本文へジャンプ

【出演者インタビュー】安藤桃子さん「人生は足していくのではなく、引いていくもの」

2014年09月05日(金)

20140901_ando.jpg9月8日放送(9月15日再放送)
ブレイクスルー
File13 『生』の証を叫ぶ 書道家・石井誠
にご出演された映画監督の安藤桃子さんにメッセージをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

――今回の主人公は、全身の筋力が徐々に衰えていく先天性筋ジストロフィーを患いながらも、”書くこと”を続ける書道家・石井誠さんです。収録はいかがでしたか。

今回のブレイクスルーは石井さんの書にすべての答えがあると思いました。命を削りながら表現している彼の作品を見ると、人生は“足していく”だけではなく“引いていく”ものなんだと感じました。生きていれば年齢も知識も積み重なっていくけど、死ぬときに荷物は持っていけませんから、最後にいかに軽くなれるか、そして魂をむき出しにできるかだと思います。ただし経験はできる限り増やしていくことが大切。その矛盾と真理みたいなものを作品から感じて、すごく感動しました。

そして、石井さんは早い時期から死と向き合って生きてこられましたけど、誰だっていつ死ぬかわからないし、もしかしたら明日私も事故に遭うかもしれませんよね。だから、生きている間は常に死に物狂いで居続けなければいけないんだと思います。継続は力なりと言いますが、そういう思いを持ち続けて生活していくことが本当に大切だと改めて感じました。

【出演者インタビュー】風間俊介さん「当たり前のように人の可能性を信じてあげることが大切」

2014年09月01日(月)

9月1日放送(9月8日再放送)
ブレイクスルー
File12 JK★可能性を信じてる
にご出演された俳優の風間俊介さんにメッセージをいただきました。

 

――第12回は、行き場を失った少女たちや性産業などに足を踏み入れてしまった若者に寄り添い、問題解決に取り組んでいる仁藤夢乃さんの日々を追いました。女子高生の「リアル」な現状をご覧になって、いかがでしたか。

今回紹介した現状は僕が学生の頃からあった問題ですし、あまり驚くような話ではないかもしれません。でも、「いつの時代にもあることだから」と言って放っておいていいわけはないですし、なくそうと思う人がいなくなったら世の中は終わりだと思います。だからこそ仁藤さんの活動にはすごく大きな意味があると思いました。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【出演者インタビュー】仁藤夢乃さん「若者の問題ではなく"大人の問題"」

2014年09月01日(月)

20140908_nitou.jpg9月1日放送(9月8日再放送)
ブレイクスルー
File12 JK・可能性を信じてる 仁藤夢乃
にご出演された仁藤夢乃さんにメッセージをいただきました。

 

 

《仁藤夢乃さんプロフィール》

“Colabo”代表

 

 

 

――番組では行き場を失った少女たちの抱える様々な問題を考えました。 今回収録に参加されて、どのような感想を持ちましたか。

この問題はどうしても「本人に貞操観念がない」とか、「この子がダメだから」という議論になって、“若者の問題”と思われることが多いのですが、本当はそういう環境を作っている“大人の問題”なんですね。そのことを風間さんも安藤さんもすごく理解してくれて、“特別な子どもだけの問題ではない”ということをみんなに伝えられたと思います。きっと多くの人が通勤の電車の中などでそういう女の子とすれ違っているはずなんですよ。でも、みんな自分のことで精一杯だから、どんどん問題が見えにくくなってきているんです。そこをもっと見えるようにしていくことが必要だと思っています。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【出演者インタビュー】安藤桃子さん「難民高校生は別世界のことじゃない」

2014年09月01日(月)

20140908_andou.jpg9月1日放送(9月8日再放送)
ブレイクスルー
File12 JK・可能性を信じてる 仁藤夢乃
にご出演された映画監督の安藤桃子さんにメッセージをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

――第12回は、行き場を失った少女たちや性産業などに足を踏み入れてしまった若者に寄り添い、問題解決に取り組んでいる仁藤夢乃さんの日々を追いました。女子高生の「リアル」な現状をご覧になって、いかがでしたか。

今はものすごい勢いで情報が発信されているし、それを手に入れるツールも増えているから、人の能力を超えるような速さで物事が流れ込んできますよね。それにうまく順応して生きているのが若者たちですから、大人たちがなかなかついて行けないは当たり前なのかもしれません。でも決して「別世界」だと思ってはダメだと感じました。選ぶ権利も生きる術も持っていなく、誘惑されるとそこに何かがあるかもしれないと思って踏み込んでしまうのは、その子たちだけの問題ではないと思います。正直私、怒りを覚えました。「へえー、そんな現状があるんだ」と大人が言っている場合じゃないですよ。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【出演者インタビュー】風間俊介さん「つらいことがあるからこそ、輝くこともできる」

2014年08月04日(月)

8月4日放送(8月11日再放送)
ブレイクスルー
File11 失うことで見つけた“幸せ” ―義足のヴィーナスたち―
にご出演された俳優の風間俊介さんにメッセージをいただきました。

 

 

――今回は、突然の事故や病気で脚を失うというとてもつらい現状にぶつかりながらも、義足をつけながら様々な分野で活躍する女性たちのブレイクスルーに迫りました。収録はいかがしたか。

