本文へジャンプ

【出演者インタビュー】風間俊介さん「足がないことさえ冗談にできる二人の信頼関係」

2015年03月23日(月)

3月30日放送(4月6日再放送)
ブレイクスルー
File.25 僕はスーパーマン!
―シッティングバレーボール  嵯峨根望―

にご出演された俳優の風間俊介さんにメッセージをいただきました。

 

――今回のブレイクスルーではどのようなことを感じましたか。

どんな状況でも、周りの仲間に恵まれていればマイナスをプラスに考えられるという、人と人とのつながりの大切さみたいなものをすごく感じました。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

――嵯峨根さんと中塚さんのどのような関係がブレイクスルーにつながったのだと思いましたか。

番組でも話していた「足以外は全て見せてくれていた。そして、やっと足も見せてくれた」という二人の信頼関係だと思います。友達同士なら足がないことさえ日常の冗談にできたりする。そういう二人の関係に全てが詰まっている回だと思いますね。本当に信頼できる人同士でしっかりとコミュニケーションを取ることができたら、ある意味“障害がある”ということはもうどうでもよくなるのかなと思うんですよ。“この人”が好きだから、別に足がないことはどうでもいい、という関係。そこへ一緒にたどり着ける仲間がひとりでもいたら、きっと障害を乗り越えるというのは後から勝手についてくるような気がしましたね。

 

――スタジオではシッティングバレーボールに挑戦してもらいましたが、そもそもこの競技はご存知でしたか。

知ってはいたんですけど、映像を見るのは初めてでした。実際に体験してみるとわかりますが、あれは本当にすごいですよ!腕の筋力も相当つくと思いますね。そして、嵯峨根さんが話していた「足がないからこそスピードが他の選手より速い」というのは、まさにマイナスがプラスに転じる瞬間で、それをポンと言ってくれる嵯峨根さんのあの感じはすごくいいなって思いました。今日は本当に好感度が超高い二人でしたね。すごく楽しかったです。

コメント

わたしも同じ和泉市在住です。こんな身近のところで頑張っている若者がいたなんて!!
些細なことで気が滅入り体調も崩してしまっていた私。職場でこの記事を見てハット目が覚めた思いです。少しでも私も彼に近づけるように頑張ります!!
シッティングバレーボール応援しています!!!

投稿:akantare 2015年03月31日(火曜日) 12時00分

今の私にナイスなタイミングの事でした、私は股関節が弱く今まで、健常者なんだと自分に言い聞かせ、歩く姿をなるべく人には見せない自分は、障害ではないと言い聞かせて、保育園で働きました、でも限界もあり、命を預かる仕事で、やはり自分私の足の私が悪さを認める勇気を持
ちました、私が結婚の時に姑が私が足が悪いので結婚は、だめと私に隠れて旦那に言っていたことを後で知りました、悔いでも、目の前の旦那
がいいよ、と言うのでOKです。二人の子供も足が悪いのどこが?いけないのて笑います。弱いから、優しくなれました、結婚いい人が必ず現れます!

投稿:マム 2015年03月30日(月曜日) 21時55分