本文へジャンプ

Road to Rio vol.5 大舞台が生み出す"変化のエネルギー"

2014年07月18日(金)

ハートネットTVキャスターの山田賢治です。
 

ソチパラリンピックから4か月。
先日、メダリスト4人への特別賞の贈呈式が開かれた。
久しぶりの再会で、会うのが楽しみだった。この4か月をどう過ごしていたのか。次のステップに向けて動き始めているのか、選手に聞いた。


20140718_yamaken001.jpg
左から久保恒造選手(クロスカントリー/バイアスロン)、森井大輝選手(アルペンスキー)、鳥原光憲 日本パラリンピック委員会 委員長、狩野亮選手(アルペンスキー)、鈴木猛史選手(アルペンスキー)

"血液の流れ"から見える"被災地の今"

2014年07月03日(木)

震災から3年が過ぎ、仮設住宅に住む皆さんの身体に変化はあるのか。6月中旬、宮城県石巻市と岩手県宮古市で行われた、エコノミークラス症候群や生活不活発病の予防検診に同行しました。
被災地の状況を、今後ますます注視していかなくてはならない。それを痛感した2日間でした。

私が見た、仮設住宅の現状を伝えます。

20140703_yamaken001.jpg
宮古市田老地区の仮設住宅入口。「三年」をどう感じるか。「時」は振り返ることなく進んでいく


運動せずに長時間同じ状態でいると、血管に血栓(けっせん)(血の塊)ができる場合があります。いわゆる「エコノミークラス症候群」です。検診では、血栓が生じていないか静脈をエコーで調べます。


20140702_yamaken002.gif
検診の前にアンケート。今の生活を丁寧に聞き取る


20140703_yamaken004.jpg
脚のふくらはぎのエコー検査。強く押して、静脈が血栓で詰まっていないか、拡張していないか、などを診る

Road to Rio vol.4 "連覇に挑む②" ~ゴールボール女子日本代表~

2014年06月27日(金)

ハートネットTVキャスターの山田賢治です。
 

早くもリオ行きを決めるか!?
ゴールボールの世界選手権が、30日からフィンランドで行われます。そこで、3位以内に入ると、早くも2年後のリオパラリンピックの切符をつかめるのです。
前回ロンドンパラリンピック金メダルの女子日本代表。ハートネットTVでも特集しました。

シリーズ パラリンピックへの挑戦(2012年ロンドン)
一瞬の音を捉えろ! ―ゴールボール女子日本代表―
熱闘の舞台裏(2)  ゴールボール女子、初の金メダル!

各国のマークが厳しくなった中で、勝ち取ることができるのか。いや、勝ち取るんです!応援しましょう。

世界選手権の会場は、ホールAとホールBの2会場です。
ホールAのみ、フィンランド国営テレビのスポーツウェブサイトページで生中継で見ることができます。
URLは、以下のように日ごとに変わります。
今回の世界選手権は、男子日本代表も出場します。
男子、女子日本代表の試合開始時刻と合わせて一覧で紹介します(時間は日本時間。フィンランドとの時差は6時間)。


★:インターネットで見られる試合(ホールAでの試合)⇒試合は終了いたしました。
6月30日(月) 
  男子:午後5時 リトアニア戦
      深夜0時 エジプト戦★
  女子:午後7時 ドイツ戦★
 

7月1日(火)
  男子:午後4時 トルコ戦
      午後10時 ブラジル戦★
  女子:午後3時 トルコ戦
 

7月2日(水)
  男子:午後5時 カナダ戦
      午後9時 中国戦
  女子:午後6時 ロシア戦★
           午後11時 アメリカ戦
 

7月3日(木)
  男子:午後11時 ベルギー戦★
  女子:午後7時 フィンランド戦★
※予選は男子8チーム、女子6チーム総当たりで、4位以内に入ると準々決勝へ


7月4日(金) 準々決勝&準決勝
予選リーグ通過順位によって、試合時刻や中継の有無が決定
 

7月5日(土) 3位決定戦 午後4時★
            決勝 午後7時★


20140627_yamaken0001.jpg

いい依存、悪い依存

2014年06月25日(水)

今月の「チエノバ」の特集は、「依存」です。わたしたちは普段、趣味や友人、家族に「依存」しながら生きていますよね(私は仕事に依存かも?少し危ない!?)。

ところが、依存は依存でも、ストレスから逃れたい、現実から逃避したいなどの理由で、アルコールやギャンブル、薬物、インターネット、買い物に「依存」したり、さらには、(無意識に)爪を噛む、毛をバッサリ抜くといった行動に「依存」したりする人もいます。それが“適度”ならば問題ないのですが、依存度が強くなり、度を過ぎると「依存症」になります。


20140625_yamaken001.jpg
ある森で。日々のストレスが緑に吸収される

これからの人生、振り回されない ~時男さん訪問記~

2014年06月10日(火)

6月10日午前。この日のハートネットTVに登場する時男さんに、会いに行った。40年ぶりに精神科病院を出て、今どんなことを思っているのか。実際に会って、話を伺いたかったからだ。時男さんは、初対面の私を外で待っていてくれた。そして、生活しているグループホームに笑顔で案内してくれた。


20140610_yamaken001.jpg
時男さんと。グループホームの玄関では、時男さんの絵画や折り紙などの作品が来客を迎えている。
 

シンボルの"リボン"を身に着けて

2014年06月04日(水)

「乳がん早期発見」のピンクリボン、「HIV/エイズへの理解・支援」のレッドリボン・・・。これまで、様々な色に思いを託し、デザインされたリボンが、数多く生まれてきました。

今、東京の台東区にある「東京都人権プラザ」で、こうした「アウェアネスリボン(アウェアネス=意識、気づき)」の展示が行われています。

20140604_yamaken001.jpg
 

いずれも、普段なかなか見えない社会問題を、より多くの人に見える形で認識してもらうものです。“苦しんでいて支えが必要な人がいる”、さらに“対策や予防をしていこう”というメッセージを、色に込めて。


20140604_yamaken002.jpg

20140604_yamaken003.jpg

20140604_yamaken004.jpg

ここに展示されているのは一部。まだまだ多くのリボンがあります。

心を表現し、語り合う

2014年05月28日(水)

5月25日、いわき市のいわき明星大学で、ハートネットTV「震災を詠む」の司会を担当しました。
NHK公開復興サポート 明日へ」の一環で、当日は他の番組とともにハートネットTVも参加しました。


20140528_yamaken001.jpg
会場前は開場前から列が!



20140528_yamaken002.jpg
キャンパスは屋台も出ていて、地元の人たちで賑わっていました

LGBT

2014年05月08日(木)

早速ですが、番組PRから。今週土曜朝の「週刊 ニュース深読み」に出演することになりました。

20人に1人 “LGBT”って知ってますか?(仮)
2014年5月10日(土) 午前8時15分~

テーマは、「LGBT」です。これまで番組で紹介した内容や取材した内容を伝えてきます!

私がLGBTについて関心を持つようになったのは、ハートネットTVを担当してからです。去年6月の5回に渡るLGBTの特集が、取材のスタートです。知ることで世の中の見え方は変わってくる。私たちが見えないところで、心の痛みを自分で手当てしている人たちが多いことに気づきました。

2013年6月 シリーズ 多様な“性”と生きている
第1回「セクシュアル・マイノリティーの子どもたち ―現状―」


取材といえば、、、先月27日、「東京レインボープライド2014」に行ってきました。
2014年4月29日(火)放送  新WEB連動「きょうはLGBTを中心に」


20140508_yamaken001_R.jpgのサムネイル画像
カミングアウトについてインタビュー。置かれた状況の中でどう生き抜いてきたか、そのかたちは、まさに多様でした。ありがとうございました。

生きる力を掘り起こす ~NPO法人「Homedoor」理事長 川口加奈さん~

2014年05月06日(火)

14歳でホームレス問題に出会い、19歳でNPO法人「Homedoor」を立ち上げた川口加奈さん。
去年、ハートネットTV「未来へのアクション」で紹介しました。

2013年5月28日放送 「ホームレスを生み出さない日本へ!」
先日、約1年ぶりに大阪へ川口さんを訪ねました。


「どんな人生を歩んだとしても、どんな人であっても働くこと、ホッとできる場所を作りたい」
そのために、直接ホームレスの人の就労や生活支援をするだけでなく、関心のある市民を募り、ホームレスの人が多い釜ヶ崎地区や周辺の街歩きをしたり、炊き出しに参加したりする啓発活動も行っています。
そのエネルギッシュな活動に、あらためて感服しました!


20140506_yamaken001.jpg
川口加奈さん。ホームレスの“おっちゃん”たちとはフラットな関係だ。
 

Road to Rio vol.3 "世界の頂は見えている!"~車いすテニス 上地結衣(かみじゆい)選手~

2014年05月01日(木)

ハートネットTVキャスターの山田賢治です。
 

車いすテニスで真っ先に頭に浮かぶ選手は、男子の国枝慎吾選手ではないでしょうか。
現在、シングルス世界ランキング1位(ダブルス2位)。パラリンピックでは、現在2連覇中。
グランドスラム(全豪、全仏、全英、全米)を含め、数々の世界メジャー大会で優勝を手にしてきた選手です。

その世界トップの国枝選手が「将来的には世界を目指せる子」だと、子どもの頃から才能をいち早く見抜いていた選手が、今、世界の頂点を狙うところまで成長してきました。

kamidi-1.jpg
上地選手と。日々の練習で、すでに日焼けしていました。