本文へジャンプ

【出演者インタビュー】菊池桃子さん「誰だって支え合いながら生きている」

2014年12月09日(火)

20141210_k.jpg

12月10日放送(12月17日再放送)
障害福祉賞(1)我が人生、気力に託す
―千葉・滝口仲秋さん―
ご出演の菊池桃子さんにメッセージをいただきました。

 

《菊池桃子さんプロフィール》

女優・戸板女子短期大学客員教授

 

 

 

 

――今回は、NHK障害福祉賞の矢野賞を受賞した滝口仲秋さん・雅子さん夫妻をゲストに迎え、お話を伺いました。車いす生活を送りながら、地域のバリアフリーマップ作りに励む滝口さんとお話されて、どのような感想を持ちましたか。

バリアフリーというのは障害を持つ方だけに必要なわけではなくて、それがあることでみんなが住みやすい街になりますよね。加えて、高齢化していく社会のなかで、私たちの今後の暮らしのためにもとても必要なことだと思います。誰でも住みやすい街を作るためにも、健常な方が考えるバリアフリーと、実際にご不便を感じてらっしゃる方が考えるバリアフリーでは違いもあると思うので、滝口さんの活動は本当に素晴らしいなと思いました。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【収録記】NHK障害福祉賞~「100点じゃなくていい」"自分らしく"で人生のよろこびを!

2014年12月04日(木)

ハートネットTV、WEBライターです。
障害者や障害者を支える人が書いた体験手記に送られる「NHK障害福祉賞」。その受賞者をご紹介するシリーズの収録に行ってきました。
番組で取り上げる体験手記は・・・
◆「我が人生 気力に託す ―千葉・滝口仲秋さん―」12月10日(水)放送
◆「高次脳機能障害と共に生きる ―東京・貝野光男さん―」12月11日(木)放送
の2作品です。

1日目にご紹介する滝口仲秋さんは、「一流の教育者を目指していた」という小学校教師の
頃の情熱そのままに、“地元の障害者のために自分ができること”を熱心に考え、様々な活動に取り組みます。そのひとつが“町のバリアを取り除きたい”。
そして、実際に町が変わっていきます…!
20141210_001.JPGのサムネイル画像
「ぼくにもできること、ぼくだからできること」。どのように気力を取り戻したのでしょうか?

【出演者インタビュー】奥山佳恵さん「自分で決めないと自分の人生じゃない」

2014年12月03日(水)

20141203_o.jpg

12月3日放送(12月10日再放送)
シリーズ 変わる障害者支援
第2回 
あなたの決断を支えたい
ご出演の奥山佳恵さんにメッセージをいただきました。

 

《奥山佳恵さんプロフィール》

女優・タレント。12歳と3歳、息子2人の子育てに奮闘中。

 

 

――第2回は、日本の障害者支援の現場で始まった“自己決定支援”の模索を紹介しました。収録の感想を教えて下さい。

障害があることで自分の意思をなかなか伝えられない、そして支援側も本人がどのようなことを思っているんだろうということがわかりづらいときに、その方の暮らしに寄り添うことで意思をくむことができたという事例ですよね。

前半のVTRの池田さんは、時間をかけて長く寄り添ってもらえたからこそ、この方はお食事が楽しみなんだとか、大事な選択はご本人でされたほうがいいんじゃないかということに気がついた。後半のVTRの市川さんは、家で暮らしたいという意思を明確に言葉にされてはいるんだけれども、現実的にそれを実現するのはなかなか難しく、家は老朽化して住める環境ではありませんよとお伝えしても、それでも帰りたいとおっしゃっている。どこまで状況を理解して帰りたいとおっしゃっているのか、そして、どう折り合いをつけていくかというのは、同じように時間がかかることだと思います。

共通していたのは、相手の気持をくんで、それを実現するためには、すごく時間がかかり、大変なことなんだということですよね。でも、誰だって必ず老いていくわけですから、時間をかけてでも本人の意思に向き合うという行程は、後々の自分たちに返ってくることでもあると思うんです。今の社会を作ることは、老いたときの自分のためでもあると思うので、自分の気持ちで自分の人生を生きていける世の中に私たちがしていきたいですね。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【出演者インタビュー】奥山佳恵さん「子どもの意思を信じることで、その子の人生はより輝く」

2014年12月02日(火)

20141203_o.jpg

12月2日放送(12月9日再放送)
シリーズ 変わる障害者支援
第1回 私のことは私自身で決めたい
ご出演の奥山佳恵さんにメッセージをいただきました。

 

