本文へジャンプ

笑顔のそばに卓球があった―ろう者卓球日本一 伊藤優希17歳―

  • 2015年11月26日(木曜)再放送2015年12月3日(木曜)

放送内容

  • 異国の地で果敢に世界の強豪に挑んだ伊藤君
  • 台湾で開かれた「第8回アジア太平洋ろう者競技大会」に
    日本代表として参加
  • 伊藤君と生塩君。卓球は大切な人の存在を気付かせてくれ、
    感謝の気持ちを教えてくれた
  • 普段は、広島県の特別支援学校に通う高校3年生

17歳にして卓球男子、日本代表に選ばれた高校生がいます。広島県立広島南特別支援学校に通う3年生、伊藤優希君です。伊藤君は2015年1月に行われた「全日本・全国ろうあ者卓球選手権大会」で史上初の男子シングルス2連覇を達成。10月に台湾で行われる世界大会の切符を手にしました。生まれながらに耳に障害があった伊藤君が卓球を始めたのは、小学校5年生の時。勉強嫌いで落ち着きのなかった伊藤君は、通っていた学習塾で偶然、卓球と出合います。手首の柔らかさと、並外れた動体視力を武器に練習を重ね、みるみる頭角を現します。6年後、高校2年生で全国制覇。高校生の優勝は、大会史上初の快挙でした。卒業を控え、日々の勉強や就職活動に追われる伊藤君。3年生になると部活動を辞めてしまう子が多い中、伊藤君はこれまでと変わらず卓球の練習を続けています。「たくさんの人の支えがあって“日本一”になることができた。卓球は大切な人の存在を気付かせてくれ、感謝の気持ちを教えてくれた」と語る伊藤君。“世界一”になることは、これまでお世話になった人への恩返しだとも言います。秋、異国の地で果敢に世界の強豪に挑んだ、伊藤君の姿を見つめます。

関連情報

★伊藤君の通う学校について

幼児から高校生まで、聴覚などに障害を持つおよそ90人が通う広島県立広島南特別支援学校。
伊藤君の所属する卓球部は、第52回全国聾学校卓球大会千葉大会で団体戦4連覇を成し遂げた
強豪校。また、伊藤君は個人戦にて同大会で3連覇を達成。
学校へのお問合せは下記まで。

広島県立広島南特別支援学校
〒730-0822
広島市中区吉島東2丁目10番33号
電話:082-244-0421(代表) 
FAX:082-244-0423
mail: hpmail hiroshima-sd.hiroshima-c.ed.jp

★伊藤君の通う卓球クラブについて

伊藤君が今も週に1日通っている卓球クラブ。数十人のメンバーの中で、障害を持っているのは伊藤君ひとりだ。
伊藤君は、幼い頃から健聴者と共に汗を流し、ろう者「日本一」にまで上り詰めた。
【Tera加茂塾】…伊藤君の通っている卓球クラブ
〒739-0041
広島県東広島市西条町寺家4846-1-2F
電話:082-431-4239
FAX:082-431-4240
mail:terakamojuku@tune.ocn.ne.jp

★ろう者卓球について

相談窓口・支援機関などを掲載しています。
【一般社団法人 日本ろうあ者卓球協会】 
〒108-0023
東京都港区芝浦4-21-1-404 藤川太郎 気付
FAX:03-6732-3092
mail:jdtta@jdttta.com

カレンダーにもどる