本文へジャンプ

ブレイクスルー
File.5 死ぬなら、逃げろ 起業家・家入一真

この放送回の番組まるごとテキストを掲載しています

  • 2014年5月19日(月曜)再放送2014年5月26日(月曜)

出演者
風間 俊介さん(俳優)
安藤 桃子さん(映画監督)
家入 一真さん(IT起業家)
片岡 伸輔さん(家入さんの旧友)
得津 武之心さん(家入さんのシェアハウスの住人/おにぎり屋)
オープニング・エンディング音楽:若旦那さん(歌手)

ブレイクスルー  File.5 死ぬなら、逃げろ 起業家・家入一真 の番組概要を見る

死ぬなら、逃げろ

(VTR)

ダメ人間の何が悪い?
死にたくなったら、全力で逃げろ。
かっこつけない、ストレートな言葉が若者の心を捉えています。
著者の家入一真さん。35歳。
ところで、この男性見覚えありませんか?
実は、家入さん、今年2月に東京都都知事選に出馬。
ツイッターやフェイスブックなどネットを駆使した選挙で旋風を巻き起こしました。

家入:表にでてこれない子たちとか、表で意見を言えない子たちの声ってのはネットにたくさんあるわけですよ。
それをすいあげていくってことで、政策ってつくっていけないかと思っているので。

自分は引きこもりだったと公表している、IT起業家の家入さん。 
「生きづらさを抱えた若者たちの居場所をつくりたい」と訴え、9万票を獲得しました。

家入:ここです。
あそこの家の押し入れに住んでたんです。

家入さんは中学の時、友人とのささいなケンカからいじめに遭いました。
高校に進学しても、人と接するのが怖くて登校拒否になり、中退。 
自宅の押し入れに、2年間引きこもりました。

家入:オレはイジメにあって逃げたけど、その時に逃げて良かったと思っているというか、あの時逃げなきゃオレは自殺してたかもしれない。

今では3つのIT企業を創業。 
ほかにも投資会社や飲食店の社長を務めています。
そして2年前、行き場を失った若者たちを支援するシェアハウスを作りました。 
「自分は弱い人間だ。だから、人の痛みは分かる」。 
元引きこもりの起業家。 
家入一真さんのブレイクスルーを見つめます。

ブレイクスルー宣言

(VTR終了。スタジオでのトーク)

風間:僕たちはみんな、つらい事、悲しい事、悔しい事にぶつかり、前に進めなくなってしまう時があります。
そんな時、見えない壁を壊してくれるのは、誰かが言ってくれた何気ないひと言かもしれない。
ある朝、ふと思いついた小さな気付きかもしれない。
再び一歩、前に踏み出すヒントを探る番組「ブレイクスルー」。
今回は苦しみから、あえて逃げた事で再出発をした人の物語です。

ダメ人間・家入一真の経営術

(VTR)

家入:はい。

取材者:おはようございます。

家入:あっやば!シャワー浴びたい。

平日の午後1時。
約束の時間だというのにまだ起きたばかり。

家入:ヤバい、ヤバい。

取材者:大丈夫ですか?

家入:どうぞ、汚いけど。

ここは2か月前に知人から借りた、家入さんの仮の住みか。
ホテルや友達の家を渡り歩き、一か所に長くは住みません。

取材者:ここにある荷物で、家入さんの家財道具全部?

家入:そうですよ。定住すると物が増えてきますね。こんなに物いらない。
やっぱり、身動きとりずらくなるものは減らしたいのかな。

取材者:いつからこうやって人と話せるようになったの。

家入:うーん、まあ徐々にじゃないですかね。
会社作った当初は社員とも全然話さなかったっすからね。
21、2の頃。つっても、今もあんま目は見てしゃべんないっすよ。
どこ見てしゃべってんのって言われるよ。

IT企業から飲食店までいくつも会社を持つ家入さん。
その経営術はちょっと変わっています。
出勤するのは月に数回。ほとんど会社には行きません。

家入:もしもし。

人前で話すのが苦手なため、仕事の連絡は電話やツイッターで済ませています。

家入:時間あったら行きたいんですけど、一日中いろんな所で人に会いまくっているから、時間が合わないんですね。
朝起きて今日まじ人に会いたくないときって結構あるんですけど、そんな時も無理矢理まあなんとか、嫌々ながらいっちゃえばあとは、テンションあがっていって何とか持ちこたえるんですけど、そのまま全部ブッチして家の中にこもっちゃったりすると、一週間くらいは家から出たくないみたいなモードに入ります。

