本文へジャンプ

ブレイクスルー
File.5 死ぬなら、逃げろ 起業家・家入一真

  • 2014年5月19日(月曜)再放送2014年5月26日(月曜)
  • アンコール放送2014年6月30日(月曜)再放送2014年7月7日(月曜)
  • アンコール放送2015年10月19日(月曜)再放送2015年10月26日(月曜)

放送内容

ブレイクスルー  File.5 死ぬなら、逃げろ 起業家・家入一真 の番組まるごとテキストはこちら

  • 家入 一真さん(IT起業家)

第5回の主人公は、元ひきこもりのIT起業家・家入一真さん(35)。ツイッターやフェイスブックなど、ソーシャルネットワーク上で若者たちから絶大な人気を誇り、今年2月の東京都知事選に出馬して9万票を集めました。

中学生の時に友人関係のトラブルで“ひきこもり”となり、高校も中退してしまった家入さん。「おれは社会の落ちこぼれ、普通の人間じゃない」と思い詰めますが、その後、新聞奨学生として住み込みで働いた家が家族や学校に縛られない“居場所”となり、社会とつながるきっかけとなります。

「苦しくて、死にたいときには、逃げた方がいい」。
追い詰められた時に困難に立ち向かうのではなく、逃げて、一時避難できる“居場所”があることが、再出発につながるという家入さん。今、「リバ邸」と呼ばれるシェアハウスを各地に作っています。目指しているのは、いじめや人間関係など、人生に悩みを抱えた若者たちが一時的に逃げ、再起を図る“居場所”です。

「ダメ人間でいい」と言い切るIT起業家・家入一真さんと、生き方を模索する「リバ邸」の若者たちのブレイクスルーをひもときます。

関連情報

番組内で紹介した、家入さんの著書

「バカ、アホ、ドジ、マヌケの成功者」:家入さんが、自分らしく生きるためのメッセージをまとめた言葉集
「こんな僕でも社長になれた」:ひきこもり体験やIT起業家となった経緯など、半生を綴った著書

番組内で紹介した、家入さんが立ち上げたシェアハウス

リバ邸六本木

港区六本木4-11-4-301
※24時間誰でも訪問可能
※住む場合は家賃、1人1ヶ月35000円(人数制限あり)
※宿泊1人1泊1000円

出演者情報

出演者インタビューあります!

  • 片岡 伸輔さん(家入さんの旧友)
  • 得津 武之心さん(家入さんのシェアハウスの住人/おにぎり屋)
  • オープニング・エンディング音楽:若旦那さん(歌手)

カレンダーにもどる