本文へジャンプ

ブレイクスルーFile.54 僕だけの音を奏でる ーピアニスト・西川悟平ー

  • 2016年6月6日(月曜)再放送2016年6月13日(月曜)

放送内容

ブレイクスルーFile.54 僕だけの音を奏でる ーピアニスト・西川悟平ー の番組まるごとテキストはこちら

  • 自分だからこそ奏でられる音楽とは?
  • 指が思い通りに動かせない難病
  • アメリカと日本で注目を集める西川さん
  • 人生最良のときに現れた指の異変

指に障害がありながらも、アメリカ・カーネギーホールを始め歴史あるホールで数々の演奏会を開いてきた注目のピアニスト・西川悟平さん、41歳。人生の絶頂期に、指が思い通りに動かせなくなるジストニアという病気を発症。一度は絶望した西川さんだが、何とか前を向こうとする中、音楽の喜びを再発見し、再びピアノに向かい始めました。両手で7本の指が使えるまでに回復しましたが、一部の指にはまだ不安定さが残ります。今年春の日本でのコンサートツアーに密着。立ちはだかった困難に向き合いながらも、「自分だからこそ伝えられる音楽」を再確認し、また一つ成長する姿を紹介します。スタジオでは、生演奏も。

関連情報

ジストニアについて

脳の神経の障害により、筋肉が思い通りに動かせなくなる病気。
西川さんは特に、体の一部分のみに症状が現れるフォーカル(局所性)ジストニアです。
楽器演奏家やスポーツ選手など、体の一部を酷使する職業の人に多く発症すると言われています。

西川悟平さんについて

今後の公演情報など、詳しくは「西川悟平オフィシャルホームページ」をご覧下さい。

西川さんがスタジオで演奏した曲

「プレリュード イ短調」(作曲 松藤由里)
西川さんのために作曲されたオリジナル曲。コンサートでは1曲目に演奏されることが多く、水滴のように始まるドラマティックで幻想的な曲です。※番組用に短縮版で演奏していただきました。

「A Whole New World」(映画「アラジン」より)
弦楽器と一緒に演奏するために作った、西川さん自身によるオリジナルアレンジです。
今年春の日本ツアーでは、毎回アンコールで演奏されていました。

出演者情報

出演者インタビューあります!

  • Chikoさん(語り)

カレンダーにもどる