本文へジャンプ

【制作後記】「新しい住まいのカタチ」 & 盛岡発、LGBTリポート

2013年12月18日(水)

20131218_LGBT001.jpg


こんにちは、番組ディレクターのTです。
シリーズ「多様な“性”と生きている」、第3回、いかがでしたか?
東京都内にある、セクシュアルマイノリティーが
暮らしやすいことを掲げたシェアハウス。
放送後、新たな入居者を迎え、みんなで食事や遊びに出かけたりと、
一つ屋根の下での暮らしを楽しんでいるそうです。


静岡県に暮らす、岩口さんとダイキチさんカップル。
番組の中で、セクシュアリティーをオープンにして、
助け合いながら老後を過ごせる
「コレクティブハウス(独立した居住空間と、
 居住者同士がつながりを持てる共有空間がある集合住宅)」を
作りたい
と話してくれました。

その後、ふたりは、来年春のオープンを目指して、動き始めています。
まず行ったのが、貸別荘を借り、仲間と週末だけの共同生活を送って、
理想の住まいを語り合う「週末コレクティブハウス」。
集合住宅の場所や家賃といった具体的なことから、
「気が合わない人と共同生活を送っていけるのか?」
といった不安まで話し合い、
ふたりの夢を現実の計画にしていきました。
条件に合う物件を見つけたのが、今年の秋。
今は、企画に賛同してくれた金融機関と
融資の話し合いを続けていると言います。


一方で、地方で暮らすセクシュアルマイノリティーの人たちには、
厳しい現実もあります。
「自分がゲイだと伝えたら、
 家族・職場・地域社会から孤立してしまうのではないか」

といった不安から、
セクシュアリティーをオープンにすることが出来ない現状があるのです。

20131218_LGBT002.jpg
雪に覆われた岩手山。まもなく、盛岡には厳しい冬がやってきます。


私は今、盛岡放送局でディレクターをしていますが、
先日、震災直後から被災地域のLGBTの
状況把握を続けてきた方にお話を聞きました。

「同性同士のカップルでは、同じ仮設住宅で暮らせない」
「自分の性と体の性別が一致しないため、
 避難所で風呂やトイレの利用を制限される」
など、
被災時にセクシュアルマイノリティーだからこそ
直面する困難はあるはずです。
しかし、そうした姿はほとんど見えてこなかったといいます。

状況把握を行ったのは、
岩手県でLGBTのコミュニティー作りを続けている
岩手レインボー・ネットワークの山下梓さん。
「普段の生活の中で、“自分のセクシュアリティーを
 誰かに伝える”という選択肢がない人がほとんどで、
 苦しいことがあっても我慢するのが当たり前。
 だから、震災が起きても声をあげられないし、
 そのこと自体が問題なのだとさえ思えないでいるのでは
」と言います。

もちろん、セクシュアリティーはオープンにしなければ
いけないものではありませんが、
本来、自分の生き方の一部であるものを、
隠さなければ生きていけないと感じている人たちがいる。
セクシュアルマイノリティーが暮らしやすいことを掲げたシェアハウスや、
岩口さんたちのコレクティブハウスのような動きが、
そうした社会を変えていく糸口になっていくのではと思いますし、
同時に、私たちメディアにも、
まだ出来ることがあるのではないかと考えています。

 

12月にアンコールを行うシリーズ
「多様な”性”と生きている」の関連情報はこちらになります。

体験談やご感想をお寄せください。お待ちしています!
【体験談・ご感想はこちらをクリック!】

コメント

Tディレクターさま
その節はお世話になりありがとうございました。岩口です。
たかよさま
ご覧頂き感想までいただきましてありがとうございます。

自分たちの活動は、ノウハウもなく、お金もなく、蟻のあゆみですができることや賛同者を募り(現在182名)来る2014年3月に新宿区で代5回目のワークショップを行うこととなりました。
定年退職してから後期高齢期まで15年。コレクティブハウスだから出来る性的少数者のセカンドライフについて、住まい方や介護、お金の問題を話し合います。

将来の不安を少しでも軽くしたら、いまの生活ももっと活き活きとしたものになる。最近そう思い始めました。

今後も自分たちの活動を見守ってくださいね。

投稿:岩口 達真 2014年03月16日(日曜日) 09時09分

Tディレクターさま
岩口さんカップルの、その後が気になっていました。
具体的に動き始めていらっしゃることを知り、なんだか嬉しく思いました。じりじりと、一歩ずつ、ですね。
私事ですが、最近、私の女友達(バイセクシュアル自認)に、同性のパートナーができました。そして、来春に、写真撮影と指輪交換のみの結婚式を行うことに。彼女たちは、ステディーな関係性を保ちながら、別居という形をとるようです。とても幸せそうです。
ハートネットTVや爆笑学問などでも、いろいろな関係性の在り方を
見てきました。「多様である」ということが、もっと当たり前になっていけばと願います。そのためにも、今後の番組に期待をしています。
おっしゃるように、地方在住や非常時におけるマイノリティーの問題も、もっとフォーカスされるといいと思います。
まとまりませんが、この辺で。では、良いお年を。

投稿:たかよ 2013年12月21日(土曜日) 23時45分