本文へジャンプ

【ブレイクスルー File.77】松本ハウス「自分で考えて出した答えなら、それが正解」

2017年05月01日(月)

ロゴ画像・ブレイクスルー.jpg5月8日ブレイクスルーのゲストは、松本ハウス!
90年代半ばから、バラエティー番組を中心に大ブレイク。しかし、統合失調症の悪化で10年間の活動休止へ。支え合いながらたどり着いた独自の笑いとは… 収録後、松本ハウスさんにお話をうかがってきました!

  もくじ・・・▼ 松本ハウスがブレイクスルーにやってきた!コンビ愛・・・焦らず、あきらめない

写真・スタジオでの松本ハウス

 

 松本ハウスがブレイクスルーにやってきた!


スタジオトーク、加賀谷さんの幻覚を再現したVTRもありましたが、いかがでしたか?

キック : すごく内容の濃い時間だったかな、と。
加賀谷 : 今回は今まで話していなかったことも話させてもらいました。
キック : え、どれどれ? どの話?
加賀谷 : いや・・・、忘れました。
キック : 忘れたんかい。
加賀谷 : キックさんこそ! なんなんですかあの再現VTR!
キック : お前の幻覚体験のな。
加賀谷 : そうですよ、キックさんのあのスナイパーはなんなんですか?!
キック : めちゃリアルに再現できてたやろ。
加賀谷 : 全然怖さが伝わってこなかったですよ!あんなの笑っちゃいますよ。
キック : いやいや、本当の恐怖を感じたら人間は笑っちゃうんだよ。
加賀谷 : 違う意味の笑いでしたよ。
キック : でも最後の銃口が向けられた映像は怖かったな。
加賀谷 : ドアのポストからライフル銃がぬーっと出てくるシーンですね。あれは当時のことを思い出してぞっとしましたね。
キック : 俺もお前の監督姿にはぞっとしたわ。
加賀谷 : 相当、様になってたみたいですね。

写真・監督姿のハウス加賀谷さん.jpg

キック : 最初だけで、ほとんど俺が演技指導とか演出してたやないか!
加賀谷 : 当たり前じゃないですか。監督を支えるのが助監督の仕事ですから
キック : いつから俺が助監督になってたんや!


風間さん、AIさんとのトークはどうでしたか?

キック : 話しやすかったですね。お世辞ぬきにお2人とも、聞き上手!
加賀谷 : AIさんと何度か目が合ったんですけど、もしかして僕のこと好きなんですかね?
キック : そんなわけないやろ。お前の妄想だよ。
加賀谷 : 風間さんとも何度か目が合ったんですけど・・・
キック : そんなわけないやろ!
加賀谷 : 目は合いましたよ!まだなにも言ってませんし。
キック : え? 大事なことでも言うの?
加賀谷 : 言いますよ、大事なことも。
キック : そんなわけないやろ。
加賀谷 : たまにはありますよ!
キック : でもほんと、楽しかったですね。
加賀谷 : 僕はもっと楽しかったです!
キック : 何の張り合いやねんこれは。


 

 コンビ愛・・・ 


山あり谷ありのコンビの歴史を振り返ってみて、改めて感じたことは?

加賀谷 : かれこれ26年になりますが、しゃくですけど、僕は相方に恵まれていますね。基本的には変わらず楽しいですけど、コンビとして辛い時期もありました。でも僕のおかげで乗り越えれました!キックさんも幸せだと思いますよ!
キック : ・・・まったくその通りです。

加賀谷 : い、いえ、あの、けなしてくれないと、僕が嫌味な人間みたいじゃないですか!
キック : まったくその通りです。
加賀谷 : どっちなんですか?!
キック : でもよく考えてみると、僕は人生の半分以上を、加賀谷とのコンビに費やしてるんですよね。
加賀谷 : それってすごいことですよね。
キック : 辛いことも、苦しいことも、楽しいことも、嬉しいことも一緒に味わってきた・・・。
加賀谷 : はい。
キック : 組むべくして組んだのかな、と思うんですよね。
加賀谷 : 僕は運命を感じてます!
キック : そうなんだ~。俺はもうそろそろ別の相方を探そうかなと。
加賀谷 : ダメですよ!! 絶対ダメ!! 
キック : ちょっと1回、「いいよ~」って言ってみよか?
加賀谷 : ダメですよダメ! キックさんは、ちゃんと僕のお世話をしないといけないんですから。
キック : 俺はお前の世話係か(笑)


 

 焦らず、あきらめない


当事者のみなさんへのメッセージをお願いします。

加賀谷 : 精神疾患の治療には、長い時間かかると思います。僕も入院してから再結成するまで10年かかりました。この10年が長いのか短いのか、僕はプロではないので分かりません。でも人間“加賀谷潤”として、人生において必要な10年間だったと思うんです。その10年で気づいたことが2つあります。
1つは焦らないこと。人それぞれ環境や境遇は違うので、人と比べるものではないんです。そしてもう1つは決してあきらめないこと。焦らず、あきらめない。これが大事ではないのかと僕は思います。

