本文へジャンプ

日本には、『死にたい』と訴える20代が溢れています。20代の死因の半数を自殺が占めるという、世界でも類を見ない異常事態です。ハートネットTVでは今年2月、二夜連続で「増える20代の自殺」と題した特集番組を放送。その際、20代からのメッセージを募集したところ、これまでに600件を超える声が寄せられました。今回、取材チームはそのすべてを丹念に読み込み、徹底分析。その結果、どのように“死にたい”気持ちに追い詰められていくのか、構造的な経緯が明らかになってきました。番組では、国の「自殺予防週間」に合わせ、どうしたら“死にたい”を“生きたい”に変えられるか、Eテレと総合テレビ、5回にわたってキャンペーンで考えていきます。