本文へジャンプ

【インタビュー】サヘル・ローズさん「施設にいても、みんなと同じように"夢"はある」

2014年07月03日(木)

20140701_s.jpg
シリーズ 「施設」で育った私
第1回 漂流する施設出身の若者たち

にご出演されたサヘル・ローズさんにメッセージをいただきました。


《プロフィール》
女優、タレント

イラン生まれ。4歳のときに両親を亡くし、孤児院で育つ。その後、養母に引き取られ、8歳の時に2人で来日。


――第1回は児童養護施設出身の若者たちが、次々と社会からドロップアウトしている実態に迫りましたが、収録を終えてどのようなことを思いましたか。

私も児童養護施設で生活していた経験がありますが、施設にいる子どもたちもみんなと同じように「夢」はあるんです。でも、共同生活の中で我慢しなければいけないこともたくさんあって、仕方なくそれを諦めてしまう。そんな子どもたちがたくさんいます。大人の事情でそのような状況に置かれてしまう子どもたちの姿を見るのはすごくつらいですし、「なんで生まれてきたんだろう」、「自分なんていなければよかった」と思いつめてしまう人がいるのはすごく悲しいことです。やりたくない仕事に仕方なく就いている人もいるし、番組で紹介した性風俗で働いている施設出身の方も、きっとどこかで愛情が欲しいから、それを違った形で求めてしまっている部分はあると思うんです。でも、そういう状況を「本人のせい」「やる気がないから」と一言で片付けられてしまう場合もあるじゃないですか。だけどそれは間違っていて、多くの人がやる気はあってもどうしたらいいのかわからないんですよ。施設の中で生きていたら、みんなが普通に家庭で学んできたようなことが経験できない場合もあるし、あなたが思う“普通”が普通じゃなかったりする。ですから、まずはそういう認識から変えてもらいたいなと思います。
 


――多くの人が誤解していたり、現状を知らなかったりする。

そうですね。まずは知ることから始めてほしいし、西澤 哲先生も言っていましたが、行政任せじゃなくて「自分たちがどう関わるか」と考えていただきたいです。私は施設で学んだことや感じたことを言葉に出すことで、少しでもいいから周りの意識を変えたい。きれいな言葉でまとめたくないけど、子どもたちに勇気や希望など、何かしらの力を与えられたらうれしいです。施設の子たちも大人になったら社会に出て行くわけじゃないですか。そしたら税金や年金を払って社会を支えていくひとりになるわけですし、そういう施設のために税金だって使われています。他人事ではないんですよね。施設の子というだけで偏見を持たないでほしいですし、そういう子が自分の足で立てる人間になっていくことが結局は社会のためになるんだと考えてもらいたいですね。

  


◆7月特集<「施設」で育った私>
本放送:夜8時00分~8時29分
再放送:午後1時5分~1時34分

第1回 漂流する施設出身の若者たち
2014年7月 1日(火) 再放送7月   8日(火)

第2回 “巣立ち”に寄り添う児童養護施設の試み
2014年7月 2日(水) 再放送7月   9日(水)

第3回 “最後の砦” 自立援助ホーム 
2014年7月 3日(木) 再放送7月 10日(木)

第4回 反響編 
2014年7月 30日(水) 再放送8月   6日(水)