本文へジャンプ

【出演者インタビュー】大西 瞳さん「当事者の家族が孤立しない状況を作っていけたら」

2015年03月03日(火)

20150225_onishi.jpg

2月25日放送(3月4日再放送)
WEB連動企画“チエノバ”
―障害者の家族(2)バリバラコラボ!
解決へのヒントを探る―
ご出演の大西 瞳さんにメッセージをいただきました。

 

《大西 瞳さんプロフィール》

義足のスプリンター。小さなころからテレビ番組のリポーターにあこがれていた。バリバラでは街角突撃リポートを得意とする。すぐに義足を見せたがる。障害者情報バラエティー番組「バリバラ」に出演中。

 

――2月のチエノバは「障害者の家族が抱える悩み」の第2弾として、バリバラとコラボしながら“解決へのヒント”を探っていきました。番組はいかがでしたか。

私自身も障害のある当事者なので、介護をされているときは苦労をかけているなと思うんですけど、家族から直接「つらい」などと言われることはないので、具体的な声が聞けてすごく勉強になりました。こういう家族側からの視点で語られる番組はあまりないですよね。番組でも言いましたが、いろいろな声を聞いて、私も弟に迷惑をかけていたんじゃないかなって思いました。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【出演者インタビュー】山本シュウさん「障害者の家族はもっと自分の気持ちをオープンにしていいと思うね」

2015年03月03日(火)

20150225_yamamoto.jpg

2月25日放送(3月4日再放送)
WEB連動企画“チエノバ”
―障害者の家族(2)バリバラコラボ!
解決へのヒントを探る―
ご出演の山本シュウさんにメッセージをいただきました。

 

《山本シュウさんプロフィール》

ラジオDJ。エイズの知識をふかめる活動「レッド・リボン・ライブ」の総合プロデューサーも務める。おせっかい大好き、自称・男の顔したおばちゃん。障害者情報バラエティー番組「バリバラ」に出演中。

 

――2月のチエノバは「障害者の家族が抱える悩み」の第2弾として、バリバラとコラボしながら“解決へのヒント”を探っていきました。番組はいかがでしたか。

障害者の家族の“生の声”を聞く機会というのはなかなかないじゃないですか。だからこそ「もっと内容を広げてほしい」とか、いろんな声が寄せられたんだと思うし、ハートネットTVに対する期待をすごく感じましたね。当事者の家族がどんな思いを持っているかというのをいろんな人に知ってほしいし、悩んでいる家族はそれを聞いて「同じ気持ちの人はいるんだ」と安心して、孤独感が少しでもうすれてほしいな。そして、この番組をたまたま見たという人たちにも、この問題を考えるきっかけになってほしいし、“おせっかい”をしてくれそうな人の背中をポンと押せたらいいなと思いますね。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【専門家インタビュー】澁谷智子さん「子どもが通訳するということ」

2015年02月10日(火)

1月29日放送(2月5日再放送)
WEB連動企画“チエノバ”―障害者の家族(1)誰にも言えなかった苦しみ―の取材の一環で、聞こえない親をもつ子ども・CODAについて研究する澁谷智子さん(成蹊大学 文学部 専任講師)にお話を伺いました。
 

20150210_001.jpg

《澁谷智子(しぶや・ともこ)さんプロフィール》

成蹊大学文学部 専任講師
長年「ろう文化」「手話」「コーダ」について調査・研究を行う。


■自分の親はみんなの親と違う? 子どもが「親が聞こえないこと」を意識する時期
聞こえない親に育てられた子ども(コーダ)が、みんな“悩み”を抱えるかというと、それは人それぞれです。ですが、いつ頃から、こうしたことを意識するようになるかというと、私自身の感覚では、学校教育が始まってしばらくした頃ではないかと思っています。

幼稚園ぐらいまでは、子どもは、親が手話を使っていても違和感なく「そんなもんなのかな?」と思っていることが多いようですが、小学校に入った頃から、少しずつ“自我の意識”が出て来て、周りと自分の親を比べ始めるようです。

【専門家インタビュー】宮尾益知さん「大切なことは、お互いが相手の立場になって考えること」

2015年02月07日(土)

