本文へジャンプ

“こころの元気”届けます―メンタルヘルスマガジン 100号!―

  • 2015年11月17日(火曜)再放送2015年11月24日(火曜)
  • アンコール放送2016年1月19日(火曜)再放送2016年1月26日(火曜)

放送内容

  • 創刊100号を迎えた「こころの元気+(プラス)」。
    表紙を飾るのはすべて当事者。
  • 編集長の丹羽大輔さん。創刊以来8年にわたり、
    この雑誌を育ててきた。
  • 表紙モデルは読者から公募する。
    採用されるのは1年待ちという人気ぶり。

表紙を飾るのは、統合失調症やうつ病など、精神疾患のある当事者。そんなユニークな雑誌が、今年創刊から100号を迎えました。
タイトルは「メンタルヘルスマガジン こころの元気+(プラス)」。2007年に創刊された、日本で唯一の精神疾患の当事者に向けた月刊誌です。企画・編集を手掛けているのは、千葉県市川市の認定NPO法人・地域精神保健福祉機構コンボ。一般の書店には置いていませんが、口コミで支持を広げ、現在1万部を発行しています。
最大の特徴は、記事の大半を当事者が書いていること。誌面の7割以上を読者の体験談が占め、その内容は病気や治療に関することだけではなく、日常生活や人づきあいの悩みまで多岐にわたります。100号までに掲載された当事者の記事はおよそ3500本。雑誌づくりに参加することは、書き手にとっても自信を取り戻したり、自分を見つめ直したりする機会となっています。
当事者が発信する、当事者のための月刊誌。ともに歩む編集者と読者の日々を見つめます。

関連情報

★番組で取り上げた雑誌「メンタルヘルスマガジン こころの元気+」について

認定NPO法人 地域精神保健福祉機構・コンボが賛助会員に向けて毎月送付している雑誌です。(一般の書店では販売していません)
申し込み、お問合せは下記まで。

認定NPO法人 地域精神保健福祉機構・コンボ
〒272-0031 千葉県市川市平田3-5-1 トノックスビル2F
電話:047-320-3870  FAX:047-320-3871

カレンダーにもどる