この日は、1年半前に立ち上げたネットビジネスの会社を訪れました。

家入:なんでこんな緊張するのかな僕。

人見知りの家入さん。1か月ぶりの出社です。
社員の皆さんもちょっとびっくり。
この会社は、誰でも無料でネットショップが開けるサービスを提供。
地方の農家が米を売るなど現在、8万件が出店しています。
あれ?皆さん集まってきました。
家入さんと記念写真。
めったに会えないので恒例行事になっています。

社員:3、2、1。

実は家入さん、経営の実務は仲間に任せています。
アイデアを出したらあとはとことん人に頼るのが、家入さんのやり方です。

家入:一人じゃ何もできないんですよね。結局。
一人が好きだけど、一人じゃ何もできないのも自分でよくわかっているから。
やっぱ繋がりの中でしか僕はモノを作れないというか、何もできないですよ僕は、職人じゃないし。
だから薄っぺらい人間なんですよね。

家入さんが初めて起業したのは、22歳の時。
家に引きこもっていた時に身につけた、パソコンの技術で始めた1人だけの会社でした。
ところが、この会社は時代の波に乗り急成長。
僅か7年でJASDAQに上場。
一躍時代の寵児となった家入さんは、強いリーダーにならなければと力が入ります。
これまで仲間のようなつきあいだった社員に、社長と呼べと強制。トップダウンの経営を始めました。
しかし、その結果次々と社員は離れていきました。
この苦い体験が家入さんの生き方を変えました。

家入:変に期待されちゃうとやっぱ背伸びしちゃうじゃないですか。
なんか見栄はったり豪語したり自信満々な発言したりすると後々疲れるってことがわかった。
バカにされるくらいダメダメなところを全部だして、もういやと思って。

なるべく表に見せないようにしてたんで。
いっそのこと、それさらけ出しちゃった方が楽になれるんだみたいな。

プライド・見栄を捨てる勇気

(VTR終了。スタジオでのトーク)

風間:今日は家入一真さんにお越し頂きました。

3人:よろしくお願いします。

風間:どうですか?今自分のVTRというものを見て。

家入:う~ん、羞恥プレーですね。

風間:やっぱり恥ずかしいものですか。

家入:超恥ずかしいです。

安藤:恥ずかしい。

家入:はい。もう帰りたい。

風間:今日お会いしたら聞いてみたかったんですけれど、僕「自分はダメな人間だ」って声に出して言ったりするんですけど、それによって人が心を開いてくれたりとかっていうのを、ちょっと知ってるんですよね。
だから、ちょっとずるい言葉でもあるんですよね。

家入:思います。
自分でも、すごい自分自身はずる賢い人間だなと思ったりもするんですけど。
結局何かをやるにしても全て「自分はダメ人間だから」っていう、ある意味言い訳ですよね。
でも僕はそう思えるようになるまでは、肩肘張ってダメなとことか弱いところを、絶対人として見せちゃいけないと思ってたし、そうする事で強い力でみんなを引っ張っていくんだって思い込んでたとこがあったけど、いざそうやって出してみたら、すごく生きるのが楽になったんですよね。
自分の事を愛せるようになったし、自分を許せるようになったら、今度他者も許せるようになったというか。
なので、僕がダメな人間な分、周りにダメな子たちがたくさんいるんですけど、そういった子たちのダメな部分を全然むしろ愛せるというか、「ああ、超分かる」みたいな。
なかなかね、そういった部分はあるのかもしれない。

苦しみから逃げて見つけた居場所

(VTR)

家入さんが、生まれ育った福岡県、宗像市。

家入:ここです。

18歳まで暮らしていた家が残っていました。

家入:奥の家の右側、懐かしいなあ。

両親と妹と弟の5人家族。
大のおしゃべり好きで、明るい子どもだったと言います。
様子が変わったのは中学2年生の時。
友達とのささいなケンカから、いじめが始まったのです。
次第に学校に行けなくなり、朝、家を出ると、神社の裏にある雑木林に向かいました。

