本文へジャンプ

公開すこやか長寿 大阪府・松原市

  • 2015年6月18日(木曜)再放送2015年6月25日(木曜)

放送内容

  • 5姉妹が勢ぞろい。
    明瀬絢さんのお姉さん4人が登場
  • 三宅太鼓保存会の子供たちと【ココロからダンス】。
    今回のご当地【ダンスは河内おとこ節】

今回の「公開すこやか長寿」は、タレントの山田邦子さんをゲストに、大阪府松原市からお送りします。1組目のおしどりご長寿夫婦は、吉川保也(やすや)さん(86)、郁子さん(80)。元大阪府警の刑事だった保也さん。今は町内会長として、町内の防犯や高齢者のケアに取り組んでいます。郁子さんは、以前地域のイベントや盆踊りで「河内音頭」の歌い手だった経験を活かし、現在は老人会のカラオケの先生。忙しい2人の大切な孫・ひ孫から手紙とケーキのプレゼントが。2組目は、明瀬歳治(みよせとしはる)さん(86)と絢(あや)さん(83)。中学を卒業以来、印刷業一筋70年の歳治さん。今も絢さんと毎日仕事場に立ちます。絢さんは5人姉妹の末っ子。今も姉妹で旅行に行ったりする仲良し。長女の昌さん(94)はじめ5姉妹が舞台に登場します。番組後半ではダンスナビゲーターの南流石さんが、医師と開発した健康体操「ココロからダンス」を紹介します。今回のご当地ダンスは、中村美律子さんの「河内おとこ節」。三宅太鼓保存会の子供たちとともに、ステージと会場が一体となって楽しく体を動かします。

関連情報

ココロからダンス

番組で紹介したココロからダンスを、7月2日(木曜)まで配信しました。

ダンスナビゲーター南流石さんが岩手医科大学准教授の故高橋智さんと作った健康体操。ココロと体を動かし、なじみの音楽に乗せ仲間と一緒に楽しみながら取り組むことで、脳の活性化を図る。今回のご当地ソングは中村美律子の『河内おとこ節』。地元の三宅太鼓保存会の子供たちとなじみの曲でステージと会場が一体になって元気よく南流石さん考案のオリジナルダンスを全員で踊ります。

『落とします!』※夫の保也(やすや)さんが、元刑事だったことから。

1組目は、松原市高見地区にお住まいの吉川 保也(やすや)さん(86)、郁子さん(80)。元大阪府警の刑事だった保也さん。犯人を自供させるための「話し方のコツ」をうかがう。現在はその経歴を活かし、町内会長として防犯や高齢者のケアに取り組んでいる。郁子さんは、歌を続けて50年。松原各地のイベントで「河内音頭」の歌い手(流派名:五月家 若乃)だったこともあり、今は老人会でカラオケを教えている。二人の孫・ひ孫から手紙とケーキのサプライズプレゼントをもらう。

『拾います!』※印刷屋として活字を拾い続けてきたことから。

2組目は、松原市三宅地区にお住まいの明瀬 歳治(みよせとしはる)さん(86)と絢(あや)さん(83)。中学を卒業後、家業の印刷業をはじめて70年の歳治さん。結婚後は妻の絢さんと二人三脚で仕事を続けいている。歳治さんは毎日日記代わりに詠む短歌を手作りの本にまとめることが趣味。一方絢さんは、5姉妹の末っ子だったことから、今も姉たちに会うことが楽しみ。今も健在の姉4人がサプライズで登場。さらに長女の次男が手紙を披露する。

ご長寿インタビュー:戦後70年「わたしの戦争体験」

戦後70年を迎える今年は、地元のご長寿から戦争体験をうかがう。
お話してくださったのは、三田 嘉重子(かえこ)さん:大阪府庁に勤務時に大阪大空襲を経験。松井 覺三(かくぞう)さん:渡満ののち4年間のシベリア抑留を体験。前田 ミサオさん:15歳のとき堺空襲を経験。前田 隆夫(たかお)さん:16歳のとき松原市北部の空襲を経験。

大阪エコ農産物認証制度

大阪府が定めた作物ごとの“農薬使用回数”や“化学肥料使用量”を超えないこと、遺伝子組み換えでないことなど、認証され生産されている作物。
松原市は「まったら愛っ娘(まなっこ)~松原育ち~」のブランドが付けられている。『まったら』は方言で『まつばら』のこと。

金網の町「松原」

古くは河内木綿の産地であったが、明治になり海外より安価な綿が輸入されるようになり、手織り綿の需要は激減。鉄線の供給に恵まれていた大阪という地の利から、河内綿木綿で培った技術を活かし、手織りの金網製造が盛んになる。現在では、網目の細かいハイメッシュの金網製織技術が国内外から高く知られている。建築材から半導体や工業製品、インテリア素材、あらゆる産業に使用されている。

セーフコミュニティ

WHO(世界保健機関)セーフコミュニティ協働センターが推進する安心・安全なまちづくりの国際認証制度。松原市は国内8番目、大阪府で初。現在は国内で10の自治体が認証されている。
一般社団法人日本セーフコミュニティ推進機構

出演者

  • 山田 邦子さん(タレント)
  • 流石組
  • 南 流石さん(ダンスナビゲーター)/リリさん/カコさん

  • 長野 亮(NHKアナウンサー)
  • 松原市ご長寿出演者
  • 吉川 保也(やすや)さん、郁子さん(元刑事の町内会長と老人会のカラオケの先生)
    明瀬 歳治(みよせ としはる)さん、絢(あや)さん(現在も印刷業を営む)

  • ほか、ご出演のみなさん
  • 孫:明子さん、京子さん ひ孫:芽生(めい)ちゃん、誠大(せいだい)くん、仁(じん)くん、和樹(かずき)くん、 ※吉川さんの孫・ひ孫、手紙とケーキのサプライズプレゼント
    昌(まさ)さん、良(よし)さん、和(かず)さん、悦(えつ)さん ※明瀬 絢さんの4人のお姉さん
    岡本 雅嗣(まさつぐ)さん ※絢さんの甥、手紙のサプライズプレゼント
    三宅太鼓保存会のみなさん ※ココロからダンスの「ご当地ソング」で太鼓演奏
    三田 嘉重子(かえこ)さん、松井 覺三(かくぞう)さん、前田 隆夫(たかお)さん、ミサオさん ※インタビューコーナー出演

カレンダーにもどる