お祭りの夜

紙に水彩絵の具と岩絵の具と墨とカラーペン 300×451mm

作品:林英哲 〈太鼓奏者〉

詩:保坂 直 〈山梨県/18歳/知的障害>〉

お祭りの夜

僕は、ママとお祭りに行った。
ママは、道に迷った。
ママは、道を聞いた。
おばちゃんが、道を教えてくれた。
その時、
おばちゃんは、僕のことを
「ダウン症ですか?」と、ママに聞いた。
僕は、
下を向いてしまった。
僕には名前がある。
僕は、障害という名前じゃあないから。
僕は、ママの手をぎゅっとにぎった。

[T] ページトップへ