1月29日放送(2月5日再放送)
WEB連動企画“チエノバ”―障害者の家族(1)誰にも言えなかった苦しみ―
の取材の一環で、「発達障害の夫をもつ妻の悩み」について宮尾益知さん(どんぐり発達クリニック・院長)に「発達障害の夫をもつ妻の悩み」について、お話しを伺いました。

20150207_001.jpg《宮尾益知(みやお・ますとも)さんプロフィール》

どんぐり発達クリニック院長
専門は発達行動小児科学、小児精神神経学、神経生理学
特に発達障害の分野では第一人者
主な著書に「家族をラクにする魔法のことば」など

撮影/園田昭彦


※カサンドラとは・・・自閉症スペクトラム(アスペルガー)の特徴である「共感性の欠如」に日常的に接し続ける苦しさとそのことを他人に話しても理解してもらえない苦しさとで心身を病んでしまう状態。(野波ツナ「旦那さんはアスペルガー 奥さんはカサンドラ」より)


■“カサンドラ”は病名ではない あくまで「関係性の問題」
まず、「カサンドラ」という言葉は、病名ではありません。
あくまで、人と人の“関係性を主体にして考えて、なり得るもの”と考えます。
例えば、夫と妻がいて、夫からいじめられて、妻がウツになった。そうした場合、夫がいなければ、妻はウツにならない。妻に一番のゆがみが来た、だとしたらこの妻だけあつかってもダメで、夫婦全体をある方向に動かすという「家族療法」が必要となります。

最終的には、家族がうまくいかない場合、家族一人一人が全員病理を持っているんです。
みんな病んでいるのだけど、ある人にだけ症状が「大きく」現れている、それが妻だということです。しかし、妻だけが悪いのでもないし、妻にたまたま現れただけなのです。
だとしたら、家族みんなに総合コミュニケーションと、思いやりがあれば、解決することなのです。
一人一人、個がしっかりすることも一つ。お互いを思いやり、一人一人考え方が違うことを、やはり理解しなくてはいけない。
 

【専門家インタビュー】吉川かおりさん「障害のある人の"きょうだい"が抱える悩みについて」

2015年02月04日(水)

1月29日放送(2月5日再放送)
WEB連動企画“チエノバ”―障害者の家族(1)誰にも言えなかった苦しみ―
の取材の一環で、「障害のある人の“きょうだい”が抱える悩み」について吉川かおりさん(明星大学人文学部福祉実践学科教授)にお話を伺いました。


20150205_chienoba001.jpg《吉川かおりさんプロフィール》

明星大学人文学部福祉実践学科 教授。社会福祉学・博士
主に「障害のある人のきょうだい」について調査、研究を行っている


■数多く、カキコミやメールが寄せられていることについて
読んでいて、心が痛くなりました。
「障害のある人」が生きていてよかったと思えることは大事だけれど、そればかりが強調されて「障害のある人の家族」が生きていてよかったと思えないというのは、何か皮肉な現象だなと思いました。

 

【出演者インタビュー】荻上チキさん「親や兄弟、パートナーに障害がある場合について」

2015年02月04日(水)

20150129_ogiue.jpg

1月29日放送(2月5日再放送)
WEB連動企画“チエノバ”
―障害者の家族(1)誰にも言えなかった苦しみ―
ご出演の荻上チキさんにメッセージをいただきました。

 

《荻上チキさんプロフィール》

1981年生まれ。評論家。ニュースサイト「シノドス」編集長。メディア論をはじめ、政治経済や福祉、社会問題から文化現象まで幅広く取材し分析。著書に『ウェブ炎上』『ネットいじめ』『僕らはいつまで「ダメ出し社会」を続けるのか』など。

 

――1月のチエノバは「障害者の家族が抱える悩み」をテーマに、家族の障害をどう受容するのか、自分の人生との折り合いをどうつけるのか、などを考えていきました。収録の感想を教えてください。

障害についてまだまだ理解が進んでいないんだなと感じることがあります。番組に寄せられたカキコミやつぶやきを見ていると、身体障害や精神障害、発達障害など、抱えている障害によって周りの理解度に大きな差があることが分かります。精神障害や発達障害は、見た目ではわからない障害だからこそ、周りに相談しても、「普通だよ、そのくらい」と軽く済まされてしまうこともある。「悩みが伝わっていないんだな」というような疎外感を持ってしまう状況があるわけです。

