本文へジャンプ

【出演者感想】マツコ・デラックスさんからのメッセージ!&収録を終えて

2013年06月13日(木)

番組ディレクターです。
17日(月)放送予定の「マツコ・デラックス “生きる”を語る」
先日、収録を終えたマツコ・デラックスさんに、
メッセージをいただきました。


マツコさんが憧れ、長年、会いたいと思ってきた女性である、
今回の聞き手・元NHKアナウンサーの加賀美幸子さんへの思いなど、
マツコ節全開で語ってくださっています。


マツコさんと加賀美さんは、今回が初対面。
でも、収録を終えた後には、
「まだまだ話し足りない!」とおっしゃるほどに意気投合していました。

「マツコさんには、男女の壁がない。
 そのとらわれない生き方や、壁がないからこそ語れる
 本質に迫った言葉に、人々はひきつけられる」という加賀美さん。

「加賀美さんとなら、何でもお話しできると思う」とおっしゃるまでに、
憧れの人・加賀美幸子への思いを持って語ってくれたマツコさん。
マツコ・デラックスさんが語り尽くした「性」と「生」。
じっくりとそのお話しが聞ける17日の放送も、ぜひご覧下さい!




◎「多様な“性”と生きている」番組スケジュール
(本放送=夜8時、再放送=午後1時5分)

第4回「マツコ・デラックス “生きる”を語る」
→本放送:6月17日(月)、再放送:6月24日(月)

第5回「WEBの“声”に応えて」
→本放送:6月27日(木)、再放送:7月4日(木)

コメント

生きるって産まれた時から死ぬまで自分のままで生まれ変わりなんていらないですよね(*^_^*)

投稿:ちょんちょん 2013年06月28日(金曜日) 20時24分

マツコさんがご自身についてゆっくり語られているのを初めて拝見して、深く内面を見つめてこられたんだなあと感動しました。
私は肉体は女ですが、心は男と女半々に感じます。肉体が女なので、恋愛も仕事も社会的に女性としての役割をもとめられたりするわけですが、幼い頃からとても違和感を感じて生きてきました。マツコさんの”人間は男か女かに単純に分類できるものじゃない”という言葉にすごく共感しています。

投稿:ゆずころ 2013年06月24日(月曜日) 14時02分

録画セットもしていたのですが、再放送で拝見しました。

いや、なんかもう、圧倒されました。
だけどやっぱり、時間がなさすぎましたね。

もっと長いバージョンで、あるいはもう一度、
マツコさんと加賀美さんの対話を、ぜひ見たいと思います。

投稿:夕月 2013年06月24日(月曜日) 13時37分

番組見ました。とても楽しくためにもなりましたが、マツコさんがおっしゃることは、一見、セクシャルマイノリティについて触れているようでいて、私には「ヘテロ女性の生き方」について教示していると感じました。

ここにコメ寄せている方々も主婦の方々のように見受けられますし、番組の趣旨が違ってきてませんか?私のセクシュアリティはゲイですが、ゲイやレズビアンの方々には、正直、余りピンと来ませんでした。

投稿:楽しいけれど 2013年06月21日(金曜日) 02時41分

心打たれましたのでメールしてみます。私はストレートの女性独身35歳です。地方都市に住んでますので、都心の35歳とは感覚が違うかもしれません。女性として生まれ、生殖機能を携えたカラダを持ちつつも出産もせず、年々孤独になる(あるいは自分からなっていく)自分に、生きてる価値というか、社会への貢献を感じられない時が多々あり、マツコさんの発言にはいつも共感しております。(マツコさんも何かの番組で、オカマとアラフォー女性はおんなじ悩みを抱えてるとおっしゃってましたが。(笑))
真面目で、でも頭でっかちなんですね、私は。 周りを見渡せば配偶者やパートナー、子供がいたりして生きる目的が明確にある人々に圧倒されてます。性の難しさは、同級生やその後の友人から聞くこともありますが、時々いわゆるゲイを謳歌してる人々がうらやましい時があります。人それぞれ見方や表現の仕方に違いはあると思いますが、ゲイコミュニティーに入りたての友人なんかは、女の駆け引きや計算や打算や勝負感みたいなもはなく、目の前の関係をたのしんでる感じがして、一時期は憧れたりもしました。性別が違っても、同じように悩んだりもがいたり、ひとまずの落としどころを見つけたり。それを、テレビというわかりやすいメディアで全体的に伝えてくれたマツコさんは、私にとっては社会的に価値のある、ありがたい人ですよ。あなたの生きて、さらして、笑いまで作る人生に、私は感謝してます。番組見れてよかったです。
ありがとうございました。

投稿:tom 2013年06月18日(火曜日) 23時11分

私は性のマイノリティではありませんがマツコさんが好きで番組を拝見しました。
加賀美さんとの対談落ち着いていて、お二人の波長も合っているのがよく伝わりすごく良かったです。
普段バラエティでは見せない、ご両親との事、生きること、マイノリティに理解のない人に対する姿勢などをを真摯に率直に語り引き込まれました。
最後の「やる前から悩むことほど馬鹿なことはなくて、やって失敗したら
その時考えて、また光さすほうへ行けばいいじゃない」主旨の言葉では涙腺がゆるみました。
マツコさんの言葉をすべての人に届けばいいのにと思いました。
こんなにも日々ご自分や社会、生きることにきちんと向き合っているのかと心揺さぶられました。
話足りないとのことですし、私もまたお二人の対談をお聞きしたいので続きを放送してください。お願いします。

