本文へジャンプ

【出演者インタビュー】安藤桃子さん「寄り添ってくれる人がいるというのは、どれだけありがたいことか」

2015年11月27日(金)

20151130_ando.jpg

11月30日放送(12月7日再放送)
ブレイクスルー
File.43 “寄り添う”人生には価値がある
―漫画家・歌川たいじ―
にご出演された映画監督の安藤桃子さんにメッセージをいただきました。



――今回の主人公は、漫画家の歌川たいじさん。ゲイであること、両親の離婚、虐待、いじめ、うつ……それらと愚直に向き合い、乗り越えた経験からつむがれる絵と言葉は、多くの人の心をつかんでいます。自身の経験から、ただ“寄り添う”だけでも肯定できる人生があるとお話しされていましたが、収録を通してどのようなことを感じましたか。

 

たいじさんの書かれた漫画を事前に読んだ上で今回お会いしたんですが、本から伝わってきたものと変わらぬ同じような暖かさや優しさ、これまで乗り越えてきた傷や心のひだの部分というのがご本人からも感じられました。意外と作品とご本の印象が違う方も多いから。でも、たいじさんは表現されているものとご本人のギャップがなくて、温かくてとても紳士な方でした。お会いできてよかったです。


詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >  
 

【出演者インタビュー】風間俊介さん「寄り添う誰かが自分の価値観を見出してくれることもある」

2015年11月27日(金)

11月30日放送(12月7日再放送)
ブレイクスルー
File.43 “寄り添う”人生には価値がある
―漫画家・歌川たいじ―
にご出演された俳優の風間俊介さんにメッセージをいただきました。



――今回の主人公は、漫画家の歌川たいじさん。ゲイであること、両親の離婚、虐待、いじめ、うつ……それらと愚直に向き合い、乗り越えた経験からつむがれる絵と言葉は、多くの人の心をつかんでいます。歌川さんとお話されて、どのようなことが印象に残りましたか。

何よりも歌川さんの人柄ですよね。すごく温かい方で、お話を聴けば聴くほど「だから温かいんだ」と思いましたし、それと同時に、「それだけのことがあったのになんでそんなに温かくいられるの?」ということも感じて、そのふたつが混在しているところにすごく興味をひかれました。


詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >  
 

【出演者インタビュー】YANO BROTHERS「つらい経験をしてもそれをポジティブな力に変えてほしい」

2015年11月06日(金)

11月9日放送(11月16日再放送)
ブレイクスルー
File.42 We are “JAFRICAN”
―日本×ガーナ 二つの祖国に抱かれて―
にご出演されたYANO BROTHERSのみなさんにメッセージをいただきました。


《YANO BROTHERS プロフィール》
日本人の父とガーナ人の母を持つ兄弟3人のボーカルユニット。メンバーは、長男の矢野マイケル(36)、次男のデイビッド(34)、そして三男のサンシロー(31)。2年前にグループを結成して以来、「日本」と「アフリカ」をブレンドした“JAFRICAN”と呼ばれる独自の世界観を持つ音楽ジャンルを切り拓き、注目を集めている。



―ブレイクスルーに出演されて、いかがでしたか。

20151102_yb1.jpgマイケル:番組のおかげで自分のことを考えるきっかけになったし、家族の距離がもっと近くなったような気がしました。遅くまでいろいろ頑張っていただいたスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

デイビット:自分の人生を振り返ることってなかなかないし、振り返ろうと思っても自分の力で掘り下げられるところには限界があるので、こうしたきっかけをもらえてよかったです。考えさせられた部分もあったけど、今のYANO BROTHERSにとって、このタイミングで過去を振り返られたというのはすごくいい機会だったというのが率直な感想です。僕らの音楽にとって大きな財産になると思います。僕らは2つの文化を持っているという意識で活動していながらも、どこかでそのことをちゃんと見ることができていなかったかもしれません。2つのルーツを音楽にしようとしていることに対して、もっと自信を持っていいとすごく感じました。


詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >  
 

【出演者インタビュー】風間俊介さん「自分のアイデンティティを考えてみて」

2015年11月06日(金)

11月9日放送(11月16日再放送)
ブレイクスルー
File.42 We are “JAFRICAN”
―日本×ガーナ 二つの祖国に抱かれて―
にご出演された俳優の風間俊介さんにメッセージをいただきました。



――今回のゲストは、日本人の父とガーナ人の母を持つ兄弟3人のボーカルユニット “YANO BROTHERS”です。ふたつのルーツと向き合う葛藤の中から生まれまれた“JAFRICAN”という独自の音楽を披露してくれましたが、彼らの魅力はどこにあると感じましたか。

これまでいろんなことに悩んで、葛藤してきた3人が、同じ思いを抱えながら歌うからこそ、歌声に力強さがあるなと思いました。YANO BROTHERSだからこそ伝えられるものがしっかりとあることが何よりも魅力だと思います。


詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >  
 

【出演者インタビュー】安藤桃子さん「三人の経験が音楽と結びついて美しいハーモニーを生み出している」

2015年11月06日(金)

20151109_ando2.jpg

1月9日放送(11月16日再放送)
ブレイクスルー
File.42 We are “JAFRICAN”
―日本×ガーナ 二つの祖国に抱かれて―
にご出演された映画監督の安藤桃子さんにメッセージをいただきました。



――今回のゲストは、日本人の父とガーナ人の母を持つ兄弟3人のボーカルユニット “YANO BROTHERS”です。二つのルーツと向き合う葛藤の中から生まれた“JAFRICAN”という独自の音楽を披露してくれましたが、彼らの魅力はどこにあると感じましたか。

三人の兄弟愛というか、掛け合いとバランスがすごくおもしろくて、それが音楽に出ているなと思いました。声の違いも歌い方の違いも含めて三人三様の個性を持っていて、すごく素敵でした。日本に来た時期や歳の差というのが三兄弟だからこそ当たり前にあって、つらいことがあると三人で乗り越えてきた。彼ら兄弟しか見ていない、感じていない、体験していない状況がきっとあったと思うんです。それが今、音楽と結びついた時に、調和という形になってハーモニーを生み出している。美しいなと思いました。


詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >  
 

【出演者インタビュー】風間俊介さん「"その人が何を持っているか"を感じたときに僕は心を動かされる」

2015年11月02日(月)

11月2日放送(11月9日再放送)
ブレイクスルー
File.41 私が前例をつくりたい
―声楽家・青野浩美―
にご出演された俳優の風間俊介さんにメッセージをいただきました。

 

――今回の主人公は、声楽家の青野浩美さんです。青野さんは原因不明の病で23歳のときに人工呼吸器を付けるため気管切開を行いましたが、「歌うことを絶対にあきらめたくない!」という思いから「スピーチカニューレ(管)」という医療器具を付けて歌う方法にたどり着き、活動を続けています。収録を通して、青野さんの印象はいかがでしたか。

歌うことが自分の中の主軸だから、そのためにはどうしたらいいのかということをまっすぐに考えていて、本当にシンプルな方だなと思いました。好きなものに対してシンプルに接することができるってすごいですよね。今回は「私が前例をつくりたい」というタイトルでしたが、僕はこれまである程度先人が築いてきた道に対して学んできたから、前例がない道というのを恐らく歩いたことがないんですよ。だから、気管切開をしてでも歌う方法を見つけ出した青野さんは本当にすごいと思いますし、それを困難な道と捉えていない精神が何よりも強いなと感じました。


詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >  
 

【出演者インタビュー】青野浩美さん「何もせずに無理と言ってしまうとそれで終わりだから、もったいない」

2015年11月02日(月)

20151102_1.jpg

11月2日放送(11月9日再放送)
ブレイクスルー
File.41 私が前例をつくりたい
―声楽家・青野浩美―
にご出演された青野浩美さんにメッセージをいただきました。