これまで「障害のある子どもを親はどう受け入れるか」という議論は多くされてきましたけど、障害のある親の元で生まれた子とか、兄弟やパートナーに障害がある場合にどうするかという議論はまだまだ少なくて、それを語る場もあまりない。だからこそ今回番組のホームページやツイッターにたくさんの投稿が来たんだと思います。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【出演者インタビュー】奥山佳恵さん「"思い"を抱えすぎると"重い"になってしまう」

2015年02月04日(水)

20150129_okuyama3.jpg

1月29日放送(2月5日再放送)
WEB連動企画“チエノバ”
―障害者の家族(1)誰にも言えなかった苦しみ―
ご出演の奥山佳恵さんにメッセージをいただきました。

 

《奥山佳恵さんプロフィール》

女優・タレント。12歳と3歳、息子2人の子育てに奮闘中。

 

 

――1月のチエノバは「障害者の家族が抱える悩み」をテーマに、家族の障害をどう受容するのか、自分の人生との折り合いをどうつけるのか、などを考えていきました。収録を通してどのようなことを感じましたか。

生放送の30分の間では全然語り尽くせなくて、もっとみなさんのお声を聞いたり、お伝えしたりしたいなと思いました。そして、ツイッターと連動することで番組を見ている方と気持ちを共有できるので、私自身いろいろと知ることができました。同じ“障害のある家族”のひとりとして、みなさんの声を聞いて温かさを感じたし、私ももっと発信していいんだと思えましたね。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【出演者インタビュー】久保純子さん「誰にも言えない悩みを少しでも共有できたら」

2015年02月04日(水)

20150129_kubo.jpg

1月29日放送(2月5日再放送)
WEB連動企画“チエノバ”
―障害者の家族(1)
誰にも言えなかった苦しみ―
ご出演の久保純子さんにメッセージをいただきました。

 

《久保純子さんプロフィール》

元NHKアナウンサー。2011年~2013年に夫の転勤に伴って渡米し、モンテッソーリ教育国際免許を取得。二児の母(長女と次女)。

 

 

――1月のチエノバは「障害者の家族が抱える悩み」をテーマに、家族の障害をどう受容するのか、自分の人生との折り合いをどうつけるのか、などを考えていきました。収録を通してどのようなことを感じましたか。

障害者のみなさんはもちろん、そのご家族のみなさんもたくさんの葛藤をかかえている事を実感しました。兄弟、両親、伴侶、それぞれの立場でまったく違う悩みがある。ぜひ2月のチエノバ&バリバラコラボ放送では、みなさんから多くのご意見を頂戴し、共有し、みんなで「障害者の家族の悩み」について考えていければと願っています。

 

詳細は「続きを読む」をクリックしてください > > >

 

【取材記】野波ツナさんへのインタビュー

2015年01月28日(水)

先日の取材記、発達障害の夫をもつ妻の悩みで野波ツナさんにお会いした際のインタビューをご紹介させていただきます。


■「発達障害の夫をもつ妻の悩み」が今、話題になっていることについて
徐々に徐々にで、まずはネットからだと思うんですよね。誰かがそういうことを言い出して、そこから広がっていったのだと思います。

今まで知らなかったっていうお便りも非常に多いです。「夫はちょっと変わってると思っていたけど、発達障害があるとは知らなかったです」とか。
ましてや、妻が鬱状態に陥るケースがあるとかは、まだまだ知られていないので、見過ごされてきたことが少しずつ声をあげることで変わってきているのだと思います。2010年からだったと思いますが、大人の発達障害の本がたくさん出版されて、それを見て「あれっ?」と、思う人も増えてきたのかな。

発達障害の夫をもつ妻の悩み

2015年01月08日(木)

ディレクターSです。
今日は「旦那さんはアスペルガー」の著者である野波ツナさんにお話しを聞きに行ってきました。

結婚して21年。2児の母として子育てをしながら実際に発達障害の夫との生活に悩んできた野波さん。

どうすれば普通の家庭のような夫婦の会話ができるのか? 
なぜ結婚する前に夫が発達障害だとわからなかったのか?
長年、なぜ?どうして?を繰り返し、自分を責めてきたといいます。

20150108_0001_R.jpg