《奥山佳恵さんプロフィール》

女優・タレント。12歳と3歳、息子2人の子育てに奮闘中。

 

 

 

――第1回は、支援の現場で沸き起こる“私のことは私自身で決めたい”という声や“自己決定”を国をあげて実現しようとしているイギリスの取り組みを紹介しました。収録を通してどのようなことを感じましたか。

自分のことは自分で決めて生きていかないと、その人の人生ではなくなると改めて思いました。だけどもそれを実現するにはとても時間と手間がかかるし、人の数も必要になる。大変なことだとは思うんですけど、それでも本人の意思を一番に尊重していこうと社会が動き出したことはとても喜ばしいことだと感じます。

ただ、私はどうしても親という立場上、子どもの意志を聞かないで「この子のためにはこのほうがいい」ということをついつい口に出したり、子どもが思うよりも先に決めてしまうことがあったかもしれないので、より意識をしていかないといけないなと思いました。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【出演者インタビュー】尾上浩二さん「意思決定支援と障害者支援を同時に考えていくことが大切」

2014年12月02日(火)

20141203_on.jpg

12月2日、3日放送
(12月9日、10日再放送)
シリーズ 変わる障害者支援
第1回 私のことは私自身で決めたい
第2回 あなたの決断を支えたい
ご出演の尾上浩二さんにメッセージをいただきました。

 

《尾上浩二さんプロフィール》

NPO法人DPI日本会議 副会長

 

 

――「シリーズ 変わる障害者支援」をテーマに、2日間にわたりご出演していただきましたが、どのような感想を持ちましたか。

今回ビデオで取り上げられていた事例、たとえば精神障害者の方の日常的な金銭管理をしてあげたり、成年後見人が支援して胃ろうをするかどうかご本人の意思を確認したりという事例は、実は成年後見制度とは直接関係のないものなんですね。そこに日本の制度の課題がよく出ていて、意思決定支援は成年後見人がするというイメージがどうしてもあるけども、実は成年後見人は医療同意はできないし、日常的な金銭管理も業務ではありません。つまり、現場では成年後見制度の枠を超えて、目の前の困っている人の意思決定をどう支えようかと悩みながら支援している状態なんですよ。そう考えると、やはり本人の自己決定を中心においた意思決定支援に関する法律や仕組みの整備というのは可及的速やかに求められているなという感じがしました。

そして、第2回の最後のVTRで、認知症のおばあさんが「家で暮らしたい」とはっきり意思を示したときに、その意思を実現しようとすると本当に多くの課題がありました。でもその課題というのは、おばあさん個人の課題というより、おばあさんが使える社会資源がどれだけあるかというところにだいぶ左右されている面があると思うんです。番組でも言いましたが、かつてはトイレなどで介護が必要な障害者が自立したいというと、「無理なことを言う」と見なされていましたが、介護制度が一定整うことで見方が変わってきました。要するに、社会の条件がどう変わるかによって、その人の意思決定の実現の可能性も可変的になるんです。そういう意味でも、障害者権利条約に批准したことで、意思決定支援がどう変わるかということと、それが認知症の方々や高齢者の生活にどのような影響をおよぼすかということの2つの意味で真価が問われてくると思います。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【出演者インタビュー】佐藤彰一さん「失敗は自己責任ではない」

2014年12月02日(火)

20141202_s.jpg

12月2日、3日放送
(12月9日、10日再放送)
シリーズ 変わる障害者支援
第1回 私のことは私自身で決めたい
第2回 あなたの決断を支えたい
ご出演の佐藤彰一さんにメッセージをいただきました。

 

《佐藤彰一さんプロフィール》

全国権利擁護支援ネットワーク代表。

 

 

――「シリーズ 変わる障害者支援」をテーマに、2日間にわたりご出演していただきましたが、どのような感想を持ちましたか。

今回紹介した統合失調症の方の金銭管理をしている野口さんの事例も、本人の意思を尊重して医療同意をした住田さんの事例も、制度上は成年後見人の業務ではないんですね。ところが社会は成年後見人にそういうことをしてほしいと期待を持っているわけで、要するに制度の仕組みと社会の期待がずれてしまっているんです。制度の仕組みは代行決定ですから、本人の意向がわからないのであれば代行で決定しろということなんですが、実際に支援を始めるとそんなことは言っていられなくて、権限があろうが無かろうがご本人の意向を確認することが大切となる。それをよく示しているいい例が今回紹介できたと思います。ただ、視聴者の皆さんが今回番組で紹介した事例は成年後見制度の業務なんだと誤解されるといけないので、これは業務外でうまく支援ができている一例であるということをこの場で少し補足しておきます。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【収録記】12月特集「変わる障害者支援~"転ばぬ先の杖"よりも」