キック:相談すること。僕らも行き詰まったときは何度も相談してきました。相談して、「ああしよう」「こうしよう」とやってみる。でもまた行き詰る。それでも、負けじとまた相談する。そうしているうちに、成功する部分や新たに発見することが見つかってくるんですね。前を向いていても後ろを向いていても、人は進んで行きます。でも、この進むということが大切なんですね。進めば何かが変わります。そこには必ず違う風景が待っていますよ。徐々に、徐々にです。

今回の番組を通して、視聴者に伝えたいことはありますか。

加賀谷:誰でも、多かれ少なかれ悩みごとやつまずくようなことはあると思うんです。でもそんな時こそ、自分をよく見つめなおすチャンスだと思うんです。それで終わりではないんです。
キック:統合失調症は、100人いれば100人とも症状が違います。だから統合失調症という病気は、とても個性的だなと思うんですよ。病気だからと言って病人として見るのではなく、病気の前には“個人”がいるということを忘れないでほしいですね。
加賀谷:そして、僕がどれだけいい男かということも忘れないでほしいですね。
キック:今のは忘れてもらっていいんですけど。
加賀谷:いやいや。
キック:どんな時でも、現状を受け入れる。そしてどうすべきかを考えれば、行き止まりの道も開けます。ただ、開かれた道が間違っていた、なんてこともあるかもしれない。だけどその時に自分で考えて出した答えなら、それが正解なんです。
加賀谷:深いですねえ~。ジャンボハンバーグを食べようか、ステーキを食べようか迷ったら、両方食べてもいいってことですね。
キック:うん、まったく違うね。

その他、言っておきたい、話したりなかったこと等はありますか?

加賀谷:いっぱいあるんですけど、話せば長くなるんで、詳しくは僕たち松本ハウスの本を読んでもらえればと思います。
キック:宣伝やないか!
加賀谷:本当に、よろしくお願いします!!
キック:ありがとうございました。
加賀谷:いえ、どういたしまして。
キック:お前に言ったんじゃないよ。
加賀谷:皆さま、本当にありがとうございました!

 

関連情報
『ハートネットTV』
 ブレイクスルー File.77 芸人人生 山あり谷あり ―お笑いコンビ 松本ハウス―
 2017年5月8日(月)夜8時[再放送:2017年5月15日昼1時5分]

【お役立ち情報】統合失調症
 
「統合失調症」に関する相談窓口・関連番組・インタビューなどをまとめています

コメント

とても
わかりやすく
しょうじょう

^o^ 漫才 ^o^

取り入れて
おもしろく
楽しく
理解できます。

投稿:おこらんど 2017年08月10日(木曜日) 08時54分

ステキなコンビ愛。
感激、
感動、
まえから、
松本ハウス

ファン、
会話起こすと

味が、マス。

ずっと ファンです。

おこらんど

おぎようこ

墨あそび詩あそび土あそび

投稿:おこ 2017年06月12日(月曜日) 04時22分

今回視聴して、自分も幻覚こそなかったもののまったく同じ症状を持っていたことに改めて気づかされました。僕も統合失調症で精神手帳3級です。本当にかがやさんの言う通り滑稽ですが、当時は真剣に恐怖そのものでした。私もスナイパーに狙われていると思ったものです。妄想はひどいものでした。過去を再現してくださったかがやさんに感謝します。エールを仲間として送りたいです。ありがとうございました。

投稿:ユウタ 2017年05月11日(木曜日) 21時45分

本当にお二方のおっしゃる通りですね‼あたしはB型就労を通っていた頃、精神中心の作業所だったんです。でもほとんどが『統合失調症』で全員って言ってもいいくらい。それ以外の方は2.3人くらいですね。今はB型は通っていないけど、困った時は保健師さんやお世話になった作業所のスタッフの方に相談しています。しかし、『統合…』は長い目で見なければならないものだから焦って仕事探しても、ただ病院のデイケアや作業所へ通うだけでは無理だし、薬を飲めばいいっていう訳ではないのです。あたしは『統合…』ではないのですが他の精神の病気も同じことなので自分のことを見直すことが大事だとあたしはそう思います。

投稿:じゅんこ 2017年05月11日(木曜日) 01時29分

私は覚醒剤などやっていないのに、テレビでよく覚醒剤を使うとこんな症状がでる。のと一緒でした。衛星放送から私は監視されていて、私の生活を渋谷や新宿の大きな画面に流されているのだと思っていました。プラスチックでできた小さめのタンスに白い粉が付いていて後に明け閉めの時にできたプラスチックのカスだとわかったけど、私の友達にはヤンキーが多くて私の寝ている間に覚醒剤を入れられたと思い込んでいました。手を何回も洗ったりスーパーへ行っても私が商品を手にしたら汚れるし、壊してしまうんじゃないかと思っていました。キックさんの支えには愛情があると思いました。そこまで面倒看てくれる人は絶対いません。キックさんの奥さんの支えも凄いと思いました。もし私だったら加賀谷さんは治療に専念させてあなたはあなたの道を歩きなさいと言っていたと思います。見捨てます。キックさんの出来る事だけやればいい出来ないことは出来ないんだから、頭ではわかっていても身体に浸透するまで凄く時間かかりますけどね。確かに。私もよく美味しいもの食べて好きなことしなさいといわれます。出来ないことはやらない同じ統合失調症としてキックさんの言葉が励みになりました。

投稿:グーちゃん 2017年05月10日(水曜日) 03時05分