへ≫
当事者は情報が入らず困っていると考えられます。
どこが避難所かという情報や、避難所内での情報も中々入ってきません。トイレにも十分に行けなかったり、けがをしても医者とコミュニケーションとれなかったりして、十分なケアが受けられない可能性もあります。
「盲ろう者」である旨、また支援方法(手の平に文字を書く、または弱視ならば大きなはっきりした文字で伝えるなど)を書いた名札を下げるなどの支援が必要かと思います。
また、盲ろう団体は人数が少なく組織力が弱いので、視覚障害・聴覚障害の団体の方も連携して支援にあたってほしいです。
投稿日時:2016年04月19日 16時49



【熊本県北部発達障がい者支援センター】発達障害のある方への支援のお願い
相当数の当事者が避難所にいると思われます。
今のところ、各避難所に問い合わせても、まだ当事者が「困っている」と訴えているケースはありませんが、申し出がない分、苦しんでいるのではないかと心配しています。困っている人がいたら支援センターに連絡してください。
電話:096-293-8189
※発達障害情報・支援センターのホームページに、災害時の発達障害児・者支援についてまとめてありますので、そちらも参考にしてください。
投稿日時:2016年04月19日 16時48



【DM風の会(1型糖尿病の会)】糖尿病患者の方、支援者の方へのお願い
≪患者の方へ≫
インスリンは、処方箋や保険証を持っていなくても病院でもらうことができます。かかりつけ医でなくても大丈夫です。
血糖測定ができなくても、絶対にインスリンを打つことはやめないでください。おくすり手帳を持っていればメーカーなどがわかるので、薬局でもインスリンを処方してもらえるはずです。
1型糖尿病の子供などは、避難所だと食事が炭水化物が多くなる上、体を動かさないため、血糖値が上がりやすくなります。体調に影響が出てくることが心配されます。
インスリンを打っていることを隠している人もおり、避難所ではトイレなど不衛生なところで打ったりするのが心配されます。また、生活パターンがいつもと変わると、インスリンを打つ量のコントロールが難しくなるので気をつけてください。

≪支援者の方へ≫
処方箋や保険証がなかったり、かかりつけ医でなくても薬がもらえることを知らない人も多いです。避難所に張り紙などをして周知をお願いします。
※「日本IDDMネットワーク」が、ホームページで被災した当事者向けの情報を発信しているので、参考にしてください。
投稿日時:2016年04月19日 16時28

 

 

 

【日本アレルギー友の会】アレルギーのある方、支援者の方へ
≪アレルギーのある方へ≫
ホコリの多い避難所でのストレスが蓄積する生活では、症状が悪化する人もいるのではないかと思います。
会員に限らず相談を受けつけているので、困ったことがあれば連絡ください。
電話:03-3634-0865(火曜・土曜11時~16時)
メール:j-allergy★nifty.com (当日中に極力返信します) ★マークをアットマークに変えてください。

また、自分からすすんで薬をもらいに行くようにしてください。おくすり手帳がなければ、薬局からの明細や、薬のケースのカラでも持って行った方が良いです。来週、日本アレルギー学会の九州在住の専門医が、現地でどんな支援が必要か調査に入る予定です。

≪支援者の方へ―避難生活での配慮のお願い≫
避難生活ではストレスで症状が悪化すると思われます。アトピー性皮膚炎の場合、お風呂に入れないと悪化するので、早めに入れるなどの配慮をお願いしたいです。また、全身に薬を塗るために裸になるので、個室があると本当は嬉しいです。食べ物のアレルギーに関しては、食べられる物資を聞いた上で調達してもらえると助かります。
投稿日時:2016年04月19日 16時02