2014年11月28日(金)

ハートネットTV、WEBライターです。
12月2日(火)放送「私のことは私自身で決めたい」
12月3日(水)放送「あなたの決断を支えたい」、の収録に行きました。

「人は誰でも、自分の人生を選択する権利がある」
そんな当たり前だけど大切なことに、今更ながら改めて気づかされました。例えば、
・一人暮らしをする
・好きなCDを好きな時に買う
・口からものを食べる楽しみを持つ
など、自分の「こうしたい」を実現することは周囲の用意する安全(無難)だけでは得られない、“生きがい”というものだとしみじみ思いました。

【出演者インタビュー】LiLiCoさん「障害のある人をもっと身近に感じてほしい」

2014年09月03日(水)

20140904.jpg

9月4日放送(9月11日再放送)
NHKハート展 「神様がいいな」
にご出演されたLiLiCoさんにメッセージをいただきました。

 

《LiLiCoさんプロフィール》

映画コメンテーター。18歳までスウェーデンで過ごす。今回NHKハート展に初めて参加。

 

 

 

 

――NHKハート展、2日目は杉本泰旭さん(神奈川県/12/発達障害)の『神様がいいな』とう詩を紹介しましたが、収録はいかがでしたか。

カミナリ様から「ナリ」を抜くと神様になるという言葉遊びはとってもクレバーですよね。

実は彼の詩を読んだ時に、先日見たとある番組を思い出したんです。ゴルゴ松本さんが少年院を回ってスピーチをするという内容なんですけど、そこで彼は「『吐く』から一本取ったら『叶う』になる!」と言ったんですね。やっぱりつらい時や頑張っている時ってどうしても嫌みや暴言を吐いたりすることがあるじゃないですか。でもそれをうまく「叶う」ということにつなげていて、すごく感動したんです。

それと同じ衝撃を今回の泰旭くんの詩からも受けました。きっと「カミナリ様は神様になる」という言葉は私の心にずっと残っていくフレーズになると思いますね。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【出演者インタビュー】LiLiCoさん「自分の心から生まれた言葉は美しい!」

2014年09月03日(水)

20140903.jpg

9月3日放送(9月10日再放送)
NHKハート展 「弱い」
にご出演されたLiLiCoさんにメッセージをいただきました。

 

《LiLiCoさんプロフィール》

映画コメンテーター。18歳までスウェーデンで過ごす。今回NHKハート展に初めて参加。

 

 

 

 

――今回LiLiCoさんには、山田温志さん(富山県/16/知的障害)の書いた『ハチ』という詩に作品を寄せていただきましたが、NHKハート展に参加されていかがでしたか。

NHKハート展はずっと前から気になっていて、参加したかったので、すごく楽しかったです。

頂いた「ハチ」という詩はとても想像力が豊かなものだったので、作品のイメージは結構すぐに浮かんできたんですね。温かい雰囲気が伝わるようにフェルトを使おう。この色のフェルトがあるはずだから、こう合わせて、ハチとズボンをこう入れよう。太陽は私たちに愛を注いで命を与えてくれているので、そこからハートを出そう……。そう考えていくとなんとなく頭の中で絵が出来上がるんですよ。私は服のスタイリングを自分でしているんですけど、コーディネートを考えるのと同じようにフェルトを組み合わせて作品を作りました。詩を書いてくれた温志くんはどう感じたかなって、ちょっと気になりますね。

20140903.gif

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【出演者インタビュー】奥山佳恵さん「"心にまっすぐハート展"だと思いました」

2014年04月23日(水)

201404_okuyama4.jpg

4月23日放送(4月30日再放送)
NHKハート展 「バッタのかんさつ」
ご出演の奥山佳恵さんにメッセージをいただきました。

 

《奥山佳恵さんプロフィール》

女優・タレント。10歳と2歳、息子2人の子育てに奮闘中。

 

 

 

 

――今回は大谷春登くん(東京都 7歳 視覚障害)の「バッタのかんさつ」
という詩と、彼の暮らしぶりを紹介しながら、詩が生まれた背景を見ていきましたが、いかがでしたか。

視覚という感覚を持っていないからこそ、冷たさとか暖かさとか、さまざまな情報を駆使して、それこそ私たちが日常で感じられないような音や温度を意識して生活していることにいろいろと学ばされました。
春登くんがいつ私の住んでいる街に遊びに来ても大丈夫なように、ストレスなくどこへでもいけるように、点字ブロックという存在をもっと意識していこうと思いましたね。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >