本文へジャンプ

シリーズ がんサバイバーの時代
第5回 みなさんの声にこたえて(2)

  • 2013年9月24日(火曜)再放送2013年10月1日(火曜)
  • アンコール放送2014年2月6日(火曜)再放送2014年2月13日(火曜)

放送内容

がんになった後、治療だけでなく、どう自分らしく生きるかを考えてきたシリーズ「がんサバイバーの時代」。第5回は、前回に引き続き、視聴者の皆さんから寄せられた声をもとに、本人と家族の関わり方を考えていきます。

がんになった本人は、家族にその事実をどう告げたらいいのか悩み、また家族もどう接したらいいのか、戸惑います。特に小さな子どもを抱えた母親は、子どもにつらい思いをさせるのではないか、事実を受け止め切れないのではといった思いから、なかなか伝えられないといいます。

松山での先進的な取り組みを紹介しながら、みずからの病気を、いつ、どのように家族に伝えたらいいのか? また家族のどんな支えが助かったのか。さらには、家族は本人とどのように「接し、その際どんなサポートがあればいいと感じたかなど、ゲストとともに考えます。

皆さんの体験談、メッセージなどをカキコミ板へお寄せください。

番組でご紹介した当事者のメッセージもご覧いただけます。
また、メッセージボードでも番組に寄せられた体験談をご紹介しています。

関連情報

お役立ち情報「がん」

相談機関や関連コンテンツをまとめました。

出演者情報

出演者インタビューあります!

  • 小島 慶子さん
  • タレント、エッセイスト。ふたりの息子を育てる母親でもある。
    99年に「ギャラクシーDJパーソナリティ賞」を受賞するなど、
    ラジオのDJとして、高い評価を得てきた。2010年にTBSを退社後、フリーに。

  • 岸本 葉子さん
  • エッセイスト。アジア各地の旅の様子や身近な日常生活をつづったエッセイが人気。
    2001年に虫垂がんが分かり手術。当初は仕事が来なくなることを恐れて
    病気を隠したが、2年後に体験記を公表、多くの人の共感を得ている。

  • 「サバイバーシップは確実に広がっている」

カレンダーにもどる