うつサポート情報室 いきいきした心をとりもどすために
サイト内検索
メニューを飛ばして本文を読む
お役立ち情報 家族のための対応ガイド よくあるQ&A うつ病の治療 うつ病とは? トップページへ戻る
体験談

うつ病とは 協力 防衛医科大学校 野村総一郎教授

日常的に感じる「ゆううつな気分」とのちがい

誰もが日常的に感じるゆううつな気分とうつ病はちがいます。
たとえば、日常的なゆううつなら、気分は落ち込んでいながらも仕事に行くことができ、家事をすることもできます。しかも、多くの場合は数日で回復してしまいます。
しかし、たとえよいことがあっても気分が晴れず、落ち込んだ状態が2週間以上続く場合は、うつ病の可能性があります。また、朝起きたときが一番落ち込みが激しく、午後から夕方にかけて気分がやわらぐという傾向があるとも言われています。
うつ病は、日ごろ感じるゆううつな気分に比べて、落ち込み具合が極端に強く、苦しく、その状態がはるかに持続し、日常生活が困難になるほどなのです。
また、うつ状態とは反対に、気分が異常に高揚してしまう「躁」状態があらわれる人もいます。躁状態の時には活動が活発になりすぎて、周囲の人を驚かせたり、トラブルを起こしたりします。

ページトップへ
こころの不調・からだの不調うつ病は特別な病気ではありません日常的に感じる「ゆううつな気分」とのちがい
うつ病の症状からだの不調だけを感じる場合もうつ病になりやすい性格
前へ戻る 次へ進む