家入:親に心配させたくないというか、親にみじめな子だと思って欲しくないみたいな子どもながらにそういう気持ちがあって、そのまま森に隠れてるずっと夕方まで。

高校には進学しましたが、人づきあいが怖くて登校拒否になり、僅か1年で中退。
自宅に引きこもるようになります。
押し入れに中古のパソコンを持ち込んで、一日中チャットに没頭していました。

家入:ひきこもりしてたときの居場所のなさみたいな。
「俺はもう社会からこぼれ落ちちゃったんだなぁ」という思いとか、「もう僕は普通の人間じゃないんだ」というか、「普通の生活をしちゃいけない人間なんだ」みたいな。
なんか、そんな感じはありましたね。

家入:久しぶり。

妙子:久しぶり。

母親の妙子さんです。
高校を中退し、昼間は一歩も外に出られなくなった息子を、なんとか救いたいと必死でした。

妙子:この子がひょっとしたら死んじゃうんじゃないかなっていうような時っていうのが、親としてね、苦しんでる様子とか見てた時に、なんとか助け出したい。

ある日、妙子さんは展覧会に息子を連れ出しました。
17歳で事故死した詩人、山田かまちです。
その詩に家入さんは衝撃を受けます。

「ぼくは逃げるどこへでも逃げる そして自由になっている」。
「くる日も くる日も逃げて逃げて 逃げまくる 逃げる 逃げる…僕は逃げて 飛び続ける」。

家入:先生も親も最初のうちはずっととにかく「戦え戦え」と、「学校行け学校行け」と、それは彼らなりの思いがあってそう言ってくれてるんだろうけど、とにかく「逃げるな」ってことしか言われなかったからそれは本当につらかった。
何か「逃げていいんだな」みたいな。
逃げて自由であれば、それでいいじゃんって思えたというか。
背中を押して、許された気がした。

引きこもっていた時間が、初めて前向きに感じられた家入さん。
更に逃げる事を決意します。
故郷の町と家族から離れ、住み込みで新聞配達の仕事を始めました。

田久保:最初来た時は、あの本当引きこもり、もうほとんど喋らない。
何も無ければ部屋にいる状態で、本当心配してたんですけれども。

誰も自分の事を知らない町。
そこで、ある出会いがありました。
家入さんより5歳年上の片岡伸輔さんです。
当時、一緒に住み込みで働いていました。
片岡さんは、人と距離を置こうとする家入さんに親近感を覚えたといいます。

片岡:彼の中に自分と同じような部分を見たのかなとは思うんですよね。
あんまり人としゃべれないというか、積極的に自分から皆に入って行けないみたいな。
だから二人でしゃべってたりするとすごく、僕としては楽しいんですよね。

片岡さんは食事や映画など、毎日のように家入さんを連れ出しました。

片岡:よくこうやって2人でバカなプリクラをとってましたね。こういう顔してね。

出会った当初、家入さんは片岡さんの強引さに戸惑っていました。
しかし、次第に見えない壁が壊され心を開いていきました。

家入:そうやって連れまわされるうちにだんだんこう、僕も外に出るのが楽しくて、少しずつですけど、楽しくなっていったし、つきあっていく中で、なんかいつも全力で僕にぶつかってくれるというか。
あんまりできるだけ人に接したくないっていうのが、人間って面白いなっていう。

“ひきこもりからの脱出”

(VTR終了。スタジオでのトーク)

安藤:何かテーマでキーワード「逃げる」という事がありましたけど、やっぱり逃げていいって気付いたのってすごく大きかった…。

家入:そうですね。気付いたというか、例えばライオンとウサギっていうのは森の中で出くわした時に、まあウサギは全力で逃げる訳じゃないですか。ライオンを目の前にした場合。長い耳で危機を察知して逃げる訳ですよね。
そうやって動物だって自分の身を守るために逃げるんだから、人間だって同じ事じゃないかって僕は思っていて。
やっぱり圧倒的に逃げきれないような、戦えないような相手が出てきた時に、まずどうするべきかっていう事を考えたら、まず逃げるべきだと思うんですよね。

風間:新聞配達の所に住み込みに行って、家入さんにとってあの場所っていうのはどういう場所だったんですか?

家入:後で思い返したら逃げ場所だったなってすごい思うんですけど、何かこう弱さを持った者同士で何もお互い語り合ったりしないんだけども、それでお互い許し合ってるような、何か優しい雰囲気があって。
そうですね。間違いなくあそこは居場所だったなっていうのは、すごく今振り返ってもそう思うというか。

安藤:共感できる人たちの空気感の中で、でもほっといてくれない片岡さんというキャラクターに出会ってしまった訳ですが。

風間:片岡さんとはよくお会いしてるんですか?

