本文へジャンプ

ブレイクスルー File.48 “わたし”をあきらめない
―光と音をなくした27歳 荒美有紀さん―

  • 2016年2月22日(月曜)再放送2016年2月29日(月曜)

放送内容

ブレイクスルー File.48 “わたし”をあきらめない  ―光と音をなくした27歳 荒美有紀さん― の番組まるごとテキストはこちら

  • 友人や恋人との時間が彼女の幸せ
  • 講演 「盲ろう」の事を伝える
  • 光と音を失ったのは5年前
  • コミュニケーションは「指点字」

月に一度は美容院でオシャレをして、友人のカップルとダブルデートしながらショッピングを楽しむ。20代の青春を謳歌する荒美有紀さん(27)。
実は、目が見えず、耳も聞こえません。コミュニケーションの手段は「指点字」。点字タイプライターのキーの配置をそのまま指に当てはめ、相手の指を「トントン」とたたいて、気持ちを伝えます。キャビンアテンダントを夢見ていた荒さんが、病気で視力と聴力を完全に失ったのは大学4年生の時。あまりにも深い孤独に、もう誰ともつながる事は出来ない、誰かと一緒に笑うことは出来ないと、生きる意味を見失いました。そんな荒さんが出会ったのは、その“手”を通しての、表情豊かなコミュニケーション。再び人と繋がる自信を取り戻していきます。
今は、同じ境遇にある“盲ろう”の人たちの世界をもっと多くの人たちに知ってもらおうと、支援を行うNPOの先頭に立って、雑誌編集などPR活動に奔走しています。“盲ろう者の若手リーダー”と“普通の女の子”という、二つのことを大切にしながら毎日を駆け抜ける荒美有紀さんのブレイクスルーを見つめます。

関連情報

★番組内に出てくる盲ろう者支援団体について

番組内に登場する雑誌「コミュニカ」はこの団体が発行。荒さんは編集委員の一人です。

★認定NPO法人 東京盲ろう者友の会

団体の理事の一人が荒美有紀さんです。

出演者情報

出演者インタビューあります!

  • オープニング・エンディング音楽:若旦那さん(歌手)

カレンダーにもどる