【社会医療法人博愛会 相良病院(鹿児島市)】乳腺科・甲状腺科の相談支援/治療受け入れ可能です
被災により、乳がんや甲状腺治療をこれまで通り継続できない方、心配な方、乳がんや甲状腺患者の治療継続に困難さを抱えている医師・看護師の方の相談・支援に応じています。
抗がん剤治療・ホルモン療法などの治療継続希望者の受け入れが可能です。
すでに、熊本市、益城町などから問い合わせがきており、病院からの要請により、放射線治療が残っていた熊本市内の女性の転院受け入れもしています。

治療や転院希望の場合、今のところ、制限を持たずに受け入れられる状況です。
薬も十分に提供できます。保険証がなくても診察OKです。
がん治療による脱毛の方向けの帽子・ウィッグ、乳がん患者向け胸パッド、三角巾などの提供も可能です。
まずは、社会医療法人博愛会相良病院 地域連携室まで連絡をください。
電話:099-216-3360(平日9時~18字)
ケア用品については、患者や体験者で組織するNPO法人「あなただけの乳がんではなく」事務局まで連絡をください。
電話:099-213-9001
投稿日時:2016年04月19日 15時42



【南高愛隣会(長崎県)】障害者の受け入れ可能です

障害者施設を運営しています。
避難が必要な障害者の受け入れ可能です。グループホーム8棟、30名ほど受け入れることができます。
自閉症や強度行動障害など、手厚い支援がいる方も受け入れ可能です。場所は、熊本港や三州港から10~30分以内です。
電話:0957-77-3600
投稿日時:2016年04月19日 15時22



【公益社団法人日本オストミー協会】人工肛門・人工膀胱の内部障碍者の方へ

避難により、ストーマー、用具の不足により支障が出てくる方へ

災害の為、費用等は考慮されますので、まずは連絡してください。

日本オストミー協会 被災者相談窓口

電話:03-5670-7681(10時~16時)

投稿日時:2016年04月19日 14時09

 




【熊本在宅ドクターネット】在宅医療を受けている方やご家族へのアドバイス

 

19日13時現在、薬は問屋までは大量に届いています。近日中に患者さんの手元にいくと思われます。

 

益城町はまた状況が違うけれど、熊本市では、避難所から500M~1キロ離れれば、薬局や診療所が開いていることも多いです。自分からもアクセスしてみてください。

 

 

 

配給されているのはパンやおにぎりなど炭水化物が多いので、次の段階として、栄養補助食品や野菜、肉も摂取を心がけてください。既に訪問看護ステーションがメーカーに支援を依頼したと聞いています。

 

 

 

避難所での生活が長引くと、床ずれも起きやすいので注意してください。

 

投稿日時:2016年04月19日 14時01

 




【西原村役場】自宅にいる障害者・高齢者の方、声を上げてください!

 

福祉避難所に指定されている場所が被災したため、利用を希望する人は、西原村社会福祉協議会「のぎく荘」に避難してもらっています。

 

 

 

現在、保健師、DMAT、地域活動支援センターの活動員らが巡回中です。

 

もし、まだ自宅にいたり、声をあげられていない障害のある方、高齢の方がいれば、声をあげてください。

 

 

 

避難できていない…などの連絡は、

 

西原村役場 電話:096-279-3111(代表)まで

 

番組スタッフより

 


(19日13時追加情報)

 

≪西原村社会福祉協議会より「のぎく荘」の現状について≫

 

電気は復旧しました。引き続き断水中ではあるが、飲み水・トイレ用の水は巡回車の水で確保できています。

 

敷地内に簡易の医療所もできました。(日赤の人がきています)

 

あと10名弱は受け入れが可能です。ただし、介助者が不足しているため、家族同伴が受け入れ条件です。

 

看護師がいるため、簡単な医療的ケアなら対応可能です。高度な医療的ケアが必要な方は病院へ行って頂いています。避難所で受け入れが難しい方など、支援が必要な度合いの高い方から受け入れているため、軽度の方は避難所に行ってもらう可能性も高いです。

 

