本文へジャンプ

見えない人も見える人も

2015年07月30日(木)

今月のチエノバは「視覚障害」がテーマ。届いた声からは、ハッと気づかされることばかりでした。「まちづくり」という“ハード”と「配慮」といった“ソフト”の双方が不十分だと、実感しました。

「そうしたことに悩んでいるのか…」という“気づき”。私も、かつて“気づき”から行動に移したことがあります。

 

2013年6月6日 ヤマケンボイス「こんなところにも“ユニバーサルデザイン”」
 

ハートネットTVが始まった初期のころ、ゲストの視覚障害の人に名刺を渡したときのこと。「自己紹介する紙なのに、何の意味があるのか」と“気づき”があり、すぐに点字名刺というものがあるかを調べて作成を依頼しました。

 

使い始めて3年あまり。視覚に障害のない人にも渡していて、初対面の人との会話が弾むことが多々あります。その点字名刺の作成現場を、今回初めて訪ねました。埼玉県越谷市にある、NPO法人 視覚障がい者支援協会「ひかりの森」です。

 

20150729_yamaken001.jpg

地域に開かれた、視覚障害の人たちのデイケアセンター。とても明るい雰囲気で、利用者の1人は「家以外で安らげる場所があるのは幸せ」と笑顔で話してくれました。

点字名刺は、専用の機械で1枚1枚丁寧に作られます。視覚障害者の雇用の場にもなっているとのことです。作られているところを間近で見て、一層、自分の名刺に愛着が湧きました。

 

20150729_yamaken002.jpg

できた名刺にしっかり刻印されているかを指で確認。点字名刺の取りまとめをしている出川さんによると、1か月に2万枚の注文があるそうです。人気上昇中!


 

この他にも、「ひかりの森」では、音声パソコン訓練や、調理などの日常生活訓練、歩行といった移動訓練、将棋など様々なメニューが用意され、視覚に障害のある人たちが、自分の状況に合わせて思い思いに活動しています。また、人生の途中で視覚障害になったために、家庭や社会で孤立する人も少なくありません。ここでは、そうした悩み事を共有したり相談したりと支え支えられ…。利用者にとって大事な場となっています。

 

20150729_yamaken003.jpg

浴衣地で作られた“バラ”。地元越谷特産の布を使って、1本1本手作りで仕上げています。「東京パラリンピックでこの「ゆかたの花」を紹介し、多くの人をもてなしたい」。

 

20150729_yamaken004.jpg

音声パソコンで自叙伝をまとめている60代男性。打った字を音声化し、確認しながら進めています。

 

20150729_yamaken005.jpg

手を木くずで真っ白にしながら、木工作品を磨き上げていました。

 

この施設には、主に「ロービジョン」と言われる弱視の人が通っています。
「視覚障害」と聞くと、単に「目がいい、悪い」だけを考えがちですが、程度だけではなく、様々な種類の“見えにくさ”もあります。
例えば、・ぼやけて見える ・視野が狭い ・ゆがんで見える ・明るい場所だとまぶしくて見えない など様々です(視覚障害のすべての人が、全盲ではありません)。

 

今回、「ひかりの森」のみなさんにも、今回のチエノバのテーマ「視覚障害者の悩み」について聞いてみました。

 

▼街中
・点字ブロックにものが置いてあることが。子どもが走り回っていることも。
・駅の構内が暗いため、ホームとの明暗の差が大きく、視力が回復するのに時間がかかる。
・病院の薬の引き渡しの際、電光掲示板の番号は見えづらくて困る。
・ハイブリットカーはエンジン音がなく、車の流れが判断しにくい。
・携帯電話やスマホを見ながらの歩行、イヤホンで音楽を聴きながらの歩行、赤信号で横断する人、マナーの低下には困っている。
・音の出る信号の箇所を極力増やしてほしい。青信号の時間が短い。    など

 

▼家での日常生活
・何のリモコンかわかりにくい。
・機械類の操作が難しい(簡単な操作方法にしてほしい)。
・電話、電卓などのプッシュボタンの位置を統一してほしい。
・タッチパネル操作を、点字もしくは音声化してほしい。
・料理で火を使うのがこわい。
    など

 

20150729_yamaken006.jpg

料理のまな板。色が白や薄いと、大根や豆腐を切るときに色のコンストラストが小さいために形状が把握できない人が。そこで、黒のシートを使うと形状がわかり、うまく切ることができるそうです。

 

20150729_yamaken007.jpg

調味料を計ることは難しいため、上から白い部分をワンプッシュで一定量出る道具もあります。これは誰にもやさしい“ユニバーサルデザイン”ですね。

 

糖尿病などの病気から見えなくなった人もいます。ひかりの森では、健康を考え、野菜を多く使ったレシピを教えたり、一緒にスーパーマーケットに行って旬の食べ物を買ったりしています。生活の質を下げないようなアドバイスもしているのです。

 

「同じ夢を見よう。見えない人も、見える人も。」
これは、視覚障害の選手がプレーするブラインドサッカーの大会の標語です。

 

ささやかな夢でもいい。実現できるよう、支え合いたい。
自分らしく生きるために。
見えない人も見える人も。

 

20150729_yamaken008.jpg

8年前、ひかりの森を立ち上げた松田和子さん。「私たちがどんどん外に出ていることで、地域福祉の担い手にもなっています。周りのコンビニ店員や駅員の対応が変わってきました」

 

【関連ブログ】

お役立ち情報 テーマ:視覚障害

カキコミ板 【7月】視覚障害「これだけは知って欲しい」街中に潜むキケン

【福祉の『ヤバい』テクノロジー!】"さわれる検索"取材 そして、点字の教科書見たことありますか?

コメント

※コメントはありません