当たり前ですが、脚を失うことは喜ばしいことではありません。でも、それを受け入れて、乗り越えた瞬間に、みなさんが元々持っていた魅力が何倍にもなって、輝きを放っているなと思いました。僕にはできないこと、やらないことにも自分らしく挑戦していて、「あなたが魅力的なのは、きっと“自分の足”でしっかり立っているからだ」と思わせる力がありましたね。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【出演者インタビュー】安藤桃子さん「脚を失った状況を"ひっくり返せる"力のすごさ」

2014年08月04日(月)

20140728_2.jpg

8月4日放送(8月11日再放送)
ブレイクスルー
File11 失うことで見つけた“幸せ” ―義足のヴィーナスたち―
にご出演された映画監督の安藤桃子さんにメッセージをいただきました。

 

 

 

 

 

 

――今回は、突然の事故や病気で脚を失うというとてもつらい現状にぶつかりながらも、義足をつけながら様々な分野で活躍する女性たちのブレイクスルーに迫りました。収録はいかがでしたか。

乳がんや病気で身体的な欠損を抱える人に対して、物理的に肉体を埋めてあげることで同時に心も埋めてあげるという仕事、メディカルアーティストを実は自分の初監督作品で取り上げているんです。その時に義肢装具士の方々や身体的な欠損を持っている方たちを取材したことをまず今回は思い出しました。

肉体の一部を失うということは、同時に心にも大きな穴が空くことだと思います。もしかしたら心の空洞は肉体的な欠損以上に大きいのかもしれない。それでも受け入れて、むしろそれをフルに生かし、人生を謳歌しようと前向きに生きているみなさんの姿がとても印象的でした。身体的な障害のありなし関わらず、自分が生まれ持った能力を見つけて、それをいかに輝かせるかというのは、すべての人に与えられた人生のテーマだと思います。まさにそれを実践している女性たちに出会えた収録でした。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【出演者インタビュー】臼井二美男さん「少しでも前に進んでもらいたい」

2014年08月04日(月)

20140728_3.jpg

8月4日放送(8月11日再放送)
ブレイクスルー
File11 失うことで見つけた“幸せ” ―義足のヴィーナスたち―
にご出演された臼井二美男さんにメッセージをいただきました。

 

《臼井二美男さんプロフィール》

義肢装具士。

 

 

 

――これまで多くの義足を作ってきた臼井さんですが、どのような思いを持って仕事に取り組んでいるのでしょうか。

普段あまりそういうことを考えたりはしないんですが、出会った人のために何か力になってあげたいとか、少しでも前に進んでもらいたいという気持ちですかね。改めて聞かれるとそう思います。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【取材記】「足を失って良かった」と思える日

2014年08月02日(土)

今回、「アンプティサッカー」の撮影で息が詰まりそうだったのは、足を切断してまだ3か月の五十子さんのロケでした。

最初に会ったのは、「FCアウボラーダ川崎」が主催するアンプティサッカーの体験会。
くしくも、ロケの初日です。


20140802_001.jpg
体験会後の記念撮影。みなさんとの距離の遠さが緊張の度合いを示してます・・・

【出演者インタビュー】風間俊介さん「抱えているつらさを理解し合えた時に、信頼関係は強くなる」

2014年07月25日(金)

7月28日放送(8月4日再放送)
ブレイクスルー
File10 義足を脱ぎ捨てフィールドへ!
にご出演された俳優の風間俊介さんにメッセージをいただきました。

 

 

――今回のブレイクスルーは、事故などで足を切断した選手たちが杖を駆使して、片足だけでボールを蹴るアンプティサッカーを見ていきました。

アンプティサッカー超面白いですね!もうブレイクスルーという番組の本質を抜きにして、ひとつの新しい魅力的な競技を見せてもらったような収録でした。

 

――スタジオにはFCアウボラーダ川崎の選手たちにもお越しいただきましたが、お話されて特に印象に残った言葉はありましたか。

「障害のことを花粉症とか食物アレルギーのようなものだと思えたらいい」というお話は、素晴らしい考えだと思いました。僕は花粉症の友人もいますし、食物アレルギーを持っている友人もいますが、食事をした時や花粉の季節になると「ああそういえば」と思い出すんですよね。今回の収録でも、正直、障害のことを忘れてしまう面白さがあって、ふとした時に「そういえば障害のある方の競技なんだっけ」って、そんな感じだったんです。でも、それが理想だなというふうに感じました。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【出演者インタビュー】安藤桃子さん「思考を巡らせる前に体を動かすことで気づけることはある」

2014年07月25日(金)

20140728_4.jpg

7月28日放送(8月4日再放送)
ブレイクスルー
File10 義足を脱ぎ捨てフィールドへ!
にご出演された映画監督の安藤桃子さんにメッセージをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

――今回のブレイクスルーは、事故などで足を切断した選手たちが杖を駆使して、片足だけでボールを蹴るアンプティサッカーを見ていきましたが、収録はいかがでしたか。

障害のある方の競技だという印象は全く感じませんでした。健常者のスポーツよりハードな部分もあるし、みなさんの身体能力がすごく高くて、見ているこっちが大興奮。アスリートとしてのレベルの高さに驚かされました。これから参加する人も見る人もどんどん増えていくだろうなと思いますね。やっぱり観戦している人が面白いと思わないとスポーツ競技として伸びていかないと思うんです。そういう意味でもアンプティサッカーはすごくポテンシャルが高いと感じました。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >