本文へジャンプ

シリーズ戦後70年 障害者と戦争 ナチスから迫害された障害者たち
(3)命の選別を繰り返さないために

この放送回の番組まるごとテキストを掲載しています

  • 2015年9月15日(火曜)再放送2015年9月22日(火曜)

出演者
藤井 克徳さん(日本障害者協議会代表)
ふくにゃん(戦後70年キャラクター)

シリーズ戦後70年 障害者と戦争 ナチスから迫害された障害者たち  (3)命の選別を繰り返さないために の番組概要を見る

(VTR)

ふくにゃん:グーテンターク! 
今日はなんとドイツからお届けします。
ここは本当にすてきな場所なんだけど…。
でもね、ここで改めて考えたい事があるんです。
それは、およそ70年前の事。
ナチスに迫害された障害者たちについて、「ハートネットTV」でお伝えしてきました。

第2次世界大戦中ナチス・ドイツによって行われた、ユダヤ人の大量虐殺。
実はそれより以前、障害者たちの虐殺が実行されていました。
通称「T4作戦」です。

殺害の対象になったのは病院や施設にいた精神障害者や知的障害者などでした。
殺害には医師たちが積極的に加わりました。
質問票を使い、「退院の見込みはあるか」。「労働者として使えるか」などを調査。
治癒の見込みなく社会に役立たないと判断すると、「殺してもいい」と+のマークを書き込みました。
生きる価値がないとされた人たちは、ひそかにバスで全国6か所の施設に運ばれました。
そこでガス室に閉じ込められ、殺害されたのです。
犠牲になった命は20万に上りました。

日本の障害者施策をけん引してきた、藤井克徳さんです。
視覚に障害があります。
戦後70年の節目に現場を訪ねました。

藤井さんはドイツで起きた事はひと事とは思えないと言います。
39年前、日本で初めて精神障害者が働く作業所を作った藤井さん。
彼らの生きづらさを長年痛感してきました。

藤井:多くはものを言いにくい言えない、精神障害者や知的障害者。
どうして人間っていうのはあそこまで残酷かなって事をね。
もちろん、それはヒトラー、ナチスの命令って事もあるんだけど 
私はやはりそれだけでは解決できない。
全てが戦時下の異常事態って事だけで解決しないで、一人一人の行動規範っていうのか、一人一人の主体的な判断って事がね、ここも簡単に見逃しちゃいけないと思うんですね。

障害者の虐殺を引き起こしたものとは、何だったのか。

ドイツ障害者
連盟会長:
あなたは障害者。
あなたはユダヤ人。
あなたは同性愛者。
何事も分類するから差別が生まれ、迫害につながるのです。

後にユダヤ人の大虐殺にもつながっていく、障害者の殺害。
どこかで止める事はできなかったのか。
さまざまな立場の人との対話から考えます。

どうして止めることができなかったのか
―生きる価値ある命の選別―

藤井さんがまず訪ねたのは、障害者の人権問題に詳しい弁護士ヘルベルト・デムメルさんです。
デムメルさんも視覚に障害があります。

藤井:あのような蛮行野蛮な行為ですね、そこに至るまでのドイツでの社会状況っていいますか、政治状況っていうんですか、それをかいつまんで言うとデムメルさんどんなふうに理解されてますか?

デムメル:それは結局、生きる価値のない命の話に行き着きます。
生きる価値のない命とは何なのか。
当時の医者や学者は自分の意思を主張できない重度障害者は価値のない人生を送っていると考えました。
価値のない命。
ですから彼らを殺す事は、彼らにとっていい事だと主張したのです。

障害者は生きる価値がないという考え方は、T4作戦より以前からありました。
遺伝病の子孫を予防する法律、通称「断種法」です。
1933年、ナチス政権が発足した年に制定されました。
対象となったのは知的障害、統合失調症、そううつ病や遺伝性の視覚障害など。
断種の判断は裁判所が行いました。
対象者は決められた日までに手術を受けなければなりませんでした。
拒むと警察に連行されたといいます。