家入:いや、映像で久しぶりに見ました。
もう十数年会ってないんじゃないかな。

風間:実はですね驚かせようと思いまして、本日福岡から片岡さんが来て下さってるんですけれども。

家入:えっ、うそ!マジで?
(拍手)
お久しぶり。超ご無沙汰してます。

片岡:ご無沙汰しております。

風間:初めまして。

片岡:初めまして。

安藤:初めまして。

家入:えっ、本当に?

片岡:うん、来たよ。

家入:老けましたね。

片岡:老けた。そっちもね。

家入:あっそう。確かに。
プリクラもあんだけ撮ってたの僕、今思い出しましたよ。
いや、僕、恥ずかしいものなんてないぐらいの感じで、ここで全裸になれって言われたら全裸になれるぐらい守るものなんてないと思ってたけど、あのプリクラはちょっと…。
死ぬ前に焼却したいですね。

風間:片岡さんは、家入さんの第一印象ってどんなんでした?

片岡:とにかく挙動不審だし人と話をしないし、もう 人の目を見てしゃべったりしてくれないもんだから、この人大丈夫かなと思って。
それでこのままほっといちゃダメだって思ったんですよ。自分はですね。
それで、積極的に遊びに連れていったりとかしてたんです。
あと、家入君の中にちょっと自分と同じものを発見しちゃったっていうのがあって、「あっ、この人とだったらいろいろしゃべれるかな」と、分かってもらえるかなっていうのもあったんだけど。

家入:もともと引きこもりになる前はいじめに遭うまでは、割とクラスの中で盛り上げ役だったんですよ。
だからそういうひょうきんな部分はすごくあったはずなんだけど、やっぱり数年の引きこもりでもう笑い方とかも忘れてたので、自分で鏡見て笑い方思い出そうとしてたりしてたんですよ。
そんぐらいどういう表情していいのかとか、人と話す時ってどういうふうに話してたっけなとか、分かんなくなってたんで、それこじあけてもらったら、その奥には昔の僕がいたというか。
やっぱり本当おせっかいパワーってすげえなって。
まあまあ…結局人を救う事なんてできないと思ってるし、人と人って絶対分かり合えないと僕は思っているんだけども、分かり合えないっていう前提に立って、じゃあ僕がお前に対してどうしたいかっていうのを、おせっかいやくしかできないんですよ。
そう考えると、ああ片岡さんじゃんと思うんですよね。

安藤:片岡スタイルを受け継いだ。

家入:片岡スタイルをいつの間にか踏襲しているっていう。

若者の駆け込み寺 “リバ邸”

(VTR)

おせっかいパワーを引き継ぐ。
ここに、家入さんが作ったシェアハウスがあります。
駆け込み寺のリバ邸。

男性:おはようございます。

ここは名前のとおり、生き方に悩む若者たちが集まる避難所です。

男性:ここが男子部屋で。

家賃はひとつき3万5,000円。
出入りは誰でも自由です。
広さは3LDK。
現在、20代の男女13人が暮らしています。

斎藤:今はIT系のデザイナー、エンジニアが半分と、まあ一握りまだ何をやればいいかわからない人が2~3人いて、あとは歌手だったりとか、そういうなんか、ジャンル問わず、いろいろな人がまあ自分のそうやりたい事に向かってやってて、やりたい事がある程度固まって方向も決まったら、多分そういう人たちは出ていって、またそういう人たちが新しく入るっていうのがうちのサイクルなんで。

今年2月、和歌山からやって来た得津武之心さん。
医学部を目指し2度の受験に失敗。
劣等感に耐えきれず家を飛び出しました。

得津:(地元の友達は)みんな大学に行っているし。
付き合いがあったとしても「勉強しろよ」みたいな感じで終わっちゃうんで。
何か、先が見えないというか。

地元では友人知人の目が気になり、外出するのもためらっていた得津さん。
リバ邸に来て新しい仲間ができ、少しずつ気持ちが変化しているといいます。

得津:ここです。

最近知り合いになったカフェーでキッチンを借りて、ある事を始めました。

得津:これは「こしひかり」なんですけど、やわらかくというか、あんまりこうガシガシやらないっていう。
子どもの頃から父がやってたんで。それを真似して今やっています。
横でずっと見てたんで。

実家が米屋を営んでいる得津さん。
その米を送ってもらい、おにぎり屋を始めたのです。

西原:おいしいです。ふっくらな感じがします。
ギュウギュウを少し緩くした?

