本文へジャンプ

君と歩む道 ―シングルファーザーと自閉症児の20年―

  • 2014年10月21日(火曜)再放送2014年10月28日(火曜)
  • アンコール放送2015年1月20日(火曜)再放送2015年1月27日(火曜)

放送内容

君と歩む道 ―シングルファーザーと自閉症児の20年― の番組まるごとテキストはこちら

川崎市幸区の新保浩さん(49)は、自閉症の一人息子をもつシングルファーザー。
生活の記録をホームページでつづりながら、男手一つで育てあげた息子の綾麻(りょうま)さんは、今年7月、20歳の誕生日を迎えました。
ホームページの名前は、「そよ風の手紙」。苦しさを言葉にできず、パニックを起こし、自傷行為を繰り返す綾麻さん。悩みながら育児をする思いを、ありのまま伝えます。一方、初めて「バイバイ」を言った日など、ゆっくり着実に成長する息子の姿に喜びも。浩さんは、綾麻さんと向き合う日々の中で、価値観が大きく変わり、人生にとって何が大切なのかを教わってきたといいます。

そして今、2人は新たな挑戦を続けています。特別支援学校を卒業した綾麻さんは、去年4月から地域の通所施設に通い始め、社会との関わり方を学んでいます。一方、浩さんは、会社を退職し、「そよ風の手紙」と名付けた施設の運営をスタート。自閉症の子どもや親が安心して過ごせる居場所作りに取り組んでいます。
そんな浩さんに、うれしい出来事がありました。初めての人や場所が苦手だった綾麻さんが、施設の製品を納品する仕事に挑戦し、仲間と一緒に手伝うことができたのです。浩さんは、この出来事を綾麻さんが社会に踏み出せた大切な一歩だと感じています。
一歩一歩、ともに歩んできた父と子。20年の心の軌跡を見つめます。

関連情報

※番組に出演された方の個人情報はお伝えできません。
※番組で紹介した新保浩さんのホームページ「そよ風の手紙」は一部閲覧できない状態になっています。

出演者情報

  • 新保 浩さん
  • 新保 綾麻さん

カレンダーにもどる