デムメル:まだ幼い12歳の女の子が強制的に断種の手術を受けさせられたり、既に妊娠している視覚障害者の女性が中絶させられ、そのあと断種をさせられたりしました。
犠牲者たちはとても苦しみました。
肉体的な痛みも、もちろんの事精神的な苦しみもあります。
自分の子どもを持つ事もできない。
結婚して家族を持つ事もできない。
本当に残酷な話を被害者からたくさん聞きました。

断種手術を受けたのはおよそ40万人。
ずさんな手術のせいで5,000人が死亡したともいわれています。

このころ、ドイツは深刻な不況にあえいでいました。
1929年に始まった世界恐慌の影響で、国民の3人に1人が職を失っていました。
そこでヒトラーは経済の立て直しに力を注ぎます。

高速道路など公共事業を進めました。
その中で、優秀な労働力こそ価値があるとアピール。
働く事のできない障害者は、ますます価値のない存在とされていきました。
断種に対する社会の反応について、ナチス時代の医療犯罪の研究者はこう分析します。

ライ:強制断種は本当にオープンに行われていました。
でも、社会そのものは全くの無関心だったんです。

藤井:ライさんは強制断種とT4計画と、そしてユダヤ人の大虐殺とこの3つの関係を歴史学の立場からどんなふうに捉えてますか?

ライ:とても密接な関係があると思います。 
軽い障害の人は生きる事はできましたが、強制断種されました。
重い障害の人は殺害されました。
両者に共通しているのは生きる価値がない、生きる権利がないとされた事です。
つまり障害のある人と障害のない人では、人としての価値が違うという考え方です。

価値なき命の排除―なぜ医師は加担したのか

ふくにゃん:社会全体で障害者を価値のない命と見なすなんて、とっても恐ろしい話。
それに命を救うはずの医師までも加担していたそうなの。
それってどういう事なんでしょう?

なぜ医師は加担したのか?

生まれる価値のない命の断種。
生きる価値のない命の殺害。
これらの実行には多くの医師が関わっていました。
ガス室にガスを送り込む操作も、全て医師たちの手で行われました。
こうした行為に対し2010年、ドイツの精神医学会は当時関わった医師たちの誤った意識について、正式に謝罪しました。

シュナイダー:私たち精神科医はナチス時代に人間を侮蔑し、自分たちを信頼していた患者や家族を裏切り、強制的に断種手術を行い、そして自ら殺害もしました。
患者一人一人に向き合う事をやめ、むしろ社会全体を患者の世話から解放する事、民族にとってよい遺伝子を残す事、最終的には 人類を苦悩から解放する事こそが医学の進歩としました。

医学の進歩につながると信じていた医師たちは、ガス室の隣に置かれた解剖台で遺体から脳を摘出。
それを自らの研究に利用しました。

今年6月、シュナイダー元会長は日本精神神経学会の招きで来日。

シュナイダー:当時の精神科医は障害者を殺す、あるいは強制断種する事に対してあくまで医学的な立場でやっているという意識でしかありませんでした。
その意識が間違っているのは今日では明らかです。
彼らには率先しているという感覚はありませんでしたが、やらされていた訳ではなく、自ら行為を行った加害者だったのです。

藤井:なぜここまで沈黙を守ってきたのか。
素朴なそこには疑問があったんですが。

シュナイダー:変化を起こすには何世代もかかりました。
ドイツはヒエラルキーがはっきりしていて、医学の世界でも師弟関係があります。
博学であると尊敬している自分の恩師が不正をしていたと聞いても、その事実を正しく受け止めるのは非常に難しいと思います。
これには時間がかかりました。
ドイツの精神医学会が沈黙を破るまでに70年かかった事を恥ずべき事だと受け止めています。

視聴者からのお便り

ふくにゃん:障害者の虐殺について、番組を見た視聴者の皆さんからたくさんのお便りが届きました。

『私は現在、障害のために就労できずにおり、ナチス的に言えば「生産性のない」人間です。働けない悔しさは私自身強く感じております。しかし、そのために殺されるとしたら、あまりに納得がいきません。人間は働けないだけで「生きるに値しない生命」になるのでしょうか』

