本文へジャンプ

WEB連動企画“チエノバ” “てんかん”を知ろう!

  • 2016年7月7日(木曜)再放送2016年7月14日(木曜)

放送内容

WEB連動企画“チエノバ” “てんかん”を知ろう! の番組まるごとテキストはこちら

  • WEB連動企画“チエノバ”レギュラーの
    山田賢治アナウンサー、久保純子さん

番組ホームページに寄せられるカキコミやメールをもとに、みなさんの悩みや興味・関心のあることについて考え、「知恵」に変えていくシリーズ、WEB連動企画“チエノバ”。月1回の生放送です。
7月のテーマは「てんかん」。全国におよそ100万人の患者がいるといわれ、あらゆる年齢で発症する可能性のある脳神経の病気です。発作の内容は多岐にわたり、一瞬手足がビクンとしたり、短時間ぼんやりするだけのものから、全身をけいれんさせて倒れてしまうようなものまで、人によってさまざま。早期に適切な治療を受けることによって、70%以上の人が発作のない生活を送ることができます。
しかし、社会の理解はまだまだ進んでいるとは言えず、根強い偏見があるのが現状です。「突然泡を吹いて倒れる怖い病気だと言われた」「病気のことを伝えたら、採用面接で落とされた」「結婚を反対された」など、周囲の無理解に苦しみ、病気のことを隠しながら生きている人も少なくありません。その一方で、服薬や生活リズムの維持によって発作をコントロールし、社会生活を送っている自らの経験を発信することによって、病気への正しい理解を広めようとする人も現れ始めています。
番組では、てんかんのある当事者から、体験談・メッセージを募集。寄せられた生の“声”に向き合い、改めててんかんとはどういう病気なのか、社会はどう向き合っていけばいいのか、一緒に考えていきます。
生放送中、Twitterでもみなさんの声を募集します。

関連情報

★番組でご紹介したてんかん発作のVTR

公益社団法人 日本てんかん協会編

「てんかん」入門シリーズ1 てんかん発作こうすればだいじょうぶ-発作と介助-【改定版】
付録DVDより。
日本てんかん協会によるてんかんの入門書です。一般の書店で取り扱っています。

★相談窓口等

<てんかんに関する相談窓口>

●日本てんかん協会 相談専用ダイヤル
病気のことや経済的な悩み、生活上の問題、福祉制度に関する手続きなどについて、てんかんに理解のある相談員が相談に応じています。
電話:03-3232-3811 月・水・金(平日のみ) 13:15~17:00

●てんかんホットライン(静岡てんかん・神経医療センター)
てんかんのある本人・家族、一般の方、および医療関係の方から、診療や支援に関する相談を受けつけています。
電話:054-246-4618 9:00~22:00(※熊本地震に伴い、現在は24時間体制となっています)

<てんかん専門医を探す>

●日本てんかん学会
ホームページに、学会が認定した全国の専門医名簿が掲載されています。

出演者情報

  • 山田 賢治アナウンサー

カレンダーにもどる