本文へジャンプ

人生に寄りそう義足 ―義肢装具士・臼井二美男さん―

  • 2015年8月27日(木曜)再放送2015年9月3日(木曜)
  • アンコール放送2015年10月1日(木曜)再放送2015年10月8日(木曜)

放送内容

人生に寄りそう義足 ―義肢装具士・臼井二美男さん― の番組まるごとテキストはこちら

  • 母の形見の着物を着たいと願う女性の義足を製作する臼井さん
  • パラリンピックを目指すアスリートも絶大な信頼を寄せている
  • これまで二千本以上を制作した臼井さん

パラリンピックのアスリートをはじめ、事故や病気で足を失った人たちの生活を支えるための義足を作るプロフェッショナル、臼井二美男さん(59)。一つ一つオーダーメードで、これまでに2000本をこえる義足を製作してきました。臼井さんのモットーは、依頼主の要望や願いにNoと言わず、満足してくれるまで、何度でも作り直すこと。
トライアスロン優勝を狙うアスリートが記録に挑むハイテク義足、日々の楽しみだった太極拳を続けたいと願う女性の義足、母の形見の着物を着たいと願う女性の義足、、、。臼井さんの作る義足は、絶望の淵にいる人たちに、再び生きる希望を与え、新しい人生を一緒に切り開いてくれる“パートナー”となります。
番組では、「使い倒してボロボロになった義足を持ち込んできて、修理や新しい依頼をしてくれるとき、職人冥利に尽きる」と語る臼井さんに密着。彼の作る義足によって、笑顔を取り戻していく人々の姿を描きます。

関連情報

★義肢装具サポートセンターについて

義肢装具士の臼井二美男さんが勤務する、公益財団法人 鉄道弘済会 義肢装具サポートセンター(東京 荒川区)は、事故や病気で手足を失った人たちの日常生活への復帰を目標にした施設です。義足の製作と、専門的なリハビリを一貫して行う全国でも数少ない施設で、年間1500件の義足を制作、200人を超えるリハビリの利用者がいます。
 義足の製作に関するご相談は、「義肢装具サポートセンター」まで。
 住所:東京都荒川区南千住4-3-3 
 電話:03-5615-3313【月~金 9時~16時】

★ヘルスエンジェルスについて

義肢装具士の臼井二美男さんが1991年にスタートさせた、下肢切断者を中心とした陸上チームです。
約60名のメンバーが登録し、主に東京都障害者総合スポーツセンターにて月1回練習会をしています。
一部の人はパラリンピックをめざすまでに成長していますが、
記録よりも、まずは誰でも楽しく参加することがモットーのチームで、初心者でも大歓迎です。
練習会の情報などは、ヘルスエンジェルスのウェブサイトでチェックしてみてください。

出演者情報

  • 臼井 二美男さん(義肢装具士)

カレンダーにもどる