『私は、障害者の親です。今なら子どもを守るために立ち上がろうと思いますが、あの場でそんなことができたか?役に立たない子どもの母親になってしまうのでは?と不安を打ち消せないでいます』

ふくにゃん:今、もしその状況に置かれたら切実な声ですよね、藤井さん。

価値なき命の排除―障害者の抵抗はなかったのか

『障害者は声をあげなかったのか』

多くの人と対話をしてきた、藤井さん。
どうしても知っておきたい事がありました。
精神障害者などが虐殺される中、ほかの障害者たちは声をあげなかったのか。

訪ねたのは戦時中の障害者について詳しい、歴史家ハートムート・メールスさん。
視覚に障害があります。

藤井:大変私は厳しい言い方するんだけども、T4計画の前夜、盲人の役割っていうのがあったような気がするんですが、その辺はメールスさん、どんなふうにお考えになりますか?

メールス:当時、視覚障害者たちはT4作戦について、ほとんど何も知りませんでした。
実はT4作戦は視覚障害者に対しては影響があまりなかったんです。
当時はほかの障害者たちとの団結というものは、全くありませんでしたし、それどころか視覚障害者やその団体はかなり早い時期からナチスに傾倒していたんです。

ナチス政権は障害があっても国家のために働ける人には仕事を割り当て、優遇。
労働という分かりやすい物差しで障害者を分類しました。
全ての障害者団体を統制下に置いた、ナチス政権。
同時に人種による分断も行いました。
これは1934年に作られたろう者の団体の規約です。
会員はアーリア人種に限ると書かれています。
ユダヤ人などの締め出しです。

障害者にも愛国心教育が徹底され、ナチスに傾倒する人も多くいました。
障害のあるユダヤ人を告発し、積極的にナチスに差し出す事もあったといいます。
二重の迫害を受けた、ユダヤ人障害者。
彼らは強制収容所へ送られたあとも差別されました。

歴史家:ホロコーストといっても、耳の聞こえる人と聞こえない人では違いがあります。
アウシュビッツに送られたユダヤ人は、労働できる人とできない人に分けられ、働けない人はすぐに殺されました。
手話でろう者だとばれて殺される事も多々ありました。
ろう者である事がすぐ死につながっていたんです。

民衆が見過ごしている間に進んだ障害者の断種、殺害。
そして、ユダヤ人の大虐殺。

藤井:それは際限なくエスカレートしていくってことの怖さをね知ったわけで、人間の感覚の鈍麻 っていうか、麻痺を知ったわけで、これがやはり起こってくる。
やはり私はその前兆の段階で止めるって事。
もっと言うと、私たちは日常生活の中にそうした障害持った人への差別や偏見っていうのは、もしかしたらそういう戦争の小さな小さな種かも分からない。
この辺から問題点を察知する力をやはり磨くって事も大事じゃないかな。

過ちをくり返さないために 今何を考えるべきか

『いま過去から何を学ぶべきか』

戦後70年たった今なおドイツは過去に向き合い、検証を続けています。
障害者を殺害した事を謝罪した精神医学会は、ナチス時代の犯罪についての展示を全国で開いています。

看護師:重苦しい気持ちです。
私はちょうど精神科に配属されたばかりですから。
自分が今関わっている人たちの事を思うと、当時の人たちが簡単に殺されたなんて…。
私がもしその時代にいたらと考えてしまいます。

医師:辛いです。でもこれが事実です。
私たち医師には特に責任があると思います。

過去の過ちから、私たちは何を学ぶべきなのか。
それぞれの立場の人に聞きました。

デムメル:自由には価値があり、どんな障害のある人も社会に参加する権利があります。
どんな人生にも価値がある。
命そのものに価値がある事を、常にはっきりさせなければいけません。
そうでないと、どんな事が起こりうるか。
だからこそ今もその事を常に強調していかないといけないと思っています。