村内の方で何か困っていることがあれば、ひとまず連絡ください。

西原村社会福祉協議会 電話:096-279-4141

投稿日時:2016年04月19日 14時00





▼【熊本県難病相談・支援センター】当事者の方へ―声を上げてください!/相談も受付中

≪難病の当事者・家族の方へ≫
薬剤師が避難所をまわっているので、自分から必要な薬のことを相談してください。
センターでも明日(20日)から避難所をまわることにしており、現在準備中です。被害が大きい益城町を中心に、2~3人で歩いてまわります。医療的ケアはできないので、支援内容は、傾聴による心理的ケアと、情報提供になります。基幹病院は動いていますが、難病の人は、意外と自宅最寄りの個人病院にかかっている場合も多いため、その被災・開所状況を今情報収集していて、その情報を伝えます。益城町のかかりつけ医が被災している場合、熊本市東区・南区・北区などの病院で受け入れてもらえるところを探して伝えます。センターでも相談を受け付けています。
電話:096-331-0555(平日9時~16時)
メール:nanbyo-0555★extra.ocn.ne.jp
★マークをアットマークに変えてください。

投稿日時:2016年04月19日 13時35分

 

 

 

【西原村役場】自宅にいる障害者・高齢者の方、声を上げてください!

福祉避難所に指定されている場所が被災したため、利用を希望する人は、西原村社会福祉協議会「のぎく荘」に避難してもらっています。現在、保健師、DMAT、地域活動支援センターの活動員らが巡回中です。もし、まだ自宅にいたり、声をあげられていない障害のある方、高齢の方がいれば、声をあげてください。避難できていない…などの連絡は、
西原村役場 電話:096-279-3111(代表)まで

投稿日時:2016年04月19日 13時15分

 

 

 

【日本難病・疾病団体協議会】支援者の方へ―難病の人への配慮のお願い

≪支援に関わる方へのお願い≫
難病の人には常備薬を持ち出せない人が多く、希少疾患であるために、DMATも薬を持っていない可能性が高いです。しかし本人は、周りの高齢者など「もっと大変な人がいるから我慢しよう」と考えて、東日本大震災の時には体調を崩す人が多くいました。DMAT、医療関係者、自治体、NPOなど避難所の管理者に、「薬で困っている人は遠慮せずに申し出て」と声かけを積極的にしてほしいと思います。また、そこで入手しても一週間分で終わってしまったりするので、定期的に声かけをしてほしいと思います。また、今回は余震が多いため、屋外避難が多いと予想されますが、それも心配です。我慢して体調が悪化することが多いので、冷えないような対策をとってほしいです。外から見えにくい病気だったりするので、積極的な声かけをお願いいたします。

投稿日時:2016年04月19日 12時34分

 

 

 

【高次脳機能障害「ぷらむ」熊本】支援者の方へ―避難生活での配慮のお願い

高次脳機能障害のある人の家族による団体です。
≪支援に関わる方へのお願い≫
高次脳機能障害は、それぞれ症状が違い、感情のコントロールがとれない人(特に子供)が多いので、大広間で知らない人との避難生活を強いられたり、閉じ込められた空間だったりすると、パニックがおきてしまいます。
隔離された空間など、それぞれの人に合った配慮があると有り難いです。

投稿日時:2016年04月19日 12時32分

 

 

 

【熊本県ろう者福祉協会】支援者の方へ―聴覚障害者向け情報提供をお願いします

≪支援に関わる方へのお願い≫
聴覚障害者が水と食料を確保できるために、以下のようなことを要望したいそうです。
(1)水や食糧が来たとき、どこに何が来ているのか、耳が聞こえなくても分かるような情報提供をしてほしい。具体的には、文字の掲示物。
(2)昭和15~25年生まれの聴覚障害者は教育を受けておらず、文字が読めない人も多い。なので、(1)の情報について、絵や地図も入れて示してほしい。
(3)災害時、支援に来るのは福祉経験者とは限らず、安全推進課など、普段聴覚障害者と関わっていない人がくる。彼らは聴覚障害者とのコミュニケーション方法を知らないので、聴覚障害者とのコミュニケーション方法を市区町村内の担当者で共有して支援してほしい。

投稿日時:2016年04月19日 12時31分

 

 

 

【熊本県聴覚障害者情報提供センター】電話リレーサービスを行っています!

