本文へジャンプ

Road to Rio vol.4 "連覇に挑む②" ~ゴールボール女子日本代表~

2014年06月27日(金)

ハートネットTVキャスターの山田賢治です。
 

早くもリオ行きを決めるか!?
ゴールボールの世界選手権が、30日からフィンランドで行われます。そこで、3位以内に入ると、早くも2年後のリオパラリンピックの切符をつかめるのです。
前回ロンドンパラリンピック金メダルの女子日本代表。ハートネットTVでも特集しました。

シリーズ パラリンピックへの挑戦(2012年ロンドン)
一瞬の音を捉えろ! ―ゴールボール女子日本代表―
熱闘の舞台裏(2)  ゴールボール女子、初の金メダル!

各国のマークが厳しくなった中で、勝ち取ることができるのか。いや、勝ち取るんです!応援しましょう。

世界選手権の会場は、ホールAとホールBの2会場です。
ホールAのみ、フィンランド国営テレビのスポーツウェブサイトページで生中継で見ることができます。
URLは、以下のように日ごとに変わります。
今回の世界選手権は、男子日本代表も出場します。
男子、女子日本代表の試合開始時刻と合わせて一覧で紹介します(時間は日本時間。フィンランドとの時差は6時間)。


★:インターネットで見られる試合(ホールAでの試合)⇒試合は終了いたしました。
6月30日(月) 
  男子:午後5時 リトアニア戦
      深夜0時 エジプト戦★
  女子:午後7時 ドイツ戦★
 

7月1日(火)
  男子:午後4時 トルコ戦
      午後10時 ブラジル戦★
  女子:午後3時 トルコ戦
 

7月2日(水)
  男子:午後5時 カナダ戦
      午後9時 中国戦
  女子:午後6時 ロシア戦★
           午後11時 アメリカ戦
 

7月3日(木)
  男子:午後11時 ベルギー戦★
  女子:午後7時 フィンランド戦★
※予選は男子8チーム、女子6チーム総当たりで、4位以内に入ると準々決勝へ


7月4日(金) 準々決勝&準決勝
予選リーグ通過順位によって、試合時刻や中継の有無が決定
 

7月5日(土) 3位決定戦 午後4時★
            決勝 午後7時★


20140627_yamaken0001.jpg


先日、女子の代表合宿に行って来ました。
男子選手の強いボールを受けながら、1日中練習に励んでいました。
ロンドン金メダルメンバーのキャプテン、小宮選手が退き、ベンチ入りしていた若手の欠端選手と若杉選手が台頭してきました。特に、印象に残ったのが欠端選手。ロンドンパラの前に番組出演したときと比べ、受け答えも含め、堂々とした雰囲気が感じられ、驚きました。

20140627_yamaken003.jpg
欠端選手。力強い攻撃力も魅力


聞くと、ロンドンの後、大学との両立が難しいと判断し、一度ゴールボールから離れたそうです。しかし、やはり競技への情熱は覚めることなく、去年の年末、江黒コーチに「もう一度やらせてください」と直訴したそうです。リオを目指しコートに戻ってきた欠端選手は、江黒コーチいわく、「覚悟が違う」。一度離れたことで自分自身と向き合ったことが大きなプラスになったようです。
積極的にコミュニケーションを取っていて、私が2年前に会った姿ではありませんでした。小宮選手が抜けた穴は、欠端選手とこの春から大学に進学した若杉選手が埋めてくれるでしょう。6月上旬、中国で開かれたアジアカップでは2人の活躍もあり、決勝で強豪中国(ロンドンパラ決勝の相手)に勝って優勝しました。


20140627_yamaken004.jpg
江黒コーチからの熱い言葉を受け止める選手たち。正面で顔が見える浦田選手から右に欠端選手、若杉選手、安達選手(黒のシャツ)。


波に乗って迎える世界選手権。しかし江黒コーチは、今回6人連れて行けるところを4人しか選びませんでした。「経験のためにあと2人連れて行ってもという声もあったが、試合に出られる力を持った選手しか連れていかない」。江黒コーチの妥協しない厳しさと選手一人一人の個性を引き出す指導が、日本の強さの原動力だと感じました。
世界選手権は毎日試合が組まれていますが、常にベンチに選手は1人しかいない日本。まさに総力戦!しかも、今年からルールが一部変わり、相手のボールをディフェンスしてから投げるまでの時間制限が短くなりました。つまり、それだけ展開が速くなり、疲労感が増すのではないかと考えられます。

20140627_yamaken005.jpg
 

抜群のサーチ力で鉄壁の守備を牽引する、世界に誇るセンター、浦田選手。バウンドボール、移動攻撃と多彩な攻めを繰り出す、ポイントゲッターの安達選手。このロンドン金メダルレギュラーメンバー2人を軸に、欠端選手と若杉選手の4人で力を合わせ、リオへのキップをつかんでほしい!出場権獲得になれば、リオパラリンピック出場決定、日本選手団1番乗りです。


日本から応援しましょう!
ガンバレ、ニッポン!!