メールス:ドイツにはこんなことわざがあります。
「一滴一滴落ちた水は、いずれ石にさえ穴を開ける」。
私は毎月視覚障害者の歴史問題と運動について記事を書いています。
私もそういう一滴になろうと思うし、その一滴を大きくしていきたいと思っています。

シュナイダー:ドイツでは現在も尊厳死や自殺の手助け、あるいは子どもが生まれる前に障害があるか調べる出生前診断についてなど、命に関する議論が行われています。
私たちはどうあるべきか、何を変えていかなければならないか歴史から学ぶべきではないでしょうか。

ユダヤ人障害者を助けたヴァイトと小学校

ふくにゃん:ナチス時代の障害者たちの過酷な歴史。
でもその中には小さな光もあったのよ。
それは前回の放送でお伝えした、ドイツ人視覚障害者オットー・ヴァイトの行動です。
盲人作業所を経営していたヴァイトはそこで多くのユダヤ人障害者をかくまいました。
隠れ部屋も用意し、危険を顧みず彼らを必死に守ろうとしました。
ここはそのヴァイトが当時住んでいた、ユダヤ人地区にある小学校。
いろいろな人種の子や障害のある子も通っているの。
毎月、ナチス時代について考える授業が行われているんですって。

先生:ユダヤの人たちが収容所へ連れて行かれると、すぐに選別されたの。
どういう基準で選別されたか想像できる?

女子生徒:男性と女性?

先生:髪の色と目の色。なぜかしら。

女子生徒:ヒトラーが金髪で青い目の人は労働力が高いって言ったから分けられたんじゃない?

男子生徒:障害があるかどうか、障害があれば働けない。
例えば足の不自由な人とか。

先生:はい、そういう人も働けないわね。
選別されたとたん、この人たちに何が起こったの?

男子生徒:殺された?

先生:そうよ。そのままガス室に入れられた。
働けないとされた人たちは、まっすぐガス室へ向かったの

男子生徒:とても怖ろしい時代だった。
(この時代でなければ)幸せになれたのに。
もし自分がこの時代に生きてたらどうだったかな。
一度起こったことは、もう二度と起こらないはず。だまされないよ。

先生:それは希望でしょ。
ホントに騙されないって言い切れる?

ふくにゃん:子どものうちから真剣に向き合っていて、すごい!
いい未来を作ってくれそうね。

藤井さん日本で

8月。
ドイツから帰国した藤井さんは、あるシンポジウムを開きました。
日本の障害者はどのような戦争体験をしたのかを語り継ぐ会です。
およそ400人が集まりました。

男性:近所の小川で拾ってきた不発弾、それが爆発したんですね。
その時に視力をなくし、両手をなくしました。
弟は5歳でしたが、ズボンのベルトから下がほとんど元の形をとどめないような、むごたらしい死に方でした。
戦争は新しい不幸を引き続き生み出すなあと。

藤井さんもドイツでの体験を報告します。

藤井:地下室にトコトコトコッと降りて17段、階段がありました。
この右手ですね、触った感触が残っているんです。
それはあの12平米の小部屋ですよね。
今、こうしてまだ感じます。こうして…。
ガスが流れてね、意識が遠のいていく中できっと「もうこんな事、私で終わりにして。もう自分たちの障害持ってる後輩たちにはこんな事はねしてほしくない!」。
きっとそんな事をねきっと言ったんだろうな。

今を生きる私たちができる事は何か。
藤井さんはこう締めくくりました。

藤井:前触れ、察知、請負人。障害者は。
前触れを察知する請負人。
私たちだから感じる事。これをね、言いたい。
目を見開く。
私は全盲ですから、精いっぱい心の目を開きましょう。
どう開くか。過去の事実を知るために。事の本質を知るために。
そしてこれから未来をしっかりと見つめるために。
目をしっかり開きましょう。
どうもありがとうございました。

カレンダーにもどる