投稿:キティ 2013年06月18日(火曜日) 11時56分

マツコさんがハートネットTVに! 予告で知ってから楽しみにしていました。 
加賀美さんとおなじく、私もお二人のやりとりをまだまだ聞いていたかったです! 
また、マツコさんのほかの憧れの人との対談も、ぜひぜひ聞いてみたいと思いました。ジャニス以外は実現可能でしょうが、不可能なジャニスについても、ピーター・バラカンさんや小林克也さんと語り合ってほしいなあと思いました。
マツコさんと加賀美さんの会話に流れる言葉や空気が、とても気持ちよかったです。
欲張りですがまだまだ続編希望!ということでリクエストを書き込みました。
ではでは27日も楽しみしています〜!

投稿:ヨーコ 2013年06月18日(火曜日) 01時20分

今日 偶然にあの時間を見ました。

マツコさんの 魂の言葉?
(加賀美幸子さんの言葉では、本質に迫った言葉に、
人々はひきつけられる。。。とおっしゃっていますね。)
は 耳に聞こえるのではなく、
心の中に入ってきます。

「子育てしてるってことだけで 社会貢献でしょう!」
って、番組の中で言っていたけど、
きっと 世の中のお母さん方が どれだけ笑顔になったのだろう。
少なくとも わたしは、
その言葉に ありがとうって言いたくなった。

自分は 社会の為に何が出来るのか?と、
番組の中で言っていたけれど、
マツコさんこそ
その生き方を さらけだしてくれてるだけで、
ほんと 社会貢献です。
生き方 そのものが、もう充分に。。。
って言いたくなった。

性をこえて どれだけの方が生きやすくなったか、
今日だって たくさんの人が
きっと 自分のままでいいんだと思った事でしょう。

ありがとう。

投稿:きの 2013年06月18日(火曜日) 00時51分

 マツコさんは非常に頭のいい方です。そして自分の意見をうまく伝えることができます。とても好きです。
 自分の性について違和感を感じたことは、私もないことはなく、男物の服ばかり着ていましたし、男と女と何が違うんだ?という姿勢で、なんでも同じようにやってきました。大学のころ、男女雇用機会均等法が可決され、仕事も公務員だったため、男女の差がない業務が多く、特に嫌ではありませんでしたが、昔から思っていたのは、女という体を持つがために、異性から女とみられ、痴漢や暴行などされることに怒りを感じていました。そして、異性と付き合うと、避けられない問題もたくさんありました。心が女ではなかったんです。もうすぐ50歳になりますが、独り者です。マツコさんの孤独、判ります。

投稿:グレアム 2013年06月17日(月曜日) 21時03分

マツコさんすごいです。

私も似たような状況?ですが、
「結婚・出産という形で社会に貢献していない自分にできることは」なんて考えることができません。

表面では、「いやあなかなか笑」とか笑ってるけど、心の中では
結婚・出産、したくてもできないの!!!仕方ないじゃないの!
こんな風に生まれた私が悪いの!?

って、そんな思いでいっぱいです。
マツコさん、本当にすごいです。

いろいろ考えてもしかたないから、やれるとこまでやって、その先はまた考える。

私もそんな風に考えるようにしよう。
同じ時代に、マツコさんがいて良かった。マツコさんの言葉に出会えて良かった。マツコさんありがとうございました。

投稿:ヤマダマイ 2013年06月17日(月曜日) 20時49分

セクシャルマイノリティーにかかわらず、人はみんな孤独なんだと思います。

子どもを育てることもせず、書類でかわした約束を継続することもできなかったわたしは、社会にどのようにかかわっていくか、どのように役立っていけるか考えたすえ長年すみなれた大阪を離れて親によりそうことににしました。
今から準備して数年かけて新たな生活を築いていくつもりです。

ときどき番組をみながら色々考えています。
できるなら今後の人生ではいろんな人たちを受け入れることのできる自分になっていきたいです。

投稿:なるなる 2013年06月17日(月曜日) 20時37分

マツコさんの的を得た物言いに、すっかりファンになっています。
今回はハートネットに出るということで、楽しみにしています。
私自身は、自分の性について悩むということはないのですが、
マイノリティである立場というものに常に関心を抱いています。

今回、聞き手に加賀美幸子さんをマツコさんがお願いしたという
時点で、「マツコさんやるっ!」と思いました。

今のアナウンサーは特に女性アナウンサーは過剰に短いスカート
をはいて、キーキー声で話します。

○○大学のミスに入った人がほとんどであとは、バイリンガルや
有名人のコネがある人など。
こういうことも含めて、マツコさんが加賀美さんを対談相手に
選んだことにスッとします。

知らないだけで、いいものはこの世にもっとたくさんある。
価値観なんて、大人数に合わせなくてもいい時もある。
自分で加減していける。ということをマツコさんを
通して考えます。

明日の放送楽しみにしています。

投稿:りゃんず 2013年06月16日(日曜日) 00時55分