本文へジャンプ

耐えて なぐさめて 生きる ―能楽師ワキ方 宝生閑―

  • 2015年7月1日(水曜)再放送2015年7月8日(水曜)
  • アンコール放送2015年8月4日(火曜)再放送2015年8月11日(火曜)【再放送】13:10~
  • アンコール放送2016年2月10日(水曜)再放送2016年2月17日(水曜)

放送内容

  • 能「鷺」蔵人役の宝生閑さん
  • 能楽師ワキ方の人間国宝、宝生閑さん
  • 半能「石橋」寂昭法師役の宝生閑さん
  • 半能「石橋」出演前の楽屋にて

能楽師ワキ方の人間国宝、宝生閑(ほうしょう・かん)さん。昨年、文化功労者にも選ばれた、現代の能楽界における最高峰の一人です。81歳を迎えた現在も舞台に立ち続けています。

能において「ワキ方」とは、主役である「シテ方」の相手役。シテの演技を引き出し、受け止めるのがワキの役割です。ワキなくして能の物語は成り立ちません。
また、能の世界では家ごとに舞台の上で担う役割が決まっています。シテ方は生涯シテ方を勤め、ワキ方もまた生涯ワキ方を勤めるのがしきたりです。

閑さんは自らの宿命を受け入れて、厳しい修行に「耐え」、シテを、そして観客たちを「なぐさめる」のが、ワキ方という仕事の本質だと言います。番組では、宝生閑さんが語る言葉の真意を見つめ、ワキ方を極めた人生80年に迫ります。語りは俳優の佐野史郎(さの・しろう)さんです。

2月1日に逝去された宝生閑さんをしのんで
平成27年7月1日に放送した この番組を再放送します。

出演者

出演者インタビューあります!

  • 宝生 閑さん(能楽師ワキ方)

カレンダーにもどる