聞こえない方に向けて、電話リレーサービスを行っています。下記にテレビ電話をかけてもらえれば、情報提供施設にいる手話通訳が対応し、聞こえ人とつないでくれます。
基本は平日9時~18時まで。現在は緊急事態なので土日もやっています。
Facetime: trs★kumajou.jp
★マークをアットマークに変えてください。
Skype: kuma-trs(承認が必要です)

投稿日時:2016年04月19日 11時50分

 

 

 

【熊本聴覚障害者総合福祉センター】

被災された聴覚障害者に水を配布中/手話通訳・要約筆記を受けつけています

聴覚障害者は給水所がどこにあるのか、音声情報では分からない上、年配の方だとネットで情報をつかむのが難しかったりするので、熊本聴覚障害者総合福祉センターで、現在、2リットルのペットボトル100本の支給を受け、1人1本で配布中です(困っている方であれば、聴覚障害者に限定せず、お渡しすることは出来ます)。18日17時現在、残り70本ほどあります。通常の開館時間は、8時半~17時半です。緊急事態なので、それ以外の時間で開いていることもあります。また、手話通訳や要約筆記が必要なら、センターまで連絡ください。
電話:096-383-5587
FAX:096-384-5937
メール:kshk★muse.ocn.ne.jp
★マークをアットマークに変えてください。

投稿日時:2016年04月18日 18時38分

 

 

 

【熊本市発達障がい者支援センター】支援へのアクセス情報を提供しています

避難所での生活が厳しいため、自宅にとどまっている方へ
給水車や食糧、トイレなど、どこに行けばたどり着けるのかがわからず困っている場合は、下記まで連絡してもらえれば、こうした支援へのアクセス情報を伝えられます。

◆相談受付◆
電話:096-366-1919(平日8:30~17:15)
メール:378kumamon★ezweb.ne.jp (24時間受付)
★マークをアットマークに変更してください。

投稿日時:2016年04月18日 16時34分

 

 

 

【大分県盲人協会】被災された視覚障害者の方へ

会員に安否確認をしたところ、18日11時半現在、大きな被害を受けた人はいません。
大分県内で被災された視覚障害者の方へお困りのことがありましたら以下へお電話下さい。
大分県盲人協会 電話:097-532-8450

投稿日時:2016年04月18日 14時21分

 

 

 

【社会福祉法人 熊本県視覚障がい者福祉協会・団体】被災された視覚障害者の方へ

「熊本地震」で被災された視覚障害者の方へお困りのことがありましたら以下へお電話下さい。
熊本県視覚障がい者福祉協会 電話:096-383-6833

投稿日時:2016年04月18日 14時16分

 

 

 

【熊本県高森町】 福祉避難所について

高森町の担当者によれば、福祉避難所は開設していないそうです。
一般の避難所で過ごすことが大変な難病、障害などの方々は、遠慮せず1次避難所を巡回している保健師や、避難所のスタッフにお知らせください。福祉スペース、医療機関等とも連携して対応しますとのことです。

投稿日時:2016年04月17日 20時19分

 

 

 

【熊本県山都町】福祉避難所について

山都町の担当者によれば、福祉避難所は開設はしていないそうです。
発達障害などのお子さんは、保健師が避難所を巡回しているので、遠慮せずに何かあれば声をかけてくださいとのことです。また、そのほか避難所で過ごす事が大変な状況な方もお声をかけてください。保健師、スタッフ等が状況に応じて、民間の福祉施設などで対応するとのことです。
投稿日時:2016年04月17日 20時17分

 

 

 

