本文へジャンプ

一人暮らし、非正規雇用と"がん"

2013年08月30日(金)

お金の切れ目が命の切れ目!?
お一人暮らしで、非正規雇用で働く方が“がん”になったとき、
病気はその方の暮らしにより重くのしかかるのかもしれない…


こんにちは。
9月3日(火)に放送予定の
シリーズ がんサバイバーの時代「第2回 がんを抱えて“働く”」
の制作を担当しているディレクターです。

取材しながら特に感じたのは、お一人暮らし、
非正規雇用で働く方が“がん”になられた時、
その生活への影響はとても大きなものになるということです。


今回取材させていただいた方のお一人、40代後半の女性は、
2年前、派遣社員として自動車販売会社で働き始めてまもなく
乳がんと診断されました。
ある日の朝会社に行くと、突然自分の私物が片付けられていて、
「後任を探している」と言われ退職せざるをえなかったといいます。

20130830_cancer.jpg
現在は都内の人材派遣会社で働く女性

9月特集シリーズ「がんサバイバーの時代」:『親のがん どうする子への告知』取材日記

2013年08月19日(月)

「子どもになぜ言う必要が?」
‘親ががんであることを、子どもに告知する,
そのための支援が始まったという話を3年前に初めて聞いた時、
ひどい話だと素直に思った。
親ががんであることを伝えたら、子どもは辛いに決まってる――
半ば憤りを持って取材を始めたことを、はっきりと覚えている。


しかしその思いは、最初の取材で早くも覆った。
「子どもが、私の目の前で吐いたんですよ」
告知を支援する医師の一言目である。