本文へジャンプ

ブレイクスルー File.32 共に挑み、走り続ける ―陸上競技選手 高田裕士 千明―

  • 2015年6月1日(月曜)再放送2015年6月8日(月曜)
  • アンコール放送2015年8月17日(月曜)再放送2015年8月24日(月曜)

放送内容

ブレイクスルー File.32 共に挑み、走り続ける ―陸上競技選手 高田裕士 千明― の番組まるごとテキストはこちら

  • 仲の良い3人家族
  • 400mハードルで世界を狙う高田裕士さん
  • 走幅跳で自己ベスト更新を狙う千明さん

障害者陸上競技の世界大会で、夫が銅メダルを、妻が銀メダルを獲得したことのあるアスリート夫婦がいます。聴覚障害の高田裕士さん(30歳、400mハードル)と、妻で全盲の千明さん(30歳、走り幅跳び)です。夫婦は口癖のように「二人で一人だ」と言います。夫が妻の目となり、妻が夫の耳となり、互いの障害を補い合いながら日々暮らしているからです。
30歳代になり選手としてのピークを過ぎていると言われているにもかかわらず、夫はデフリンピック、妻はパラリンピックへの出場を目指して厳しい練習を自らに課しています。その理由は、長男(6歳)の首にいつか金メダルをかけてあげたいということと、目標に向けて頑張る姿を目に焼きつけたいと考えているからです。
子供の頃から走ることは誰にも負けなかった千明さんは、天才型。世界を目指して努力したところ、すぐに注目される存在に。一方の、裕士さんは大学時代に陸上を始め、女子選手に負けるような実力から超人的な努力で世界レベルに登りつめました。互いの障害も、アスリートとしてのタイプも全く異なる二人。しかし、二人が出会ったからこそ、今二人とも世界のトップで活躍できているといいます。二人の奮闘の日々を追います。

関連情報

★高田裕士さん

・デフリンピック日本代表(2009年台北大会・2013年ソフィア大会)
【専門】
400m、400mハードル。
【記録】・4×400mリレーで銅メダル獲得(2012年 トロント世界ろう者陸上競技選手権大会)
・400mハードル日本記録保持者 ・4×400mリレーアジア記録保持者
※プロスポーツ選手として、競技活動とは別に講演会やイベント等を通じて、「デフリンピック」の普及活動も積極的に行っている。

★高田千明さん

【専門】
100m、走り幅跳び(T11)
【記録】
・200mで銀メダル、100mで銅メダル獲得(2011年 IBSA WORLD GAMES)
・走り幅跳びで銀メダル獲得(2014年 仁川アジアパラ大会)
・100m、200m、400m、走り幅跳の四種目で日本歴代2位記録。

出演者情報

出演者インタビューあります!

  • オープニング・エンディング音楽:若旦那さん(歌手)
  • ※MC・安藤桃子さんは、ご出産のためしばらくお休みします。

カレンダーにもどる