本文へジャンプ

Road to Rio vol.92 特集「パラリンピック リオで輝け!」(「ひるまえほっと」より)

2016年08月08日(月)

昨年11月今年1月とパラリンピックの特集を組んできた「ひるまえほっと」では今回、パラリンピックでの活躍が期待されるアスリートを、シリーズで紹介します。

 

23(火)は、陸上・義足のアスリート、大西瞳選手(クラス T42)。

001_4B6A9672.JPG

ロンドンパラリンピックでは補欠に選ばれるも、舞台に立つことはありませんでした。

その悔しさをバネに、一から自分の走りを見直し、大きくタイムを縮めた大西選手。

強さの秘密に迫ります。


 

続いて、24(水)は、視覚障害者柔道の正木健人選手。

002_masaki0808.jpg

ロンドンパラリンピックで100キロ超級・金メダルに輝いた正木選手。

その後、スランプに陥り、苦しい時期が続きました。

それを乗り越え、今、二連覇に向け練習に励む正木選手を追いました。


 

25(木)は、カヌーの瀬立モニカ選手(クラス KL1)。

003_seryu0808.jpg004_seryu0808.jpg

リオデジャネイロパラリンピックから正式種目になったパラカヌー。

瀬立選手は、競技歴わずか2年で世界の舞台に躍り出た、カヌー界期待の新星です。

周囲の支えと「最後まで諦めない」心の強さを持って、大舞台に臨む姿を取材しました。


 

そして、最終日26(金)は、メダルが期待される2人。車いすラグビーの官野一彦選手と、自転車の鹿沼由理恵選手です。


車いすラグビーの官野選手は、ロンドンパラリンピックに続き、2回目の出場。
ロンドンでは、メダルが期待されながらも4位に終わった雪辱を胸に、リオでは「いい色のメダル」を取りたいと誓う官野さんの思いに迫ります。

 

続いて、自転車の鹿沼由理恵選手(左)。

005_kanumatanaka0808.jpg

視覚に障害のあるクラスの鹿沼選手は、二人乗り自転車「タンデム」で、パートナーの田中まいさん(右)と、息のあった走りで数々の国際大会で好成績をおさめてきました。

7月末に行われた競技会の様子と、メダル獲得への意気込みを伺いました。

 

また、23日には、パラスポーツともかかわりの深い、百獣の王・タレントの武井壮さん。

26日は、障害者スポーツを撮り続けている写真家の清水一二さんがスタジオに登場!

見どころをたっぷり伺います。



■放送予定■

「ひるまえほっと」午前11:05~11:54【総合】(関東地域のみ放送)
・8月23日(火)陸上 大西瞳(おおにし・ひとみ)選手
・8月24日(水)柔道 正木健人(まさき・けんと)選手
・8月25日(木)カヌー 瀬立モニカ(せりゅう・もにか)選手
・8月26日(金)自転車 鹿沼由理恵(かぬま・ゆりえ)選手

コメント

※コメントはありません