得津:他のおにぎり屋さんとかに行って、手の感覚をちょっとだけ変えました。

西原:つぶつぶが前より感じられるようになった気がします。

得津:おにぎりいかがですか?

リバ邸に来るまで大学進学以外の道は考えられず、追い詰められていた得津さん。
そこから一旦逃げ出す事で、前に進むヒントが見つかりました。

得津:やっぱその大学に行ってないっていう事を気にせずに、周りもそういうところで判断しないので、単に自分が今やっていることで評価されるというか、それだけなんで。
何も縮こまる必要がなくなったというか、堂々としていられますね。

得津:すいません。ありがとうございます。
このままでよろしいですか?大丈夫です。
ありがとうございます。

この日握ったおにぎりは全て完売しました。

得津:めっちゃうれしいです。
早く売れたら 売れるほどなんかこう、やる気というか、がんばれますよね。また売ろうって。
売って食べてもらいたいって気持ちになれます。

人生のレールは1本ではない

(VTR終了。スタジオでのトーク)

風間:おにぎり屋を始めた得津さんにお越し頂きました。
よろしくお願いします。

安藤:得津さん、めっちゃ最後の笑顔がすてきだったんですけども。

風間:やっぱり早く売れるとうれしいですか?

得津:やっぱりそうですね。
自分の作ってる物が、必要とされてるというかそういうのが実感できたら、また頑張ろうって気持ちになれるんで。

風間:やっぱり、リバ邸に人が集まるじゃないですか。
人づきあいがうまくいかなくなって、集まって、またそこで人づきあいがうまくいかなかったらどうしようとかっていう恐怖ってありました?

得津:いや、来た時は何かまあ、人見知りだったんで、全然しゃべれなかったんですけど、何かだんだんとみんなやっぱり自分と向き合って、人の弱さみたいの分かってる人が多いんで、何かちょっとずつ引き出してくれたというか。

安藤:おにぎり屋を始めて今、何が劇的に違うと感じてますか?

得津:自分が本当にしたい事をしてる実感っていうのがあって、前とかだったら親に言われた事をやってるとか、周りの友達がやってるから自分も乗っかってみてやってみるけど、ちょっと違うなっていうのが、ずっと続いてたりとかそういうのばっかりだったんで。
何か今は自分で考えて「あ、これしたい」って、自分の中で 見つかってやってるんで。

家入:やっぱり、いろんな思いした子たちが集まっていて、やっぱりきつい思いつらい思いをしたからこそ、その…人に優しくなれるというかつらい思いをしたんだから、お前らもつらい思いしろって人もたくさんいると思うんですよ、この世の中に。
でも、そんな事やってたら、じゃあ自分がまた転落した時に誰も助けてくんない。
じゃなくて、自分もつらい思いをした、自分もこんなコンプレックスを持ってる、だからお前のその気持ちもすごく分かるっていう、お互いに許し合える場所っていうのが、すごく今、少ないんじゃないかと思って、やってるんですけど。

風間:得津さん、これから何か挑戦してみたい事とかあります?

得津:今はとりあえず、おにぎり屋をさっき言ったように事業化できるんだったら、ビジネスとしてやっていこうかなと思いますし、もし何かおにぎり屋違うと思ったら、何か別の、浮かんできたら、それまあとりあえずやってみて、失敗したら失敗したで、また次のやればいいと思ってるんで。

エンディング

(VTR)

おにぎり屋をはじめた、得津さん。
この日、家入さんの会社に訪問販売に訪れた。

社員:おにぎり来た。

地元紀州の梅を具にした、おにぎり1個100円。大人気だ。

得津:売り切れちゃいました。

男性社員1:癒やしの時間です。毎日。

男性社員2:最近、梅が続いているので、違う具も食べたいかなって。

得津:どんどんなんかこう、リクエストがあったら。

毎日新しい刺激と出会いを楽しんでいる。
(^o^)美味しかった!
お客さんの一言が嬉しい。

カレンダーにもどる