子どもクライシス

“ひとりもとりこぼされない社会”には何が必要か―。
4月の特集では、子どもに焦点をあてます。日本の少子高齢社会の「希望」であるはずの子ども。しかし、いま子どもの6人に1人が貧困状態にあります。国は今年「子どもの貧困対策法」を施行、総合的な対策に乗り出しました。
一方、4月の消費税アップによる増税分5兆円のうち社会保障にあてられるのはわずか5千億。子ども支援の財政的後ろ盾は心もとないままです。制度のはざまに落ち込み、貧困に苦しむ子どもたちと、その支援の現場を追います。

これからの放送

これまでの放送

関連情報