コメント

3位決定戦、残念ながらトルコに3−0で破れ、今大会でのリオ出場権獲得はなりませんでした。全チーム中、最も少ない4人で臨んだ世界選手権。本当にもう一歩でした。まだリオへのキップをつかめる戦いがあります。江黒コーチからのメッセージです。
「何よりも戦い抜いた選手達、支えてくれたスタッフ、関係者の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。ここで引き下がることはできませんが、今はゆっくり整理して次の目標に向かいます。本当にありがとうございます」
試合後、お疲れの中、メッセージを毎試合後ありがとうございました。
この大会をどう振り返り、次につなげていくか。ロンドンパラ王者としてマークが厳しくなる中、今後は世界に誇るディフェンス力に、攻撃力が加われば”敵無し”と言えます。
ゴールボールを含め、2年後のリオパラリンに向けた選手達の道のりを、これからも見つめていきます!

投稿:山田賢治 2014年07月05日(土曜日) 19時58分

準決勝、アメリカ戦は2対0で敗れました。
しかし、あすの3位決定戦で勝てばいいんです!!
相手は、攻撃力のあるトルコ。しっかり守って、チャンスをものにする日本らしい戦いで、リオへのキップをつかんでほしいです!

投稿:山田賢治 2014年07月04日(金曜日) 23時16分

準々決勝、今、試合が終わりました。
女子日本代表はウクライナと対戦し、1-0で勝ってベスト4!
世界選手権のフェイスブック公式ページには、日本の守りを
「stonewall defense」と例えていました。

江黒コーチからメッセージが届きました。「あとは気持ちとの戦いです。選手達はこの戦いを乗り越えるために日頃からトレーニングに励んでいます。必ずいい報告ができるよう、アメリカ戦に向け、準備します。応援よろしくお願いします」。ぜひ、ここで決めてほしい!
今夜行われる準決勝は、予選リーグで4-3で勝っているアメリカと。勝てば、リオ出場権獲得です。結果は、世界選手権のフェイスブック公式ページですぐに確認できます。

投稿:山田賢治 2014年07月04日(金曜日) 19時17分

予選リーグ最終日。
女子はフィンランドに勝ち、4勝1敗の2位で決勝トーナメントに進みます。あすは準々決勝と準決勝。準決勝に勝つと3位以内が確定し、リオ行き決定です!
江黒コーチからは「疲労はどの国もあります。その中でいかにいい状態で戦う準備ができるかだと思います。今まで通りチーム力で世界にトライし続けたいと思います。応援よろしくお願いします 」というメッセージが届きました。あす、いい報告が聞けるよう願っています。応援しましょう!!

投稿:山田賢治 2014年07月03日(木曜日) 21時53分

大会2日目と3日目。
女子日本代表は、トルコに破れたものの、強豪ロシアとアメリカに勝ち、3勝1敗としました。これで、1試合を残し、予選リーグ突破を決めました。勝った3試合はすべて1点差勝ち。相手の威力あるボールを跳ね返し、日本の持ち味である堅い守りで、我慢して我慢して、粘り勝ちしました。
予選リーグの順位で、準々決勝の相手が決まります。順位が上であるほど、もう1つのリーグの下位と戦います。今、リーグ3位。今日勝って一つでも順位を上げてほしいです!江黒コーチからは「勝負はこれから。気を引き締めて戦い抜きます」とフィンランドから力強いメッセージが届きました。
男子日本代表は、6戦で勝ちがなく、残念ながら予選リーグ敗退が決まりました。今日最後の試合、力を出しきってほしいと思います!

投稿:山田賢治 2014年07月03日(木曜日) 10時29分

女子日本代表の初戦はドイツが相手でした。
前半、安達選手が先制点。しかし、すぐ次のドイツの攻撃で同点に追いつかれます。ドイツの力強いバウンドボールに3人で耐えながら、再び安達選手がゴールを決め、2対1。後半も守り切って、白星スタートを切りました。試合後、安達選手は「ドイツも攻撃力があるということは予想していたので、バウンドボールを上手く対処していこうと思っていた」と話していました。
男子は2連敗スタート。奮起を期待しましょう。

投稿:山田賢治 2014年07月01日(火曜日) 11時04分