本文へジャンプ

【障害者陸上 世界選手権】開会式の様子は? #Doha2015

2015年10月22日(木)

カタール時間の10月21日(水)、開会式が行われました。
競技前日の会場の雰囲気と、開会式の模様を現地からリポートします。

001_P1060819_R.JPG

スクリーンに映る女性は手話通訳のかた

 

今大会の行われるカタールの首都ドーハは秋を迎えて少し涼しくなったと地元の人たちが言うものの、最高気温は35度、最低気温も25度を超える暑さ。特に湿気があるため日中はかなり暑く感じられます。

002_IMG_1790_R.JPG午後4時近くなって日が傾き初めてやっと、じっとりと汗ばんだ体にそよ風気持ちいという程度なので、アスリートの皆さんにとって日中ののレースはかなり辛いのではないかと心配してしまいます。

 

003_IMG_1778_R.JPG会場となるのはカタールスポーツクラブ。1961年に作られた多目的スポーツ施設は、カタールスターズリーグでプレーするサッカーチームの本拠地として知られているそうです。スタジアムは15000人の観客を収容することができます。正面のスタンドからスタジアムを臨むと遠景に高層ビル群が見えます。なんともカタールらしいセットアップですね。



004_IMG_1785_R.JPG今大会のロゴマークはレーサーをモチーフにしたエレガントなデザイン。空港到着時からこのマークを頼りに動いています。そして大会スタッフのユニフォームもそうなのですが、鮮やかな黄緑色がとても爽やかです。



005_IMG_1789_R.JPG明日からの競技に備えて会場を見学していると、同じく会場を見学しに来ている選手らしき人達がいました。スタジアムの周りにはトレーニングトラックが併設されているので、そちらの施設では多くの選手が午前中からトレーニングをしていました



006_IMG_1796_R.JPG正午からは9人の有力選手を迎えての記者会見が行われました。アイルランドのジェイソン・スミス選手(左から2人目)は数日中にお子さんが産まれる予定だとか。ロンドンパラリンピック、200mの金メダリスト、ブラジルのアラン・オリベイラ選手(左から3番目)に、同じくロンドン大会100m銀メダリストのアメリカ、リチャード・ブラウン選手(一番右)とのライバル関係についての質問が。



007_IMG_1824_R.JPGするとブラウン選手はひょうきんな表情を見せてオリベイラ選手の答えを待つワンシーンもありました。(ブラウン選手の左隣り、赤いウエアは幅跳びのスーパースター、ドイツのレーム選手です)



008_IMG_1850_R.JPG各国プレスも熱心に会見を聞いています。カタールのAbdelrahman Abdelqader選手には地元メディアからも多くの質問がよせられ、会見終了後もメディアに囲まれていました。



0090_P1060769_R.JPG009_P1060899_R.JPG0092_P1060794_R.JPG
そして19時からカタラ・カルチュラル・ヴィレッジという場所にて開会式が行われました。中東らしい石造りの豪華な建物の間を歩いて行くとカラフルにライトアップされた円形劇場があります。前列のほうにはスーツの人や、カタールらしい白い服を着て正装したVIPらしき人が座っています。



010_P1060780_R.JPG011_P1060781_R.JPG上のほうの席は選手席。日本選手団の姿も。笑顔が見られますね!

 

白っぽい建物の中にカラフルな光の演出がとても未来的な印象を与えます。ドーハの街はいつも未来的に映るのですが、期待を裏切らない演出でした。
そして、各国の選手たちのパレード!

012_P1060843_R.JPG

スクリーンに映る女性は手話通訳の方でした。

 

013_P1060814_002.JPG


014_P1060821_cap_R.JPG

日本の旗手は辻沙絵選手?辻選手は8日目、T47のクラスで女子100mのレースに出場予定です。




015_P1060966_R.JPG0150_P1060957.JPG個人的に最も感動したのは障害のあるダンサーも加わってのパフォーマンス。人間の体がこんなにもしなやかで自由なものなのかということに気づかされて思わず見入ってしまいました。



016_P1060995_R.JPG0160_P1060999.JPGスポーツもそうですが、ダンスもまた障害のある体をこんなにも個性として表現できるものかと感じさせられました。



017_P1070017_R.JPG最後はこれでもかというほどの花火の連続で開会式は幕を閉じました。



018_P1070051_R.JPG帰りに前を歩いていた2人のトルコからの選手。会場で配られた光るブレスレットを身につけているのですが、杖をついたり車いす椅子を漕いだりする度に光るのを面白がっている様子。私が気づいて後ろで笑っていると、調子に乗った二人は会場のスロープを踊っているかのように動いて見せてくれたので、記念に写真を一枚。頑張ってねと声をかけさせていただきました。


さて明日から選手たちのどんな戦いが見られるのでしょうか?本当に楽しみです!

(文・写真 鈴木祐子)


 

◆全日本人選手の出場スケジュール、試合結果は ⇒日本人選手スケジュール
◆今大会の見どころは ⇒日本人選手、大会の展望は?
 


◆関連サイト
Road to Rio(競技編)パラリンピックを理解して楽しもう!~陸上競技~
Road to Rio vol.33 「ドーハ、そしてリオへ ~日本パラ陸上競技選手権大会~」

コメント

※コメントはありません