【熊本市】福祉避難所 情報

熊本市健康福祉課によると、現在熊本市では、福祉避難所を10か所開設しているそうです。一般の避難所で過ごす事が大変な難病、障害等の方々は、遠慮せず、一次避難所に巡回している保健師や、避難所のスタッフにお知らせください。状況に応じて、福祉避難所への対応をするとのことです。一般の避難所では、避難者が多くスタッフも気付けない事もあるので是非遠慮なくお声をあげてください。
<福祉避難所が開設されている場所>
くわのみ荘 熊本市北区鹿子木町405
こぼり苑  熊本市南区護藤町1586  
明生苑   熊本市西区城山薬師2丁目10番10号
明飽苑   熊本市西区城山薬師2丁目10番10号 
聖母の丘  熊本市西区島崎6-1-27
愛育学園  熊本市北区清水新地1丁目3番地1号
大江学園  熊本市東区渡鹿8丁目16番46号 
熊本県身体障害者能力開発センター 熊本市東区長嶺南2丁目3-2
くまもと江津湖療育医療センター  熊本市東区画図町重富575

投稿日時:2016年04月17日 20時14分

 

 

 

【熊本県大津町】 福祉避難所 情報

(17日17時 現在)
大津町福祉課の担当者によると、町内には、福祉施設など4か所で福祉避難所が開設されているそうです。一般の避難所に併設されているところもありますが、中には高齢者や障害者に特化して対応しているところもあります。障害や病気などのため、一般の避難所で過ごすのが難しい人は、大津町役場の福祉課までご相談ください。

投稿日時:2016年04月17日 18時42分

 

 

 

【熊本市南区】

放課後デイサービスらしっく 障害のある方の避難場所として開放しています

(17日14時半現在)
NPO法人くまもと福祉ネットワークで運営している「放課後デイサービスらしっく」のプレイルームを、避難場所として開放しています。水、食料、ふとんを確保して準備しています。障害などにより避難所生活が困難な人に来て頂いても大丈夫です。

投稿日時:2016年04月17日 16時43分

 

 

 

【御船町地域包括支援センター】益城町・御船町の福祉避難所情報

(17日11時半現在)
≪益城町≫
▼特別養護老人ホーム「ひろやす荘」(上益城郡益城町安永1080番地)
行政と協定を結び、主に高齢者を対象とした福祉避難所として活動しています。一般の避難所で過ごすのが難しい高齢者を受け入れています。
▼障害者支援施設「熊東園(ゆうとうえん)」(上益城郡益城町広崎786-1)
行政と協定を結び、主に障害者を対象とした福祉避難所として活動しています。

≪御船町の情報≫
福祉避難所の協定を結んでいるところはないそうです。
高齢者などの福祉的な対応が必要な人は、老人総合施設「グリーンヒルみふね」(熊本県上益城郡御船町辺田見840-9)に案内しています。
ただ、高台にあるため車イスなどでは移動が難しく、車が必要です。

投稿日時:2016年04月17日 14時05分

 


【NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク】アレルギーのある方への支援情報

「国立病院機構 熊本医療センター」にアレルギー対応食品等を順次送る予定です。
病院に問い合わせれば、その病院に通っていなくても、食物アレルギー患者とその家族なら誰でも受け取れます。「ガソリンがなくて病院にとりにいけない」などの問い合わせも、東京の事務所TEL 03-5948-7891(24時間)で受け付けています。
第1便:水やお湯で戻せるアレルギーの人が食べられるアルファ化米&アレルギー対応のビスケット(ハイエース一台分)を新潟から車で輸送。
第2便:食物アレルギーの人対応の食品(ハイエース一台分)を、それぞれどんなアレルギー対応か&事務所などの電話番号を段ボールにはりつけ、来週頭に東京の事務所から福岡経由で病院へ送ります。順次、アレルギーの赤ちゃん用粉ミルクも支援予定です。
東日本大震災の時は、ぜんそくの方に吸入器、アトピー性皮膚炎の方に石けん・肌着も支援しました。個別に届けられるのでお電話下さい。

投稿日時:2016年04月17日 11時51分

 

 

 

【熊本市障害者団体協議会】被災した障害者への支援情報!

