本文へジャンプ

【出演者インタビュー】坂下千里子さん「レストランの席に座った時のおばあちゃまの顔の輝きが」

2013年10月02日(水)

20131002_sakashita.jpg

10月2日放送(10月9日再放送)
シリーズ ワザあり“介護”
旅・食・アートの力

第2回 ―食―
にご出演のタレントの坂下千里子さんにメッセージをいただきました。


 

 

――第2回は「食」をテーマに、街のお年寄りの健康を支える食堂の様子や、
飲み込みが難しい方のために「ゼリー食」といわれる流動食を提供する
レストランを見ていきました。どのような感想を持ちましたか。

7歳の女の子と93歳のおばあちゃまが同じものを食べていて、
「おいしいね」と言い合っているシーンがすごく素敵でした。
ああいう環境があれば、子どもも絶対にいい子に育つだろうなと思いましたね。
 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

――将来、自分が介護される側になったとしても、
そういうお店が多ければ嬉しいですよね。

そうですね。おばあちゃまは自分のせいで
家族が外食に行けないんじゃないかという気持ちもあったのかなと。
だからこそ、レストランの席に座った時の顔がすごく輝いて、
可愛らしく見えて。

私たちだって、「何食べたい?」とワクワクしながら食事を決めますけど、
そういう「食」に対する気持ちは何歳になっても大切なこと。
だから、ああいうレストランが増えるといいですよね。
お客さんにあわせて作り分けなければいけない分、
料理の手間もすごくかかるだろうと思うんですけど、
それを続けている古橋さんご夫妻
(編集部注※VTRで出てきたレストランのオーナー夫妻)
はお客さんに対する素晴らしい愛情の持ち主なんだなって感じました。

うちの亡くなった祖母も、やっぱり最後は病気で食べ物がのどを通らなくて、
いつもお味噌汁とかスープを飲んでいましたし、
このことをもっと早く知っていたら
ゼリー状にして食べさせてあげられたのになって、
十数年前のことを思い出しました。
食べられなくなるとどんどん体力もなくなっていくので、
ああいうレストランがもっともっと広がって欲しいし、
多くの人に知って欲しいですね。

 


10月シリーズ ワザあり“介護”  旅・食・アートの力  放送予定
(本放送=夜8時、再放送=午後1時5分)

第1回 ―旅―
2013年10月1日(火)再放送10月8日(火)

第2回 ―食―
2013年10月2日(水)再放送10月9日(水)

第3回 ―アート―
2013年10月3日(木)再放送10月10日(木)

第4回 視聴者の皆さんからの反響から(1)
2013年10月21日(月)再放送10月28日(月)

第5回 視聴者の皆さんからの反響から(2)
2013年10月22日(火)再放送10月29日(火)