本文へジャンプ

これからの人生、振り回されない ~時男さん訪問記~

2014年06月10日(火)

6月10日午前。この日のハートネットTVに登場する時男さんに、会いに行った。40年ぶりに精神科病院を出て、今どんなことを思っているのか。実際に会って、話を伺いたかったからだ。時男さんは、初対面の私を外で待っていてくれた。そして、生活しているグループホームに笑顔で案内してくれた。


20140610_yamaken001.jpg
時男さんと。グループホームの玄関では、時男さんの絵画や折り紙などの作品が来客を迎えている。
 


早速、普段食事をするリビングで、話を聞く。時男さんは、夜の放送を前に少し興奮していたのか、この日の朝はいつもより早く目覚めたそうだ。「久しぶりに川柳を詠んだよ」と、“出来たて”の句を見せてくれた。


20140610_yamaken002.jpg
川柳は、十数年前、入院していた時に始めた。詠みたいときに詠む。それが時男さん流。毎日詠もうとすると、続かないからだという。


その中の一句。
「病棟に咲く努力の半世紀」

どうせ退院できないからと、半ば諦めていた時男さん。感情を“無”にしていたという。そして、病院の中で、絵画や陶芸、折り紙、卓球、カラオケ・・・、と自分を楽しませる生きがいを増やしてきた。「40年の入院で忍耐力がついた。継続は力なり、だよ」と笑顔で話す時男さん。私は返す言葉が見つからず、聞くことしかできなかった。

「川柳で心の中を化粧する」

限られた字数の中で、湧き上がる様々な思いを表現し、自分の心を整理するという。地方新聞に投稿し、次々と入選を果たし、自信をつけた。社会の人たちと同じ土俵で自分が認められたことに、喜びを感じたという。


20140610_yamaken003.jpg
自らのことを詠んだ川柳、時事川柳、震災にまつわる川柳などジャンルは幅広い


今、グループホームの温かいスタッフや仲間、地域に囲まれて生活している。投薬の量は、グループホームに入った一昨年と比べて3分の1に減った。あこがれは、片岡鶴太郎さん。苦労した過去がありながらも、美術の分野でも俳優としても味わい深い世界を作り上げている姿に、自分を重ね合わせようとしている。「歳なんて関係ないよ、これから、これから」。

「笑っても泣いても過去は戻らない」


話を伺った1時間半。誰に対しても、何に対しても、時男さんの口から責める言葉は一切出てこなかった。
別れ際に握った手は、温かく、力強かった。

 

◆60歳からの青春―精神科病院40年をへて―
本放送6月10日(火)、再放送6月17日(火)
本放送:夜8時00分~8時29分
再放送:午後1時5分~1時34分

コメント

心に訴える番組で涙が滲みました。この問題をとりあげてくださって感謝しています。私は、産休代替えの職員の代わりに、急遽、地域移行支援事業(地域移行・地域定着支援事業)を担当しました。事業のイメージもつかめぬまま、長期に入院している方の思い、ご家族側の思いを伺ううち、歴史や体系を理解していない私が担当することがおこがましいと感じ、精神保健福祉士の勉強を始め、取得しました。それでも、こうして時男さんの放送を拝見すると、まだまだ自分の意識が低いと痛感します。失った40年をご本人と同じように理解することはできませんが、壮絶な生き方をいつも心に留めながら関わらせていただかなければならないと気持ちを新たにしました。これから、地域移行にかかわるスタッフの方々に、ぜひおすすめしたい番組だと思いました。

投稿:dameko 2014年06月21日(土曜日) 12時07分

涙が出ます。私もどうしたら責める言葉を発しなくていいんでしょうか。
分からないです。
この特集が、もうこれは障害有無関係なく、時男さんのように悔し涙をたくさん流した人が必ず報われるような、そういう社会を作るきっかけになればと願います。
的外れかも知れませんがすみません。

投稿:BENTAKA 2014年06月15日(日曜日) 07時26分

現在も続く精神疾患に対する社会の偏見の根強さと、「理解できない存在は世間から排除してしまえ」と、社会復帰の道すら作らなかった政治、行政の無策の犠牲者が彼を始め多数いた事に衝撃を受けました。番組が生き辛さを抱えた人達が、普通に共生できる世界を作るきっかけになるよう望みます。

投稿:消えた笑顔 2014年06月11日(水曜日) 19時07分

時男さんの場合、もし故郷を離れなければ、病気にもならなかったかもしれないし、今でも都会に出てなじめずに戻るのはありえることだと思います。それよりも40年の入院生活で忍耐力がついたという、精神力の強さを感じたし、川柳を投稿し、選ばれたりと優れた知的センスの持ち主だとわかりました。
ストレスに強い人だけが生き残れる社会というより、バランスを崩したとしても、支える仕組みのある社会にしていかないといけないと思います。

投稿:おりひめ 2014年06月10日(火曜日) 23時28分