◆熊本市障害者団体協議会の幹事・宮田喜代志さんを中心に、被災した障害者を支えるKDF(熊本障害者フォーラム)が立ち上がる予定です。東日本大震災のときに活動したJDF(日本障害フォーラム)の熊本版を目指します。手をつなぐ育成会やきょうされんなど、各団体の動ける人が集まって立ち上げるそうです。熊本市白山の地域支援センターインクルで立ち上げのミーティングを近日中に開く予定とのことです。

◆壺川小学校の避難所
宮田さんが運営する精神障害者のグループホーム「いこいの家」の入所者と共に、施設長の夫婦や介護福祉士、ケアマネージャーなど5人のスタッフが常駐していて、支援に当たっているとのことです。
◆熊本学園大学の避難所
宮田さんによると、この避難所は医師や専門スタッフが充実しているという話を聞いたそうです。

投稿日時:2016年04月16日 23時59分

 

 

 

【熊本市北区】

就労支援センターくまもと 以前からの利用者に避難所として開放しています!

熊本市内でグループホームを運営するNPO自立応援団による「就労支援センターくまもと」(熊本市北区)は、以前から利用していた人を対象に、センターを避難所として開放しているそうです。

投稿日時:2016年04月16日 21時23分

 

 

 

【熊本市】障害者グループホーム ふれあいワーク 地域に開放しています!

グループホームの入所者がB型事業所ふれあいワークに避難して過ごしていますが、地域にも開放しているため、避難所に入れない方などがいたら、受け入れたいと考えているそうです。多目的トイレがあるため、近所の車イスの方2名も家族と一緒に避難してきています。

投稿日時:2016年04月16日 20時11分

 

 

 

【熊本市北区】障害者支援施設すみれ園 避難できます!

熊本市北区の障害者支援施設すみれ園は、市と協定を結び、有事の際には地域に開放しています。16日15時現在、避難している人はいませんが、別棟で、トイレやお湯も使うことができるそうです。
障害者支援施設 すみれ園
熊本市北区植木町米塚70番地

投稿日時:2016年04月16日 15時18分

 

 

 

【熊本市】

知的障害者施設 大江学園/第二大江学園 「福祉避難所」に指定されています!

熊本市の知的障害児施設・大江学園、知的障害者更生施設・第二大江学園は、通常の避難所で過ごすのが難しい人たちのための「福祉避難所」に指定されているそうです。
市から3件ほど問合せがありましたが、14日14時現在、避難所として受け入れた例はまだないそうです。

投稿日時:2016年04月16日 15時13分

 

 

 

【熊本市北区】障害者施設チャレンジめいとくの里 地域避難所として開放しています!

熊本市北区の障害者施設チャレンジめいとくの里では、施設内を地域避難所として開放しています。14日14時現在、一家族が避難しています。今後、夜間の雨で、避難者が増える可能性もあります。避難場所は北区にもう一カ所あります。

投稿日時:2016年04月16日 14時29分

 

 

 

【熊本県宇城市】

知的障害者施設「熊本こすもす園」の前のグランドに多くの人が避難しています

熊本県宇城市の知的障害者施設「熊本こすもす園」の前にある運動グランドは、指定避難所ではありませんが、昨夜から多くの人が車を停めて避難しています。物資などが届いているわけではありませんが、高台にあり、トイレがあるため、自主的に集まっているようです。昨夜は2~300台の車が停められ夜を過ごし、14日(土)の13時現在、40台ほどの車が停まっているそうです。

投稿日時:2016年04月16日 13時55分

コメント

北区大江学園に避難しています。昨日から水も使えお風呂も入れます。テレビも冷暖房もあり、自炊も出来ます。

投稿:じゃい 2016年04月21日(木曜日) 07時15分