本文へジャンプ

ブレイクスルー
File.10 義足を脱ぎ捨てフィールドへ!

  • 2014年7月28日(月曜)再放送2014年8月4日(月曜)
  • アンコール放送2014年9月15日(月曜)再放送2014年9月22日(月曜)
  • アンコール放送2015年9月14日(月曜)再放送2015年9月21日(月曜)

放送内容

ブレイクスルー  File.10 義足を脱ぎ捨てフィールドへ! の番組まるごとテキストはこちら

6月から開幕する2014 FIFA ワールドカップ ブラジル大会。日本中がサッカー日本代表の闘いに熱い視線を送るなか、もうひとつのワールドカップに向けた闘いが日本で繰り広げられている。「アンプティサッカー」。事故などで足を切断した選手たちが杖を駆使して、片足だけでボールを蹴ります。その片足から繰り出される巧みなフェイントや豪快なシュートは、「足がなければサッカーはできない」という先入観を覆すどころか、世界中の人たちを魅了し、ヨーロッパや中東ではプロリーグが存在しています。

日本でアンプティサッカーが始まったのは4年前。「ボールがあれば健常者ともプレーができる」という手軽さから、瞬く間に全国に広がり、北海道から九州まで、いまでは8チームが存在。全日本選手権も開かれるようになりました。そして、ワールドカップに出場できるほど実力も飛躍的に向上しています。いまでこそ、義足を脱いでフィールドに立てるようになった選手たち。しかし、多くは“足を失った”という現実を受け入れられず、顔を上げることさえできませんでした。そんな彼らに、再びフィールドに出る喜びや同じ境遇の仲間達と繋がりを与えてくれたのが、このアンプティサッカー。生きる希望はもちろん、“誇り”も取り戻させてくれたといいます。

いま、彼らの目標は今年11月にメキシコで開かれるワールドカップでの初勝利。これまで2度出場した大会では惨敗。世界の厚い壁に弾き返されました。絶望の中、ボールがつないでくれた仲間と共に、世界に向けた挑戦を描きます。

関連情報

アンプティサッカー

アンプティ(Amputee)とは英語で「切断」という意味。7人制でフィールドの選手は下肢切断、GKは上肢切断が条件となります。フットサルよりも大きいコートで、前後半25分ハーフでプレーします。ルールはサッカーとほぼ変わりませんが、杖でボールを触れるとハンドとなり反則です。
 日本で始まったのは2010年。現在は全国8チームが作られています。住んでいる地域の近くにどんなチームがあるのか、大会の開催情報などは日本アンプティサッカー協会のウェブサイトでチェックしてみてください。

FCアウボラーダ川崎

今回番組に出演した4人が所属するチーム。2年前に設立され、メンバーは13人。毎週末、さいたま市を中心に練習を積み重ねています。詳しい情報はチームのウェブサイトまで。

アンプティサッカーワールドカップ

2年に1度開かれ、世界から30か国以上が参加して行われています。日本は4年前のアルゼンチン大会に初参加したものの、全敗。おととし開かれたロシア大会でも勝つことができませんでした。今年11月開かれるメキシコ大会で初勝利を目指します。

出演者情報

出演者インタビューあります!

  • オープニング・エンディング音楽:若旦那さん(歌手)

カレンダーにもどる