本文へジャンプ

【インタビュー】サヘル・ローズさん「子どもたちと1対1で向き合える関係になってほしい」

2014年07月03日(木)

20140702_s.jpg
シリーズ 「施設」で育った私
第2回 “巣立ち”に寄り添う児童養護施設の試み
にご出演されたサヘル・ローズさんにメッセージをいただきました。


《プロフィール》
女優、タレント

イラン生まれ。4歳のときに両親を亡くし、孤児院で育つ。その後、養母に引き取られ、8歳の時に2人で来日。


――第2回は、自立支援を専門的に行う「自立支援コーディネーター」という職員を施設に配置し、手厚く支えていこうとする東京都の取り組みを紹介しましたが、いかがでしたか。

すごく素晴らしいと思いました。でも、本当は自立支援コーディネーターだけじゃなくて、いろいろと面倒を見てくれたり、相談に乗ってくれる人がたくさんいるべきだとも思います。できれば子どもたちと1対1で向き合える関係になってほしいのですが、今は1対10くらいなんですよ。でも、ひとりで10人全員のことを見られるわけがないですし、その中で子どもたちは言いたいことを我慢してしまう。子どもというのはみんながみんな天真爛漫で自分の言葉を持っているとは限らなくて、感情を飲み込んでしまう子もいるんです。それに敏感に気づける役割を自立支援コーディネーターは果たそうとしてくださっていると思うので、もっともっと広がってほしいと思いますね。
 


――番組後半で紹介した、東京都にある児童養護施設「希望の家」では、「施設」と「独り」の間に安心して生活できる中間的な場を設けて独り立ちを助けていこうという支援を行っています。こちらはいかがでしたか。

あのような温かみのある場所はすごく大切だと思います。もう「家族」ですよね。手を引っ張るんじゃなくて、まずは自分で歩かせて、倒れそうになった時にひょいと手を差し伸べてあげる、そのさじ加減がすごくいいなと思いました。


――そういう「家」が増えていくといいですね。

増えるのも大事だし、それにはお金も必要になります。そして、サポートする人たちも必要だと思うので、一部の人だけに「任せた」じゃなくて、ひとり一人の意識から変わっていくことが大切です。この番組がそのきっかけになってくれたらうれしいですね。

 

 

◆7月特集<「施設」で育った私>
本放送:夜8時00分~8時29分
再放送:午後1時5分~1時34分

第1回 漂流する施設出身の若者たち
2014年7月 1日(火) 再放送7月   8日(火)

第2回 “巣立ち”に寄り添う児童養護施設の試み
2014年7月 2日(水) 再放送7月   9日(水)

第3回 “最後の砦” 自立援助ホーム 
2014年7月 3日(木) 再放送7月 10日(木)

第4回 反響編 
2014年7月 30日(水) 再放送8月   6日(水)