《青野浩美さんプロフィール》
声楽家。原因不明の病で23歳のときに人工呼吸器を付けるため気管切開を行う。しかし、「歌うことを絶対にあきらめたくない!」という思いから「スピーチカニューレ(管)」という医療器具を付けて歌う方法にたどり着き、活動を続けている。


――今回番組にご出演されて、いかがでしたか。

楽しかったです。普段は全国を巡りながら歌う日々で、あまり過去を振り返ることはないんですが、改めて番組で振り返ることができて、これまで思ったいろんなことをこの先につなげていけると感じました。


詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >  
 

【出演者インタビュー】安藤桃子さん「人としての本能に突き動かされている!」

2015年11月02日(月)

20151102_ando.jpg

11月2日放送(11月9日再放送)
ブレイクスルー
File.41 私が前例をつくりたい
―声楽家・青野浩美―
にご出演された映画監督の安藤桃子さんにメッセージをいただきました。



――今回の主人公は、声楽家の青野浩美さんです。青野さんは原因不明の病で23歳のときに人工呼吸器を付けるため気管切開を行いましたが、「歌うことを絶対にあきらめたくない!」という思いから「スピーチカニューレ(管)」という医療器具を付けて歌う方法にたどり着き、活動を続けています。収録を通して、青野さんはどのような方だと印象に残りましたか。

めちゃくちゃ元気で、何事にも挑戦するというか、何が向かってきても乗り越えるようなポジティブなエネルギーにあふれる方でした。パッと見あっけらかんとしていて、元気な方だと思いましたけど、お話ししたり、歌声を聞いたりしていると、それと同じくらい繊細で深い感情を持っている方だとわかりました。


詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >  
 

【出演者インタビュー】スプツニ子!さん「生命科学の進歩で、今まで人間が触れられなかった自然のルールが、一気に目の前に開かれた」

2015年10月01日(木)

20151005_a.jpg

10月5日放送(10月12日再放送)
ブレイクスルー
File.39 会えるはずなかった 私の子どもへ
に出演したスプツニ子!さん


《スプツニ子!さんプロフィール》
マサチューセッツ工科大学メディアラボ助教
現代アーティスト


MITのスプツニ子!さんの研究室に所属する長谷川愛さんは、女性ふたりの遺伝子を解析、その間に出来うる子どもの姿をシミュレーションするというアート作品を制作した。指導教官という立場で、作品づくりに関わってきたスプツニ子!さんに話を伺いました。
 



――スタジオでは実際にシミュレーションをした牧村朝子さんと電話をつなぎました。収録を通してどのようなことを感じましたか。

「人類のこれから」というスケールの大きな話をしていながらも、やっぱり作品を作る過程で牧村さんたちと個人的に関わっていくことが増えれば、個人の気持ちが絶対にそこにはあるので、牧村さんはどう考えているのかな、傷つけなかったかなと思って、ミクロからマクロへのスケールの“ぶれ”がありました。やっぱり牧村さんの涙を見てしまうとね……。でもそれはこれまで経験したことがない“ぶれ”で、何がでてくるかわからない挑戦だったんですけど、番組内で牧村さんと直接話せたことはすごく意義があったと思います。この番組を見た方はどんなことを思っているのか。声を上げたいと思ったらどんどん上げてほしいですね。TwitterでもFacebookでも、それを世界に発信してほしいし、私もそれを聞きたいです。


詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >  
 

【出演者インタビュー】風間俊介さん「比喩でも何でもなく"人類のこれからのあり方 "の話」

2015年10月01日(木)

10月5日放送(10月12日再放送)
ブレイクスルー
File.39 会えるはずなかった 私の子どもへ
にご出演された俳優の風間俊介さんにメッセージをいただきました。



――収録を終えて、感想を教えて下さい。

今回は比喩でも何でもなく「人類のこれからのあり方」の話なので、もはやスタジオのメンバーだけで話す議題ではないですよね。多くの人にテレビを見てもらって、みんなで考えたいと思いました。


詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >