本文へジャンプ

障害福祉賞(2)芸が与えてくれた光
―東京・貝野光男さん―

  • 2014年12月11日(木曜)再放送2014年12月18日(木曜)
  • アンコール放送2015年3月19日(木曜)再放送2015年3月26日(木曜)

放送内容

障害のある人自身の貴重な体験や、すぐれた実践の記録に贈る「NHK障害福祉賞」。今回は優秀賞に選ばれた貝野光男さん(71歳)の日常を取材しました。

「事故から二十五年という月日が経ち、あれからも何度も絶望に襲われました。
 でも、絶望と交錯するように、いろんな出会い、蘇る記憶が再び希望という光明となって、私を励ましてくれます。」

貝野さんは、真打ちとして活躍する講談師でしたが、46歳の時に交通事故に遭い、後遺症として高次脳機能障害になります。日常生活を送ることすらままならない中、医師や友人の支えを励みに、高座への復帰を果たしてきます。
番組では、高次脳機能障害と闘いながら、講談を通じて社会へと復帰していく貝野さんの生き方を伝えます。

関連情報

「NHK障害福祉賞」に関する問い合わせ

NHK厚生文化事業団「障害福祉賞」係
電話:03-3476-5955(平日 午前10時~午後6時)

NHK障害福祉賞入選作品集

今年度入選の全作品を収録した「第49回NHK障害福祉賞 入選作品集」を、12月上旬に発行します(なお、視覚障害者向けに音声版カセットテープ、DAISY版CD、点字版の入選集も発行します)。

◆申し込み方法
ご希望の方は、800円分の切手を添えて下記までお送りください。
〒150-0041
東京都渋谷区神南1−4−1 第七共同ビル
NHK厚生文化事業団「障害福祉賞」係
電話 03-3476-5955(平日10時〜18時)
過去の作品集には音声版(カセットテープとデイジーCD)もありますが、音声版は在庫僅少となって
おりますので、お申し込み前に在庫をご確認ください。

出演者情報

出演者インタビューあります!

カレンダーにもどる