本文へジャンプ

シリーズ 被災地の福祉はいま
第2回 ラジオで“壁”をぶっこわせ
―障害者たちの挑戦 岩手県陸前高田―

  • 2015年3月4日(水曜)再放送2015年3月11日(水曜)

放送内容

シリーズ 被災地の福祉はいま 第2回 ラジオで“壁”をぶっこわせ ―障害者たちの挑戦 岩手県陸前高田― の番組まるごとテキストはこちら

津波で失われた市街地の復興を目指し、高さ10メートルという空前の盛り土工事が急ピッチで進められている岩手県陸前高田市。この街に月1回、軽妙なトークが響き渡ります。地元の災害FMで去年6月に放送が始まったラジオ番組「ユウケンの部屋」です。パーソナリティを務めるのは、井筒雄一朗さん(39)と熊谷賢一さん(49)。それぞれ発達障害と視覚障害があります。合い言葉は『障害者と健常者との間に立ちはだかる壁をぶっ壊せ!!』
毎回ゲストにダウン症や知的障害、肢体不自由の人などを招き、日頃感じている不満や悩みを本音トーク。被災地で暮らす障害者が直面している課題を伝えると共に、等身大の自分たちを知ってもらうことで、障害のある人へのイメージや固定観念を根本からくつがえそうと考えています。
ラジオ番組に集う人々のドキュメントを通して、震災まる4年を迎える被災地で暮らす障害者の今と、彼らを中心に広がる変化の兆しを伝えます。

関連情報

オープニングアニメーションについて

番組の冒頭で流れる映像は、アニメーション作家の加藤久仁生さんが被災地シリーズのために特別に制作したものです。
加藤さんは短編アニメーションの「つみきのいえ」でアカデミー賞を受賞されています。
詳しくは、加藤さんが所属している会社ROBOTのホームページをご覧ください。

陸前高田災害FM・ユウケンの部屋について

岩手県陸前高田市にある臨時災害放送局「陸前高田災害FM(80.5MHz)」。
ラジオ放送を聴くことができるのは市内と周辺の一部地域のみ。
インターネットの同時配信では放送中の音声を全国から聴くことができます。
・「ユウケンの部屋」は通常、金曜日15:00~16:00の放送(本放送は月1回、再放送多数あり)。
詳しい放送予定は、「陸前高田災害FM公式ブログ」へ。

カレンダーにもどる