本文へジャンプ

【出演者インタビュー】高田裕士さん「僕にとって努力を積み重ねるのは当たり前で、自然なことなんです」

2015年06月01日(月)

20150601_y.jpg

6月1日放送(6月8日再放送)
ブレイクスルー
File.32 共に挑み、走り続ける―陸上競技選手 高田裕士 千明―
にご出演された高田裕士さんにメッセージをいただきました。


《高田裕士さんプロフィール》
デフ(聴覚障害)陸上選手 400mハードル 日本記録保持者

聴覚障害のある陸上選手


――今回の収録はいかがでしたか。

すごく緊張しましたけど、風間さんが話しやすいようにうまくフォローしてくれたので、助かりました。


詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >  
 

――努力を重ねてさまざまなものを勝ち取っていく裕士さんの姿を見て、風間さんは「自分の道を自分で切り開いている」と話していましたが、裕士さんとしてはその努力は当たり前のことなのでしょうか。

僕は勉強にしても運動にしても自分に才能があるとは思えなかったんです。人の二倍三倍練習しないと土俵にも上がれないというのは子どもの頃からすごく感じていたので、できるようになるまでコツコツと努力を積み重ねるというのはもう当たり前で、自然なことなんですね。

――努力していてもなかなかうまくいかず、諦めてしまう人もいると思いますが、子どもたちにはどのようなことを伝えたいですか。

今持っている夢がこれから先もずっと同じである必要はないと思うんです。大きくなるにつれて自分のやりたいことも変わっていきますからね。大事なのは、夢が変わった後も新しい夢に向かってハードルを乗り越えようと全力でチャレンジしていくこと。そこは伝えたいなと思います。
そして、まだ自分の夢がはっきりしていない子どもたちは、身近なことからでいいので、「これはしっかりできるぞ」ということをコツコツと増やしていくことが大切だと思います。そのなかで自分の長所や短所は見つかるものです。何もしなかったら自分の強みはわからないので、いろいろなことにチャレンジする気持ちは大事にしてほしいなと思います。

――裕士さんの現在の目標を教えて下さい。

2017年のデフリンピックで金メダルを取り、息子の諭樹にかけてあげることが一番の夢ですね。そこにフォーカスして全力で取り組んでいきたいと思います。

――諭樹くんにはどのような大人になってほしいですか。

職業として「こうなってほしい」というのは特にありませんが、自分が真剣になれる夢を見つけて、そこに向かって全力で頑張ってほしいなとは思います。人としては、諭樹は優しいところがあるので、その気持ちを忘れずに、止まっている人がいたら手を差し伸べてあげられるような大人であってほしいなと思いますね。

コメント

※コメントはありません