本文へジャンプ

明らかになったDV被害 ─東日本大震災後の女性たち─

  • 2015年1月15日(木曜)再放送2015年1月22日(木曜)
  • アンコール放送2015年3月11日(水曜)再放送2015年3月18日(水曜)

放送内容

明らかになったDV被害 ─東日本大震災後の女性たち─ の番組まるごとテキストはこちら

  • 被災地での電話相談 DV・性暴力窓口
  • 宮城県石巻市で行われた、暴力被害当事者と支援者のための勉強会

東日本大震災から、まもなく4年。未曾有の災害は、これまで表に出ることがなかったある現実を浮き彫りにしました。それは、被災地で暮らす女性が、震災前からDVや性暴力といった暴力被害にさらされてきた現実です。
数十年の間、夫と二人きりの農作業の合間に殴られ続けてきた女性。言葉の暴力を受けてきた結果、精神科に通院を続けなければならなくなった女性・・・。
家という閉じられた空間の中で、自分が受けているのが暴力だと気づくことさえできない人たちも、数多くいることも明らかになってきています。
一方で、被災地では、震災をきっかけに明らかになった暴力被害と向き合い、当事者を支援につなぎ、支えていこうとする動きも始まっています。
震災で顕在化した、虐げられる女性たち。その事実とどう向き合っていけば良いのか。考えていきます。

関連情報

よりそいホットライン

震災をきっかけにして始まった、24時間・無料であらゆる生活の悩みを受け付ける電話相談。
スタジオゲストの遠藤智子さんが、事務局長を務めています。
電話:0120-279-338(被災3県以外から)
   0120-279-226(岩手・宮城・福島から)

ハーティ仙台

番組内で、暴力被害当時者・支援者を対象とした講座や大学での授業を行っている支援団体。
宮城県仙台市を拠点に、DVや性暴力などに悩む女性をサポートしています。

番組内で紹介している相談窓口

DV相談ナビ

内閣府が行う、自動音声対応の相談窓口案内。
電話:0570-0-55210

モヤッター

よりそいホットラインが運営するオンライン相談窓口。悩みをつぶやくと、専門の相談員が答えてくれます。

女性のためのDV相談室

DVについての情報サイト。DVチェックリストも掲載。

出演者情報

出演者インタビューあります!

カレンダーにもどる