本文へジャンプ

【取材記】子どもクライシス、その背景とは?

2014年04月01日(火)

ハートネットTV、ディレクターの青山です。
4月、子どもクライシスと題した特集を組みました。「子どもの貧困」という言葉を聞いて実感を感じられますか?あまりないという方が大半なのではないでしょうか。
子どもを取り巻く現状は今、年々厳しさを増しています。子どもの貧困率は上昇し続け、現在15.7%、現在およそ6人に1人の子どもが貧困状態です。

20140401_kodomo001.jpg


子どもの貧困は餓死や心中などの事件が起こってはじめて明らかになる見えない貧困だといわれています。この1年、餓死や心中、虐待死などで犠牲になった子どもの数は報道されただけでも80人を越えています。

貧困が拡大し続ける中、国も動き出しました。今年1月、子どもの貧困対策法が施行。しかしまだ具体的な対策はまだ何も決まっていません。

子どもの貧困率が上がっている背景にはどんな理由があるのか?なぜ極限に追い込まれるまで見えないまま放置されてしまうのか?シリーズ1回目ではその実態を現場取材しました。


ハートネットTVでは4月、追いつめられる子どもたちの実態をシリーズでお伝えします。また4月末には皆さんの反響を受けて番組を制作します。


私たちの社会を未来へとつなぐ子ども。その希望をどう支えていくか、みんなで考えてみませんか?

 

◆シリーズ「子どもクライシス」放送予定
本放送:夜8時00分~8時29分
再放送:午後1時5分~1時34分

第1回  貧困・追いつめられる母子
本放送4月1日(月)、再放送4月7日(月)

第2回  失われゆく“居場所”
本放送4月2日(火)、再放送4月8日(火)

第3回  ある地域の挑戦
本放送4月3日(水)、再放送4月9日(水)

第4回  反響編
本放送4月30日(水)、再放送5月7日(水)

コメント

※コメントはありません