本文へジャンプ

シリーズ戦後70年 障害者と戦争 ナチスから迫害された障害者たち
(3)命の選別を繰り返さないために

  • 2015年9月15日(火曜)再放送2015年9月22日(火曜)
  • アンコール放送2015年12月3日(木曜)再放送2015年12月10日(木曜)

放送内容

シリーズ戦後70年 障害者と戦争 ナチスから迫害された障害者たち  (3)命の選別を繰り返さないために の番組まるごとテキストはこちら

  • 長年の沈黙を破ったドイツ精神医学精神療法神経学会の会長と対談
  • ユダヤ人ろう者について詳しい歴史家

戦後70年の節目に、「障害者と戦争」について考えるハートネットTV夏のシリーズ・ドイツ編の第3回。
ハートネットTVでは8月に、ナチス政権時代、20万人以上の精神・知的障害のあるドイツ人らが殺害されたことや、ユダヤ人迫害が強まる中、ユダヤ人障害者たちを自らの作業所で積極的に雇い、ナチスからかくまったドイツ人視覚障害者がいたことを伝えてきました。
第3回は、現地を訪れ、これらのことを直に取材してきた藤井克徳さん(日本障害者協議会代表・自身も視覚障害)が、ドイツの精神医学会の元会長を直撃。なぜ、これだけ多くの障害者が殺されなければならなかったのか。そしてなぜ、本来命を救うべき医師が加担したのか疑問をぶつけます。また、もっと早く事態を察知し、止めようとする人はいなかったのか-。歴史家や、障害当事者とも対話し、掘り下げます。

“戦後70年”の馴染みのキャラクターも登場。同じ過ちを繰り返さないために、いま私たちが「命の価値」についてどう考えるべきか、時空を超えて問いかけます。

関連情報

★オットー・ヴァイト盲人作業所博物館

住所:ドイツ ベルリン ローゼンターラ-通り39番地

★絵本『パパ・ヴァイト ナチスに立ち向かった盲目の人』

2015年8月に日本語訳が出版されました。
作者は、オットー・ヴァイトについて語り継ぐ、当時の唯一の生存者インゲ・ドイチュクローンさん。

出演者

  • 藤井 克徳さん(日本障害者協議会代表)
  • ふくにゃん(戦後70年キャラクター)

カレンダーにもどる